住吉・芦屋

, 0

黒五滝から黒五山を登る。北黒五山を経て黒五谷から岡本まで。道中謎の水平道。


登り始めてすぐに謎の構造物が左右に走っていた。時代は比較的新しそう。左側=住吉川方面はすぐに斜面になっていて、コンクリは途絶えていた。なんだか水路のようにも見えた。


右側を見てみる。う〜ん黒五谷堰堤建設時のものなのか…謎。


尾根筋の幹にはトラ柄テープ、岩にはスプレーマーキングがあったりする。この写真の中央辺りには何やら道があるように見える。手前の幹で隠れている部分にもう1つトラ柄テープがあるんだけど、その手前に…


水平道があった。2つ目のトラ柄テープの手前から北側を見ると、斜面を巻くように道が付けられているのがわかる。やけに明瞭だ。東へも道が続いているんだけど、まずは北側の先を確認してみることにした。黒五山へ向かう予定は一旦中断。


五助堰堤を過ぎても続いていることから、どうも古い登山道のように思える。物資を運べるくらいの幅はありそう。


しばらく進むと左下に五助池が見えてきた。これは五助堰堤を越えて住吉道を進んだところにある立派な池。この少し先で水平道は消えていた。


先程歩いてきた道を煽りで見てみる。道の下側はこのように石垣で補強されていて、しっかりした道だったことがわかる。う〜ん、なんの確証もないけど、これは旧有馬道の一部なんじゃないかなぁ。


水平道を引き返してトラ柄テープ地点まで戻ってきた。今度は反対側、このまままっすぐ東へ回り込んでいくことにした。


先程と同時代のものと思われる石垣があって、立派な道が続いている。これは一体なんのための道だろうか。こっち側(黒五谷沿い)はさすがに旧有馬道とは思えない。


ちょっと進むと右下に黒五谷の小滝が見える地点があって、そこで道は流されていた。しかし一応もう少し先まで確認しておこうと思う。


石垣が少し見えるものの、もう谷は目と鼻の先。この先は黒五谷堰堤があるので、堰堤工事の作業道だったのかも知れない。


トラ柄テープの地点までまた戻ってきた。やや寄り道が長すぎたか…。さて、黒五山山頂を目指そう。

ページ:
1

2

3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.72・75・77 平野谷西尾根から極楽谷経…
  2. 神戸市境界石No.80 石柱の番号を確認しに高雄山へ。再度山…
  3. 獅子ヶ池から神戸市区境界を追う。苅藻川を経由してひよどりごえ…
  4. 神戸市境界石No.50・56 平和台自動車学院西の尾根から高…
  5. 神戸市境界石No.48・49 高取山白川神社境内と安井茶屋 …

ナレッジ記事

  1. 国土地理院電子国土Webで登山ルートマップを作る。山行記録の…
  2. 城山展望公園の現在 ハンター谷を登り北野谷西尾根を下る。
  3. トゥエンティクロス道標の表記がバラバラな件について調べてみた…
  4. 摩耶山周辺の杉の固有名称、天上寺の千年杉などについて。
  5. 六甲山の砂防堰堤について思う。

ピックアップ記事

  1. 夙川水系どんどん川。六麓荘の橋巡りを経てユルギ谷を登る。
  2. 寒谷2基目の治山ダム右岸支流を登り、4m級の巨木に出会う。
  3. 杣谷川支流貧乏川を登る。尾根を下って貧乏川支流を登り返してマ…
  4. 防火線尾根の現在。平野西尾根展望道(天王谷東尾根)を改めて歩…
  5. 見返り岩から丁字ヶ滝を経て丁字谷を登る。
  1. 長峰

    焼小場谷(ナバ谷)を登って、最終右俣から長峰山頂天狗塚へ至る。
  2. 布引・北野

    布引雄滝 五瀧不動尊の祠裏手から谷筋を登る。
  3. 裏六甲

    鍋谷ノ滝を経て桂ヶ谷支流の煙草谷を登る。
  4. 須磨・長田・兵庫

    祇園神社北尾根から天王谷奥東服へ下る。平野西尾根展望道は廃道寸前。
  5. 長峰

    日没岩から日没東谷溯行。三国池から三国岩経由でアイスロードを下る。
PAGE TOP