摩耶

0

ハーブ園山頂駅からビクトリヤ谷。天狗峡残骸を確認し、高雄山管理道から森林植物園。

dsc_0081
もう何が書いてあったのかわからない看板。

dsc_0084
大きな看板の枠が辛うじて立っていて、その下には看板のトタンが転がっている。

dsc_0086
「市民の水源地を」…守りましょうとかなんとか…書いてあるのかな。枠の規模の割にあっさりしたメッセージの看板だったのかも。

dsc_0093
少し離れたところにある巻いてあったトタンを開いてみた。「みどりの山を守りましょう 葺合ライオンズクラブ 葺合消防署」。葺合ライオンズ倶楽部は現役のようだ。もう1つトタンがあったんだけど、土に埋まって捌けなかった。

瀬戸内海国立公園 六甲地区の説明板。管理計画書のPDFを見てみたんだけど、「トエンティ・クロス」との名称があった。初めて見た表記だ。さて、トゥエンティクロスに戻って北へ進む。

dsc_0101
高雄山砂防ダム導水隧道。トゥエンティクロスを歩くと目に入る不気味なトンネル。それを詳細に紹介するブログを見た時は腰を抜かした。いやはや恐ろしい…。すごい気合いだ。このあとスグに立岩の渡渉地点。親子がクライミングを楽しんでいた。

dsc_0110
次の顕著な渡渉地点。今日はここから正面奥へ。分水嶺越林道へ進む。(トゥエンティクロスは右手に続いていく)

dsc_0115
渡渉した先の南。ここも謎。なんでこんな風に植林されているのか…しかも放置気味に思える。

dsc_0117
道を進んでいくと林道手前で軽い岩場。この左手は谷になっていて、そこそこ立派な滝がある。

dsc_0126
林道に出て進むと右手の幹に纏リスが食い込んでいた。これはいけない。

dsc_0128
高雄山管理道に来た。ここがドントリッジと紹介されているものもある。正面奥の暗がりに入る。

dsc_0131
取付きの案内図。謎の手書きがあった。何を示したかったのだろう?進んでわかったんだけど、案内図のジグザグ(地理院地図の破線道)と実際の道はわずかにずれている。

dsc_0134
案内図の左手にある看板。4-7が示すのは位置的に長谷砂防ダムのダム湖に思える。4-1と4-2の境は北ドントリッジの尾根筋かな。とすると長谷池が書かれていないのはなぜだろう。謎が増える。

dsc_0138
管理道に入ってすぐあたり。「スギやヒノキの造林地」説明板も汚れてしまって随分読みにくくなっている。が、こうした雰囲気は好き。

1 2

3

4

石井ダムこもれび広場を探索。ドングリの森谷筋を登り、新鈴蘭台公園尾根を下る。前のページ

丸山駅からひよどり公園を経て「ひよどりキャニオン」に行ってみる。次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.67・71 イヤガ谷東尾根3本鉄塔手前と菊…
  2. 神戸市境界石No.79 蛇ヶ谷右岸にて。錨山散歩のついでに。…
  3. 神戸市境界石No.66 鵯越駅からイヤガ谷周辺。
  4. 神戸市境界石No.59 獅子ヶ池東244.9mP付近にて。高…
  5. 学校林道へ神戸市境界石90号と93号を探しに行くが…2日連続…

ナレッジ記事

  1. 菊水山周辺についての下調べ。
  2. 神戸市立森林植物園の「正しい出入り」について問い合わせる。
  3. 六甲山の砂防堰堤について思う。
  4. 六甲山でのドローン撮影について神戸市に問い合わせた結果。
  5. 神戸古今對照地圖で明治大正期の市郡界を把握する。

ピックアップ記事

  1. 防火線尾根の現在。平野西尾根展望道(天王谷東尾根)を改めて歩…
  2. 西山谷の支流を登る。右俣を3本経由して天狗岩へ。
  3. トゥエンティクロス高雄山砂防ダム上流、河童橋奥の谷から黒岩尾…
  4. 廃道天神谷から支尾根に突入。五層燈籠と石碑群に出会う。
  5. 寒谷2基目の治山ダム右岸支流を登り、4m級の巨木に出会う。
  1. 裏六甲

    花山地獄谷東尾根を登って黒岩を探索後、摩耶山まで歩く。
  2. 摩耶

    木ノ袋谷 右岸支沢を登って寒谷北尾根608ピークを経て掬星台に至る。
  3. 須磨・長田・兵庫

    須磨と垂水の区界にある堺川を旗振山まで登り詰める。赤旗谷川を下るもゴルジュに阻ま…
  4. 摩耶

    木ノ袋谷。木ノ袋滝の奥でゴルジュと滝群に出会う。
  5. 菊水・鍋蓋・再度

    鍋蓋地獄谷左俣を登る。山頂経由で小部隧道南谷(仮称)を下り大滝に出会う。
PAGE TOP