住吉・芦屋

, 0

五助東谷(仮称)を登って五助山。五助尾根右手の700mピークから下って水晶谷左俣を登る。

2017年3月11日 土曜日。10:55起床。外を見ると曇り空。わずかに晴れ間が覗いたり微妙なお天気。事前の情報はほとんどないけど、行ってみようかなぁと思っていた谷に行くことにした。JR三ノ宮駅から住吉駅へ。


住吉駅前から13:01発の「くるくるバス」に乗ってエクセル東で下車。住吉道を進んでいく。


住吉道の「住吉川右岸線は危険箇所あり 左岸線をご利用下さい。」案内柵があるところから右岸線を進む。この道標、いいなぁ。渡渉して右岸線に入る。


続いて古い道標。ここから左の道はたしか歩いていない。また今度。住吉川右岸道を進む。


道標からすぐにわずかながら渡渉地点がある。ここは西滝ヶ谷入渓地点の手前。この谷を登ってみることにする。左へ。等高線で見る限り良さ気に思っていた。


入り際すぐのようす。いきなり後悔するハメになる…。まぁでも滝の1つくらいあるんでしょ。


水量は少ないものの、思っていたよりはある。小さな岩屑の谷。


あとから思えばここが、この谷唯一の見所。こんなものしかない。地味…。


岩屑の谷を進んでいくと五助第二砂防ダム。ダブルダムをまとめて右から越える。主堰堤の上流側の下りはなかなか際どい斜面だった。


堰堤上流は一部藪化していて難儀。進むとゴロンと管が転がっていた。なんだろう?


谷を進むと先程の管と同型のものが埋まっていた。水質の検査なのかなんなのか。途切れているので用をなしていない。


境界杭があった。人の臭いにほっとする。対岸にもう1本あった。


五助尾根の尾根尻のあたりも崩れているし、五助山周辺は脆いんだろうと思う。


左岸は砂地。周囲に似つかわしくない赤茶けた岩があった。昔は綺麗な滑だったのかもしれない。さらに登っていく。

固定ページ:

1

2 3 4

神戸市北区花山中尾台3丁目、阪神高速7号北神戸線下の「関係者以外立入禁止」トンネルについて。前のページ

鍋谷ノ滝を経て桂ヶ谷支流の煙草谷を登る。次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 長田区一里山町の山中にある境界杭について問い合わせる。
  2. 神戸市境界石No.88 天狗道から掬星台へ。
  3. 神戸市境界石No.75・76 大師道から鍋蓋山へ。七三峠から…
  4. 神戸市境界石No.93 学校林道 神戸港線一九鉄塔の南にて。…
  5. 神戸市境界石No.50・56 平和台自動車学院西の尾根から高…

ナレッジ記事

  1. 【神戸100年 写真集】明治以降の山本通周辺の風景。
  2. 神戸古今對照地圖で明治大正期の市郡界を把握する。
  3. Image Map Proでひよどりキャニオン山行の簡易なイ…
  4. 菊水山周辺についての下調べ。
  5. 六甲山不法投棄とゴミ。神戸市環境局と六甲山美化協力会に問い合…

ピックアップ記事

  1. 阪急岡本から八幡谷遡行。ハブ谷を詰めて横ノ池の雌池まで。
  2. 桜谷道西の廃道 徳合道探索2回目。廃道はやはり廃道。
  3. 射場山周辺の谷と尾根。岩稜尾根に行こうと思ったら間違えたの巻…
  4. 芦屋川下流域遡行。知らなかった滝群に出会う。弁天滝で遡行を中…
  5. 木ノ袋谷 右岸支沢を登って寒谷北尾根608ピークを経て掬星台…
  1. 須磨・長田・兵庫

    天王谷インターチェンジ東西の尾根。梅元西尾根を経て天王谷IC、IC西の破線道から…
  2. 摩耶

    苧川天狗谷右俣を詰めて555P。下りは行者尾根で青谷道。
  3. 須磨・長田・兵庫

    須磨名水の森入口から天井川右俣。須磨アルプス馬の背を経て、東尾根を下る。
  4. 摩耶

    岩屋瀧上流 婆谷(ばばだに)を登る。婆谷第二砂防堰堤はいつできるのかしら。
  5. 住吉・芦屋

    黒五滝から黒五山を登る。北黒五山を経て黒五谷から岡本まで。道中謎の水平道。
PAGE TOP