長峰

, 2

索道を辿って日柳第二堰堤補強工事の現場に行ってみる。軽い散歩のつもりが、えらい展開に。

久しぶりのブログ更新。山に飽きているわけではなく、ダイエット山歩きはコンスタントに行っているマッスルです。さて今日は……

2020年10月10日 土曜日。午前中は三宮にある岡本クリニックへ。インフルエンザ予防接種(これは必須)と新型コロナの抗体検査(これは一応)、そして次週行う風しんの予防接種(事前の抗体検査はもちろんマイナス)の予約を行う。
インフル予防接種は予約が取りにくいなんて聞いているけれど、ここでは予約無しですんなり済んだ。
ちなみにインフルは5,000円、コロナは8,800円、風しんは神戸市のクーポン使用で0円。

晴れ間が見えたので午後から山へ。
通常予防接種などを受けた場合は激しい運動(お酒も)を控えるよう指導される。激しい運動の厳密な定義はどうなんだろう?心拍数がどれほど上がるとか……たとえば子供については公園で遊ぶ程度は大丈夫みたいだけど。
今日は散歩程度の山歩きで、タイトルにある堰堤工事現場でも見ておこうという軽い気持ちだった。


神戸市バス2系統護国神社前で下車して、勾配18.5%の長峰坂を上ってきた。ここは長峰霊園、杣谷堰堤の下。
晴れ間はどこへやらの不穏な天気。


ここが日柳第二堰堤補強工事作業所で索道基地になっていて、ここから各種資材が運ばれる。


一旦永峰堰堤(長峰堰堤)まで戻り杣谷道へ入り索道基地の対岸に来た。
この杣谷堰堤は登録有形文化財なので、工事の度にこうして索道の支柱を建てるのはどうなんだ感がある。
水通し部分に支柱が立っているんだけど、倒れやしないかいらぬ心配をしてしまう。


摩耶東谷、杣谷川の小さな渡渉を過ぎて、道の脇へ入ってみると対岸にガードフェンスが並んでいた。
以前は無かったと思う。なぜ?


杣谷道から別れ、ハチノス西尾根取付きから九十九折を進んでいく。幹には「通行の際注意」の旨が書かれた張り紙があった。


尾根に出ると2番目の支柱がお出迎え。


尾根を少しばかり進むとウインチがあって、3番目の支柱がある。
ここまでの区間で見た支柱は、夏の終り頃だったかに確認していて、当初は「日柳第二堰堤という表記が間違いでハチノス谷第二堰堤関連の工事のもの」だと思い込んでいた。だってこうして索道はハチノス谷に沿っているから。
おや?……そばにもう一つ支柱があるな。


もう一つの支柱から東を見る。写真左下に見えるのがハチノス谷第二堰堤だ。あぁ、ここで自分の浅はかさを知る。そりゃ工事の堰堤名称が間違いなわけないよね……。
どうやらここは中継地点。とりあえず対岸の尾根に見える支柱まで行ってみようか。

ハチノス谷へまともに下れるか少々心配したけど、なんとかなりそう。シダが茂っている場所は足元がよく見えないので踏み抜きに注意しながら下る。
ここを下った地点はハチース谷(ハチノス谷)気象観測所のすぐ上。


ハチノス谷第二堰堤のスリットから見上げるとケーブルが走っているのが確認できる。


堰堤を過ぎてすぐ、左岸の斜面にクレモナロープが垂れていた。ここから尾根へ向かうことにする。
道なりに歩いてしまうと長峰霊園の北端に出るので、北側を巻くことにした。


蜘蛛の巣と格闘しながらどうにか対岸の支柱へ辿り着く。その先はどうなっているのやら……。

ページ:

1

2 3

神戸電鉄 菊水山トンネル工事用(後の石井ダム建設用)の道路跡を歩いてみる。前のページ

【KOBE HILL MAP】徳本上人妙号岩を探しに。苅藻川遡行の途中に鵯越墓園水無池の南へ。次のページ

コメント

    • 長峰大好き
    • 2020年 10月 11日

    まあよくあんなシダの急斜面を降られましたね
    さすが身軽なMuscleさんです
    でもこのまま東進したらややこしそうだなと読み進みましたが無事日柳第2までたどり着かれましたね
    六甲学院の敷地内はもう入り込むこともなくなりましたがグランドの西側の小山をぐるっと一周する道を中学生の時に深夜に一周したのを思い出しました、なるほど西側から道迷いした体で入り込む手がありますね

    • 長峰大好きさん こんばんは!

      まず身軽なことがなにより大事と考えている私です。
      岩は剥がれるし、木の枝は折れるし、草の根も抜けちゃいますから。
      荷物軽くするより手っ取り早いですし。

      東進について、あのあたりを歩いているからこそでした。まぁ行けるかな?と。
      支柱の頭上が開けた空間で、一応自分の過去の記録も見返しました。
      一度も踏み入れていなかったら、あの長い支柱の区間は歩かなかったと思います。

      道迷いした体。知っている方はごまかせませんね…。
      あの散策路開放してくれたら良いのにと少しだけ思います。
      防犯の観点からもだめでしょうけど。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.69 菊水山駅東尾根(仮称)から菊水GCを…
  2. 神戸市境界石No.85 黒岩尾根から派生する尾根にて。どうや…
  3. 神戸市境界石No.82・87・96・97・98 黒岩尾根から…
  4. 神戸市境界石No.46 高取台中学校北側の高取高層配水場の脇…
  5. 神戸市境界石No.57 林田区境界を歩く。高取山から獅子ヶ池…

ナレッジ記事

  1. 山行記録のまとめ方改。Google マイマップで一覧を作成し…
  2. 正式二万分一地形図集成 関西 1892-1912でみる神戸市…
  3. 地蔵谷についての下調べ。
  4. 城山展望公園の現在 ハンター谷を登り北野谷西尾根を下る。
  5. 山行記録のルート表示方法をどうしようか…国土地理院地図は使い…

ピックアップ記事

  1. 弓弦羽岳はどこなのか?弓弦羽神社から前ヶ辻谷西道(仮称)を経…
  2. 寒天山道東の崩落斜面を見に行く。
  3. 夙川水系どんどん川。六麓荘の橋巡りを経てユルギ谷を登る。
  4. 桜谷道西の廃道 徳合道探索2回目。廃道はやはり廃道。
  5. 北黒五山から雨ヶ峠へ。支尾根を下り長谷(河原ヶ谷)を登り返し…
  1. 菊水・鍋蓋・再度

    学習の森から洞川キャンプ場を経て妙賀山へ登る。谷筋へ下り、北鈴蘭台駅まで。
  2. 摩耶

    苧川谷の杉尾谷右俣の滝から南の尾根へスイッチ。東山尾根を下る。
  3. 西宮・宝塚

    生瀬から大多田川右岸支流の不動谷溯行。宝塚最高峰岩原山を経てエデンの園へ下る。
  4. 布引・北野

    廃道天神谷から支尾根に突入。五層燈籠と石碑群に出会う。
  5. 長峰

    長峰山北面の谷。西谷の6m滝手前から支流に入って長峰山天狗塚へ。
PAGE TOP