住吉・芦屋

, 0

黒五滝から黒五山を登る。北黒五山を経て黒五谷から岡本まで。道中謎の水平道。


なかなかおどろおどろしいマーキングがある。ここから先は迷いようもない道なわけで、そんなにせんでも…と思ってしまう。やがて尾根の肩に至り、そこからは平坦な道。


謎のスノコ状の残骸。どこから飛んで来たんだろう?


平坦なところから少し登りがあって、黒五山山頂へ至る。そこもまた広い平坦な空間が広がっている。眺望はないものの、なんだかのんびりしたエリア。


三角点のない417mの山頂には私設の黒五山の標識が飾ってある。ここで一休み。


山頂から東へはしっかりした踏み跡が続いている。峠から黒五山へ寄る人はそこそこいるようす。


七兵衛山から住吉道へ抜ける途中にある峠に至る。このまま峠をまたいで東へ、北黒五山へ向かうことにする。


北黒五山へ行く人もまれにいるようでマーキングテープが至るところにある。なんもそこまでせんでも…とやはり思ってしまう。


道中は平坦な空間がいくつかある。その一つにはこのようなヌタ場以上、溜池未満の水たまりがあったりする。


ここが北黒五山山頂463m。黒五山と同じく眺望はない。どちらの山も横から見ると台形なんだろうなぁ。


ここにも三角点はないけど、幹にテープがぐるぐる巻かれている…こういうのは良くない。
かつては峠からこの山頂を経て雨が峠へ至る道もあったみたい。行ってみればよかったなぁ。


今日はもう遅いので下りにかかる。山頂から南へ適当に下ろう。左手、芦屋CCからはティーショットの音が聞こえてくる。


下っていくと無事に黒五谷道に合流。このあとは八幡谷を経て阪急岡本まで。久しぶりの山歩きで多少は勘を取り戻せたかな。


この長雨で滝がどうなっているか気になっていたところ、最後に八幡滝に寄っておく。2018年6月30日に来たときは中央の滝も流れていたんだけど、今日は左だけ。ちょっと期待はずれ。

今日歩いた軌跡

ページ:
1 2

3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.73・74 七三峠から極楽谷周辺。三森谷か…
  2. 神戸市境界石No.69 菊水山駅東尾根(仮称)から菊水GCを…
  3. 学校林道へ神戸市境界石90号と93号を探しに行くが…2日連続…
  4. 神戸市境界石No.46 高取台中学校北側の高取高層配水場の脇…
  5. 神戸市境界石No.116・98・97・96・95・94・92…

ナレッジ記事

  1. Image Map Proでひよどりキャニオン山行の簡易なイ…
  2. 六甲山不法投棄とゴミ。神戸市環境局と六甲山美化協力会に問い合…
  3. 山行記録のまとめ方。Google ストリートビューで360°…
  4. 山行記録のまとめ方改その2。地理院地図でルートのまとめを作成…
  5. 【神戸100年 写真集】明治以降の布引周辺の風景。

ピックアップ記事

  1. 摩耶東谷弥生滝から溯行。行者滝手前の支流右俣を経て参詣道。
  2. 芦屋川下流域遡行。知らなかった滝群に出会う。弁天滝で遡行を中…
  3. 二十渉堰堤下流の支沢から黒岩尾根を経て、掬星台へ至る。
  4. 横尾から須磨アルプス。展望ピークから下って天井川。栂尾山へ登…
  5. 焼小場谷(ナバ谷)を登って、最終右俣から長峰山頂天狗塚へ至る…
  1. 摩耶

    青谷川支流の婆谷左俣を登る。途中の大滝に寄り道。
  2. 裏六甲

    古道山田道をできるだけ忠実に辿ってみる。上谷上から森林植物園内へ。
  3. 摩耶

    木ノ袋谷 右岸支沢を登って寒谷北尾根608ピークを経て掬星台に至る。
  4. 菊水・鍋蓋・再度

    石井ダムこもれび広場を探索。ドングリの森谷筋を登り、新鈴蘭台公園尾根を下る。
  5. 裏六甲

    裏紅葉谷 七曲滝の向こう側を見に。裏紅葉谷第二砂防ダムから左俣で詰める。
PAGE TOP