住吉・芦屋

, 0

阪急岡本から八幡谷遡行。ハブ谷を詰めて横ノ池の雌池まで。


ゴルジュの中ほどに二段の小滝が見える。両岸は10m以上はあろうかという壁。


一部のサイトを見ていると八幡谷に断層があるみたいなんだけど、どれがどれやら。


下段の小滝の釜は案外深く胸辺りまで浸かる。上段の釜はケツ程度。どちらも流心を登る。


振り返って記念に一枚写真を撮っておく。なかなか良い雰囲気だと思う。今日は雨後なので普段はもうちょっと静かなのかな。


良い雰囲気はもう少し続くみたい。水質も見た目は良いように見える。左上には石仏が見えている。う〜ん、活断層はここら辺りかな、多分。


ゴルジュを抜けた先の小滝。ここもケツ辺りまで浸かって通過する。そろそろ前半部分の終わりが近い。


前半クライマックスと言えそうな滝が奥に見えてくる。左上前方には白光大神などの石碑が見えている。


巻くのはやや面倒なので釜を渡って取り付く。びしょ濡れのシャワークライミング。しっかりしたホールドは流心に2つほど。スマホもびしょ濡れだ。左上には登山道があるので傍から見るとアホのような展開だね…。


右に社を見ながら橋の下をくぐって進む。とりあえずここまでが前半ということで良いだろうと思う。


さて、後半戦。八幡滝。右の枯れたところにお不動さん。真ん中の流れの脇にはロープが垂れている。流心右の階段状を登って、落口下から流心を登る。


八幡滝を越えるとすぐに八幡滝堰堤があり右から巻いていく。そこには立派な岩塔。堰堤の際は抜けづらく、岩塔の際を進んで抜ける。滑ったら下まで落ちるのでやや危ない。


谷に戻ると地味な展開。進んでいくとこのような管のゴミと崩れ気味の谷止が2基ほど。


さらに進むと八幡滝第二堰堤のダブルダム。左岸から越えるのはやや面倒そう。かと言って右岸から越えようとすると登山道に出てしまうんだよなぁ、多分。まぁしようがないか。左から巻いていく。


ダムを越えると案の定登山道に合流してしまう。谷に戻ろうにも地味そうだしなんだか興醒めな展開。登山道の左から支流が入っている地点から流れに沿って本流に戻ることにした。

ページ:
1

2

3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.82・87・96・97・98 黒岩尾根から…
  2. 神戸市境界石No.75・76 大師道から鍋蓋山へ。七三峠から…
  3. 神戸市境界石No.48・49 高取山白川神社境内と安井茶屋 …
  4. 神戸市境界石No.88 天狗道から掬星台へ。
  5. 神戸市境界石No.55・62 高取山一の宮道経由で獅子ヶ池を…

ナレッジ記事

  1. イラストレーターとHTMLで摩耶_長峰山詳細登路図(仮)のク…
  2. 布引貯水池管理橋の先にある謎のレンガ造りの建物について。
  3. 埋もれゆく美しい杣谷周辺の情景。過去と現在と。
  4. 山行記録のまとめ方。Google ストリートビューで360°…
  5. 摩耶山周辺の杉の固有名称、天上寺の千年杉などについて。

ピックアップ記事

  1. 坊主山西尾根をなるべく下から登る。油コブシ下で彷徨い、寒天山…
  2. 昭和13年の水害で流れた表六甲ドライブウェイ旧道を経て、六甲…
  3. 芦屋川支流ミツガシ谷を登る。黒越谷東尾根を下り奥池へ。観音山…
  4. 花山地獄谷東尾根を登って黒岩を探索後、摩耶山まで歩く。
  5. 寒谷2基目の治山ダム右岸支流を登り、4m級の巨木に出会う。

姉妹ブログ

PAGE TOP