摩耶

0

東山尾根を登って旧摩耶道から岩屋尾根を経て掬星台へ至る。

2016年10月9日 日曜日。11:17起床。外を見ると山側は曇り。南を見ると晴れ間が見える。雨なら止めようと思っていたけど山に行くことにする。13時過ぎ自宅を出発。

dsc_0046
異人館通りを東へ進んで不動坂へ。道中にあるオリーブの鉢植え。「マイ・オリーブ活動」の一環。明治十五年に神戸阿利襪園が日本初の搾油に成功したらしい。さて進む。今日はまず東山尾根を登る。

dsc_0055
13:58 ちょっと行ったり来たりして神戸茶寮。新神戸方面から神戸市バス2系統のバス道を歩き、セントラル動物病院の交差点を左折すればすんなり来られる。ここが東山尾根の入口。出だしはやや荒れている。

dsc_0061落葉と溝状の道で結構歩きにくい。…の割にぐんぐん登っていく急登。
dsc_0062この時期はどんぐりがたくさん転がっていて足を取られるので注意が必要。
dsc_00661番目の鉄塔を通過。右手東方向にやや眺望。
dsc_00752番目の鉄塔を通過。やや歩きやすくなる。

dsc_0081
尾根筋がやや曲がり、北方向へ。鞍部へ下っていく。この辺りは緑が濃くて道も可愛らしくいい感じ。

dsc_0088
そして登り返し。ここはやや滑りやすい。下りなら尚更注意が必要。一気に直線的に登って行く感じのこの尾根はお気に入り。


細尾根チックになってくる。左手を見下ろすと意外な高度感。なかなか飽きさせない。

dsc_0102
ふと振り返ると短い間に随分登ってきたのを実感する三宮市街地への眺望。さて、もうひと踏ん張り。

dsc_0108
鉄塔巡視路となっていて、笹もしっかり刈られていて整備が行き届いている感じ。勝手に登っている身からしたら感謝です。

dsc_0114
3番目の鉄塔を通過。この先4番目の鉄塔の脇を進んで行くと東山尾根道標がある。そこから北へ進むと雷声寺からの旧摩耶道と合流する。

1

2 3 4

国土地理院電子国土Webで登山ルートマップを作る。山行記録のまとめ方修正版。前のページ

天神谷東尾根から再度山歩道を抜け修法ヶ原池。仙人谷から森林植物園へ。次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.50・56 平和台自動車学院西の尾根から高…
  2. 神戸市境界石No.65 鵯越墓園西側の尾根筋にて。
  3. 神戸市境界石No.72・75・77 平野谷西尾根から極楽谷経…
  4. 神戸市境界石No.79 蛇ヶ谷右岸にて。錨山散歩のついでに。…
  5. 神戸市境界石No.78 再度山山頂の北側にて。蛇ヶ谷右岸から…

ナレッジ記事

  1. トゥエンティクロス道標の表記がバラバラな件について調べてみた…
  2. 【神戸100年 写真集】明治以降の山本通周辺の風景。
  3. 忘れ去られた谷と岩場。六甲学院 山岳部誌「たきび」を紐解いて…
  4. 山行記録のルート表示方法をどうしようか…国土地理院地図は使い…
  5. Image Map Proでひよどりキャニオン山行の簡易なイ…

ピックアップ記事

  1. 坊主山西尾根をなるべく下から登る。油コブシ下で彷徨い、寒天山…
  2. 灘区六甲山町南六甲の崩落斜面を見に行く。前ヶ辻谷上流右俣から…
  3. 【KOBE HILL MAP】徳本上人妙号岩 探訪。苅藻川遡…
  4. 西滝ヶ谷右俣から西お多福山。周遊歩道を西へ下って水晶谷から極…
  5. 【古道を歩こう】山田道をできるだけ忠実に辿ってみる。上谷上か…
  1. 住吉・芦屋

    寒天山道東の崩落斜面を見に行く。
  2. 住吉・芦屋

    西山谷の支流を登る。右俣を3本経由して天狗岩へ。
  3. 住吉・芦屋

    弓弦羽岳はどこなのか?弓弦羽神社から前ヶ辻谷西道(仮称)を経て三国岩から802.…
  4. 裏六甲

    【古道を歩こう】山田道をできるだけ忠実に辿ってみる。上谷上から森林植物園内へ。
  5. 須磨・長田・兵庫

    祇園神社北尾根から天王谷奥東服へ下る。平野西尾根展望道は廃道寸前。
PAGE TOP