菊水・鍋蓋・再度

0

天神谷東尾根から再度山歩道を抜け修法ヶ原池。仙人谷から森林植物園へ。

2016年10月10日 月曜日。11:37起床。涼しい、そして快晴。予定の山行はこんな時間からは無理。というわけで念のための最後の下見山行に切り替える。まずは天神谷東尾根でウォーミングアップしよう。

dsc_0210
13:16 ハンター坂のどんつきから右に曲がり、すぐ小径を北に上がる。道なりに北へ進路をとると沈砂池がある。(左から三森谷東尾根、天神谷、天神谷東尾根)

dsc_0211
写真中央、沈砂池内、日向と影の境に猫が1人佇んでいた。通り過ぎてから振り向くとこっちを見ていた…まるで見送られているよう。

dsc_0216
イノシシ柵を開閉し山道に入る。先々週見たときには倒れていた道標が、保安林看板に括り付けられていた。応急的とはいえ意外にも手入れされているようす。

dsc_0221さみしげに立っている道標地点から北に進路をとる。

dsc_0235この道も、三森谷東尾根同様短い区間でぐんぐん高度を上げる。


北野の背山の尾根道は正味3本(山麓電飾の道は尾根道とは言えなさそう)あって、そのどれもが20分程度で300mほどを上がる道。どれもいきなりしんどいけど、準備運動にはもってこいの展開。

dsc_0248
天神谷東尾根と反対方向、奥から山麓電飾のルートと交わる地点。二本松に向けて進む。

dsc_0252
下りの二本松バス停。車の往来に注意して車道を横断。特に右側下り車線の見通しが良くないので注意したい。

dsc_0254
13:53 時間が合えばバスでショートカットしようと思ったけど、次の便は14:29…。このまま歩いて行こう。ちなみに1つ前の便は13:39。もう少し早ければ乗れたんだなぁ。再度山歩道に入る。

1

2 3

東山尾根を登って旧摩耶道から岩屋尾根を経て掬星台へ至る。前のページ

トゥエンティクロス道標の表記がバラバラな件について調べてみた。次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.78 再度山山頂の北側にて。蛇ヶ谷右岸から…
  2. 神戸市境界石No.69 菊水山駅東尾根(仮称)から菊水GCを…
  3. 神戸市境界石No.65 鵯越墓園西側の尾根筋にて。
  4. 神戸市境界石No.67・71 イヤガ谷東尾根3本鉄塔手前と菊…
  5. 神戸市境界石No.48・49 高取山白川神社境内と安井茶屋 …

ナレッジ記事

  1. 六甲堰堤と山田堰堤間のイノシシの死骸についての続報と対策につ…
  2. 山に行けないので、家に篭って本を読む。関西周辺の谷、生と死の…
  3. 記録に残したかった「十王山光明寺 閻魔堂」。
  4. 新湊川水系天王谷川天王ダムの階段立入りについて神戸土木事務所…
  5. 【神戸100年 写真集】明治以降の六甲山周辺の風景。

ピックアップ記事

  1. 葺合町周回。苧川谷杉尾谷右俣を登り、旧摩耶道から東山西尾根を…
  2. 獅子ヶ池から神戸市区境界を追う。苅藻川を経由してひよどりごえ…
  3. 六甲川遡行。大土神社脇から入渓、都賀谷上流右俣から丁字ヶ辻ま…
  4. Black Rock Ridge 黒岩尾根由来の「黒岩」はど…
  5. 日柳川左岸の山小屋跡を見に行く。山小屋跡から支流を登る。
  1. 摩耶

    葺合町周回。苧川谷杉尾谷右俣を登り、旧摩耶道から東山西尾根を破線道通りに下る。
  2. 長峰

    長峰山北面の谷。西谷の6m滝手前から支流に入って長峰山天狗塚へ。
  3. 摩耶

    岩屋瀧上流 婆谷(ばばだに)を登る。婆谷第二砂防堰堤はいつできるのかしら。
  4. 須磨・長田・兵庫

    須磨名水の森入口から天井川右俣。須磨アルプス馬の背を経て、東尾根を下る。
  5. 摩耶

    敏馬神社から島田道を経て摩耶ケーブル下。摩耶東谷を下って深谷第三堰堤の谷を登る。…
PAGE TOP