レク

0

稲荷茶屋 完成間近。進捗状況を確認。

前半戦を終えて後半戦へ。今日はお昼からまぁまぁ歩いた。阪急六甲から帰り、通常なら神戸三宮で下りて帰るんだけど、稲荷茶屋に行くため花隈駅で下車。

DSC_0454
花隈駅西口から出て、ひたすら坂道を登っていく。夕暮れ時でもうすぐ暗くなってしまう。先を急ごう。が、奥に見える信号からまっすぐ奥に進んでしまって大失敗…。(右奥に見えるのが再度谷)

DSC_0457
坂道の先を右に曲がるとフェンスに遮られた。戻るのも面倒で端っこが開いていたので進むことにする。(奥に見えるのが正規の道)

DSC_0459
半人工滝の落ち口を慎重に通過。左に曲がる。

DSC_0462
と、小滝の上に谷止。丸っこい岩の左岸に飛び移って、進む。と、奥の黒い部分で滑ってドボン…。こんな最後で濡れるとは…。右岸に切り返して正規の道に復帰する。

DSC_0470
二十丁町石地点。ワンワンホテル分岐。左奥に進むと射的場道(Shooting Valley)。以前行ってみたけどなんてことない道だったなぁ。右奥に進んでいく。

DSC_0479
ひよこ橋を渡って稲荷茶屋。左上の居宅部分はすっかり解体されていた。

DSC_0481
多目的ホール南側の倉庫棟。出来上がりつつある。

DSC_0483
川沿いにはなんと現役の井戸が!知らなかったなぁ。下流側にもう1本あるんだけど、そっちはダメみたいで埋められる。かつてはこの谷の水を利用して「宮水の味噌汁」なるものが供されていたそうだ。どんな味だったんだろう。もしかして復活もあるかもね。

DSC_0500
今日は社長とともに高菜の間引きを行う。雑草は残さず抜いていく。しっかり育って欲しい。間引いた高菜をいただきました。畑仕事は小学校以来かも知れない。こんなところでも少しでもお役に立ててうれしい限り。


茶屋棟にある薪ストーブ。篠山にある北山鉄工所の手作り製。もちろん稲荷茶屋オリジナル。もう1基ある。薪割りのお仕事を仰せつかった。またやりに行こう。

DSC_0507
MEIJI CLOCKS(明治時計株式会社)の振り子時計。タイミングよく7時になった。7回ボーンボーンとノスタルジックな音が鳴る。70年ものだそう。直すのに2ヶ月要したとか。レトロな感じが素敵です。
次週の予定をお伺いして、茶屋をあとにする。すっかり真っ暗だ。

DSC_0553
早速いただいた高菜を炒めて食卓に並べる。野趣に溢れて美味!ありがとうございます。手でとって調理して食べるのってやっぱりいいなぁ。
前半戦と合わせて18.3km。よく歩いた1日。

海から山へ。HAT神戸から開業前のJR摩耶駅を経て岩ヶ谷摩耶第五堰堤へ向かう。前のページ

稲荷茶屋にヤマヒロさんが訪れる。次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.85 黒岩尾根から派生する尾根にて。どうや…
  2. 神戸市境界石No.59 獅子ヶ池東244.9mP付近にて。高…
  3. 神戸市境界石No.82・87・96・97・98 黒岩尾根から…
  4. 学校林道へ神戸市境界石90号と93号を探しに行くが…2日連続…
  5. 神戸市境界石No.79 蛇ヶ谷右岸にて。錨山散歩のついでに。…

ナレッジ記事

  1. 布引貯水池管理橋の先にある謎のレンガ造りの建物について。
  2. 城山展望公園の現在 ハンター谷を登り北野谷西尾根を下る。
  3. 六甲山の砂防堰堤について思う。
  4. 地蔵谷についての下調べ。
  5. 山に行けないので、家に篭って本を読む。関西周辺の谷、生と死の…

ピックアップ記事

  1. 北野背山 合の谷(合ノ谷川)を遡行する。
  2. 昭和13年の水害で流れた表六甲ドライブウェイ旧道を経て、六甲…
  3. 苧川天狗谷右俣を詰めて555P。下りは行者尾根で青谷道。
  4. 葺合町周回。苧川谷杉尾谷右俣を登り、旧摩耶道から東山西尾根を…
  5. 須磨名水の森入口から天井川右俣。須磨アルプス馬の背を経て、東…
  1. 長峰

    六甲川遡行。大土神社脇から入渓、都賀谷上流右俣から丁字ヶ辻まで登り詰める。
  2. 摩耶

    摩耶東谷深谷第4堰堤手前から支尾根へ。旧道跡かも知れない水平道を辿る。
  3. 住吉・芦屋

    天狗岩駅尾根を下り地獄谷経由で赤滝谷遡行、天狗岩南東尾根を下る。
  4. 住吉・芦屋

    本御影石 山帳場(採石場・石切場)跡探訪。荒神山 四等三角も合わせて確認。
  5. 布引・北野

    新市ヶ原砂防ダム上流の支沢から高雄山へ。鶏鳴橋跡へ下り、世継山へ登る。
PAGE TOP