レク

0

海から山へ。HAT神戸から開業前のJR摩耶駅を経て岩ヶ谷摩耶第五堰堤へ向かう。

2016年3月12日土曜日。今週も夜遅くまで仕事が押してしまった。若干頭痛と肩の重さを感じる。

DSC_0014
朝の用事(あいしんクリニックでハゲ抑えの薬を入手)を済ませて昼から行動開始。ジェネリックはまた今度です。逆瀬川にいくつもりも、シビアな谷筋は諦めて軽い散歩をしよう。

DSC_0020
お家を出発してHAT神戸を目指して進む。加納町交差点を西に進むと、エスニック食材専門店ができていた(2月2日OPENとのこと)。ちょっと立ち寄ってみる。スパイスの品揃えは豊富に見えた。また今度ゆっくりみてみたい。

DSC_0028
阪神高速生田川出入口。すっかり様子がかわってスッキリしている。右手この先、ポーアイまで道(神戸港港島トンネル)が続いているんだけど、徒歩は禁止です。神戸大橋は風で寒いので、ここを通れれば散歩コースも幅が広がるんだけどなぁ…。入口左の道を南へ進む。

DSC_0033
20年くらい前は、掘っ立て小屋etc.があって立ち入るのも憚れる怪しい一帯だったものの、開けた感じの明るい風景に変貌。神戸臨港線の遺物などが展示されている。

DSC_0038
生田川の最下流。ちょっと汚い部分もあるんだけど、カモのサンクチュアリになっている。道なりに進んでいくとそこがHAT神戸の最西端。

DSC_0054
家を出てからほんの少しの間でもう海。物揚場。カモが一揃えで南西に泳いでいた。

DSC_0062
摩耶大橋から金剛山を望む。摩耶大橋も徒歩は禁止。バスか何かで渡りましょう。ここも徒歩可能ならいいんだけどなぁ。

DSC_0073
ウッドデッキから摩耶山を望む。(ヤマダ電機がちょうど隠れる位置から撮影。)少し東へ進むと…

DSC_0076
アウトレイジのトイレが見えてきた。柄本時生が島津健太郎に打たれたシーン。ついでなので寄っておく。

DSC_0081
手洗い台に乗ってバキュン。注意書きもあるので正しく使いましょう。さて散歩を続ける。

DSC_0086
兵庫県立美術館南。こんなオブジェができていたのかぁ。SUN SISTER なぎさと言うらしい。うーん。これはどうなんだろうなぁ…とか思いつつ…

DSC_0091
このアングルは抑えておく。そろそろ街中歩きも疲れてきた。山方向へ向かおう。

1

2 3 4

次はどこへ行こうかな。「六甲摩耶再度山路圖」を見て計画をねりねり。前のページ

稲荷茶屋 完成間近。進捗状況を確認。次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.79 蛇ヶ谷右岸にて。錨山散歩のついでに。…
  2. 神戸市境界石No.46 高取台中学校北側の高取高層配水場の脇…
  3. 神戸市境界石No.85 黒岩尾根から派生する尾根にて。どうや…
  4. 神戸市境界石No.73・74 七三峠から極楽谷周辺。三森谷か…
  5. 神戸市境界石No.67・71 イヤガ谷東尾根3本鉄塔手前と菊…

ナレッジ記事

  1. 正式二万分一地形図集成 関西 1892-1912でみる神戸市…
  2. 六甲山でのドローン撮影について神戸市に問い合わせた結果。
  3. 神戸市灘区の西郷川から青谷川そして老婆谷。その起点と終点につ…
  4. 埋もれゆく美しい杣谷周辺の情景。過去と現在と。
  5. イラストレーターとHTMLで摩耶_長峰山詳細登路図(仮)のク…

ピックアップ記事

  1. 青谷川初見のゴルジュと滝群。老婆谷中俣を詰めて摩耶山へ至る。…
  2. 【古道を歩こう】山田道をできるだけ忠実に辿ってみる。上谷上か…
  3. 苧川谷の杉尾谷右俣の滝から南の尾根へスイッチ。東山尾根を下る…
  4. 蛇谷北山南西の岩稜尾根を登り、南東尾根を下る。芦屋市最高峰周…
  5. 法徳寺北尾根(仮称)から崩落現場の上へ。老婆谷を下って摩耶山…
  1. 長峰

    焼小場谷(ナバ谷)を登って、最終右俣から長峰山頂天狗塚へ至る。
  2. 布引・北野

    追谷川遡行。追谷墓園奥から市章山の脇を抜ける。浅間ヶ丘道を経て再度谷を下る。
  3. 須磨・長田・兵庫

    天王谷インターチェンジ東西の尾根。梅元西尾根を経て天王谷IC、IC西の破線道から…
  4. 裏六甲

    船坂橋から樅ノ木谷を登り船坂峠。細ヶ谷西尾根から細ヶ谷を下ってエデンの園へ至る。…
  5. 長峰

    六甲川遡行。大土神社脇から入渓、都賀谷上流右俣から丁字ヶ辻まで登り詰める。
PAGE TOP