須磨・長田・兵庫

, , 0

石井川上流 開ヶ谷を登る。ガーデンレストラン風舎から清水谷を下って謎の廃虚に出会う。道中に梅ヶ谷開渠を発見。


石井川(開ヶ谷)に降り立つ。一応石井川と言っているものの、流れはほとんどない。倒木も煩わしく難儀する展開。倒木の下には谷止があった。地味な谷を進んでいく。


おぉ!!!!一瞬橋かと思ったけど、これは谷止工に違いない。こんなものがあったなんて。銘板はないかと探すものの苔に覆われていてよくわからない。※これが多分神戸水道の施設「梅ヶ谷開渠」だろうと思う。


とりあえず左岸天端から右岸へ渡ってみる。中間地点には出っ張りがあって、何かしら意匠がありそう。落ち葉を払ってみるもなんだかわからず。ここは左岸支流が入り込んでいる地点で、その先にはダム(開ヶ谷第三堰堤)があった。


本流側にも小規模なダム。踏み跡はダムの左=右岸にある。なんともはや、すごいゴミの量だ。鍋や缶、婦人靴まで転がっている。

Dydoのオレンジスカッシュ(1987年〜)や年代不明のアイロン、その他が転がっている。


無名と思われるダムを越えて進むと割としっかりした踏み跡になっている。これはどうしたわけか…。


左手の斜面に目をやると杭が転がっていた。おや?これは摩耶東谷で見た皿上の構造物とよく似ている。というかまさにそのもの。なるほどあれば石柱の地面と接する土台部分だったんだな。


明瞭な踏み跡はほんのわずかで消失。再び藪に突入する。


藪を抜けて進むと聳え立つ開ヶ谷第二堰堤。昭和46年11月完成。ここで踏み跡は消滅していた。この地点までは人の営みが山奥まで届いていたようす。

ダムの上流にはドラム缶が転がっていたり、立入禁止看板が転がっていたりする。ところで神戸市情報マップの白地図によるとここは「関ヶ谷川」とあるけど「開ヶ谷川」の間違いだろう。


倒木多めの谷筋を進んでいく。いい加減しんどい…。先に「西谷橋」が見えてきた。

1

2

3 4

摩耶東谷旧参詣道探訪。宝珠を見に行く。前のページ

烏原貯水池放水路隧道を追う。ちりんちりんの滝から放水門まで。次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.67・71 イヤガ谷東尾根3本鉄塔手前と菊…
  2. 神戸市境界石No.59 獅子ヶ池東244.9mP付近にて。高…
  3. 神戸市境界石No.88 天狗道から掬星台へ。
  4. 神戸市境界石No.69 菊水山駅東尾根(仮称)から菊水GCを…
  5. 神戸市境界石No.72・75・77 平野谷西尾根から極楽谷経…

ナレッジ記事

  1. 山行記録のルート表示方法をどうしようか…国土地理院地図は使い…
  2. 六甲堰堤と山田堰堤間のイノシシの死骸についての続報と対策につ…
  3. 神戸市文書館企画展「近代神戸の開かれた六甲山」に行ってみる。…
  4. Image Map Proでひよどりキャニオン山行の簡易なイ…
  5. 六甲山不法投棄とゴミ。神戸市環境局と六甲山美化協力会に問い合…

ピックアップ記事

  1. 船坂橋から樅ノ木谷を登り船坂峠。細ヶ谷西尾根から細ヶ谷を下っ…
  2. 坊主山西尾根をなるべく下から登る。油コブシ下で彷徨い、寒天山…
  3. 蛇谷北山南西の岩稜尾根を登り、南東尾根を下る。芦屋市最高峰周…
  4. 芦屋川下流域遡行。知らなかった滝群に出会う。弁天滝で遡行を中…
  5. 杣谷川支流貧乏川を登る。尾根を下って貧乏川支流を登り返してマ…
  1. 摩耶

    木ノ袋谷 右岸支沢を登って寒谷北尾根608ピークを経て掬星台に至る。
  2. 摩耶

    石楠花山南東 六百谷(仮称)を登り六百山を下る。
  3. 摩耶

    摩耶東谷弥生滝から溯行。行者滝手前の支流右俣を経て参詣道。
  4. 布引・北野

    苧川西谷西道はやはり廃道か。
  5. 布引・北野

    2日連続布引谷へ。神戸市中央区葺合町山郡 謎の水平道と286mピークとゴルフ場跡…
PAGE TOP