裏六甲

0

白石谷溯行。白竜滝の巻道から右俣を詰めてみる。有馬四十八滝の消えた滝を探しに。


進むとすぐに白石滝。「六甲山の地名と登路」では分岐からこの白石滝の手前に「子滝」があるようだけど、「六甲_摩耶_再度山路図」には明記されていない。埋まったような場所も見当たらない。白石滝の下段を子滝と呼んだのかな?
「六甲山の地名と登路」は位置関係はかなりざっくりしていると思う。どうあれ、ここは直登していく。正味四段。

上から三段目(下から二段目)が高さは無いんだけどちょっとだけ難儀。その先上二段はすんなり登れる。


明るいナメがあって良いなと思うもスグに白石第四砂防ダム。右から巻き上がると滝の巻道に合流する。


堆砂地を進んで、右岸を見上げると涸滝。湿りが見られるので、雨後は滝になっているんだと思う。


崩壊中の左岸斜面を見上げたりしながら進んでいく。


白石谷は明るい沢床が結構あるなぁと改めて思う。堰堤がないころは六甲を代表する名渓だったろうなぁ。現在は全体的に崩落が激しく倒木があまりに多い。


進むと沢の真ん中にドカン!と倒木が。岩ごと落ちてきてしまっている。


倒木の先に「二段ノ小滝」。倒木がかなり減点要素。残念で仕方ない。いつか流れるのかな。ちなみにものによってはこの滝を「猿渡滝」としているものもある。猿渡滝の名前の由来はなんだったかおぼろげだけど、その意味からすればこれは違うような…。


振り返るとこんな感じ。美しい滝も台無しだ。上段の釜はヒザ下を濡らす程度ですんなり登れる。


一応三条ノ小滝という名前があるにはある。近年付けられた名前かな?


ド派手な倒木地点を抜けると、流木がつまった小滝がある。谷が右に曲がる。


右に曲がった先はゴルジュ状。右岸は比較的ゆるそうな斜面だけど、左岸はえぐい感じになっている。


左岸の壁の一部には穴が開いていた。そう遠くないうちに崩れてしまいそう…。


谷がやや左に曲がって、その先で4:1二俣になっている。本流は右。


左俣を見上げるとその先に滝が見えた。いつかまた行ってみようと思う。さて本流右俣へ。

1

2

3

シル谷方面からアプローチ。日柳川溯行から天狗梁へ。前のページ

大師道から再度公園修法ヶ原池へ。道中は虫まみれ。次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.57 林田区境界を歩く。高取山から獅子ヶ池…
  2. 長田区一里山町の山中にある境界杭について問い合わせる。
  3. 神戸市境界石No.88 天狗道から掬星台へ。
  4. 神戸市境界石No.78 再度山山頂の北側にて。蛇ヶ谷右岸から…
  5. 神戸市境界石No.79 蛇ヶ谷右岸にて。錨山散歩のついでに。…

ナレッジ記事

  1. 六甲山でのドローン撮影について神戸市に問い合わせた結果。
  2. 【神戸100年 写真集】明治以降の山本通周辺の風景。
  3. 六甲山不法投棄とゴミ。神戸市環境局と六甲山美化協力会に問い合…
  4. 記録に残したかった「十王山光明寺 閻魔堂」。
  5. OSPREYバリアント37がリコール対象になる。2日後には新…

ピックアップ記事

  1. 生田川流域廃ポンプ場巡りの下見。その後北ドントリッジを経て森…
  2. 天王谷川遡行、天王ダムを越えて鍋蓋地獄谷へ。ダム下流右岸に道…
  3. 射場山周辺の谷と尾根。岩稜尾根に行こうと思ったら間違えたの巻…
  4. 学習の森から洞川キャンプ場を経て妙賀山へ登る。谷筋へ下り、北…
  5. 北野谷から布引貯水池周遊。貯水池西にある奥サブ谷から浅間ヶ丘…
  1. 摩耶

    生田川流域廃ポンプ場巡りの下見。その後北ドントリッジを経て森林植物園の下見。
  2. 裏六甲

    花山地獄谷東尾根を登って黒岩を探索後、摩耶山まで歩く。
  3. 布引・北野

    苧川西谷西道はやはり廃道か。
  4. 住吉・芦屋

    高橋川水系 要玄寺川(中野村谷川)遡行。阪神深江から薬科大脇を抜けてドブ返し池ま…
  5. 長峰

    昭和13年の水害で流れた表六甲ドライブウェイ旧道を経て、六甲小槍を登る。
PAGE TOP