摩耶

0

東山尾根を登って旧摩耶道から岩屋尾根を経て掬星台へ至る。

2016年10月9日 日曜日。11:17起床。外を見ると山側は曇り。南を見ると晴れ間が見える。雨なら止めようと思っていたけど山に行くことにする。13時過ぎ自宅を出発。

dsc_0046
異人館通りを東へ進んで不動坂へ。道中にあるオリーブの鉢植え。「マイ・オリーブ活動」の一環。明治十五年に神戸阿利襪園が日本初の搾油に成功したらしい。さて進む。今日はまず東山尾根を登る。

dsc_0055
13:58 ちょっと行ったり来たりして神戸茶寮。新神戸方面から神戸市バス2系統のバス道を歩き、セントラル動物病院の交差点を左折すればすんなり来られる。ここが東山尾根の入口。出だしはやや荒れている。

dsc_0061落葉と溝状の道で結構歩きにくい。…の割にぐんぐん登っていく急登。
dsc_0062この時期はどんぐりがたくさん転がっていて足を取られるので注意が必要。
dsc_00661番目の鉄塔を通過。右手東方向にやや眺望。
dsc_00752番目の鉄塔を通過。やや歩きやすくなる。

dsc_0081
尾根筋がやや曲がり、北方向へ。鞍部へ下っていく。この辺りは緑が濃くて道も可愛らしくいい感じ。

dsc_0088
そして登り返し。ここはやや滑りやすい。下りなら尚更注意が必要。一気に直線的に登って行く感じのこの尾根はお気に入り。


細尾根チックになってくる。左手を見下ろすと意外な高度感。なかなか飽きさせない。

dsc_0102
ふと振り返ると短い間に随分登ってきたのを実感する三宮市街地への眺望。さて、もうひと踏ん張り。

dsc_0108
鉄塔巡視路となっていて、笹もしっかり刈られていて整備が行き届いている感じ。勝手に登っている身からしたら感謝です。

dsc_0114
3番目の鉄塔を通過。この先4番目の鉄塔の脇を進んで行くと東山尾根道標がある。そこから北へ進むと雷声寺からの旧摩耶道と合流する。

ページ:

1

2 3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 学校林道へ神戸市境界石90号と93号を探しに行くが…2日連続…
  2. 神戸市境界石No.73・74 七三峠から極楽谷周辺。三森谷か…
  3. 神戸市境界石No.50・56 平和台自動車学院西の尾根から高…
  4. 神戸市境界石No.69 菊水山駅東尾根(仮称)から菊水GCを…
  5. 神戸市境界石No.85 黒岩尾根から派生する尾根にて。どうや…

ナレッジ記事

  1. XperiaXZ1 Compactに機種変更 試し撮り+αで…
  2. 廃道間近 命の道標「つうほうプレート ち 58-4」周辺につ…
  3. 次はどこへ行こうかな。「六甲摩耶再度山路圖」を見て計画をねり…
  4. 記録に残したかった「十王山光明寺 閻魔堂」。
  5. 城山展望公園の現在 ハンター谷を登り北野谷西尾根を下る。

ピックアップ記事

  1. 住吉川下流域遡行。ゴルジュ、滝、淵。住吉堰堤から小峰ヶ原砂防…
  2. 奥山精道線カーブNo.10から破線道の谷を行く。ゴロゴロ岳か…
  3. 桜谷道西の廃道 徳合道探索2回目。廃道はやはり廃道。
  4. 阪急岡本から八幡谷遡行。ハブ谷を詰めて横ノ池の雌池まで。
  5. 苧川天狗谷右俣を詰めて555P。下りは行者尾根で青谷道。
  1. 長峰

    日柳川左岸の山小屋跡を見に行く。山小屋跡から支流を登る。
  2. 裏六甲

    猪ノ鼻滝上流右支、岩谷を登る。風呂ノ谷を下って有馬口まで。
  3. 須磨・長田・兵庫

    須磨名水の森入口から天井川右俣。須磨アルプス馬の背を経て、東尾根を下る。
  4. 摩耶

    石楠花山南東 六百谷(仮称)を登り六百山を下る。
  5. 布引・北野

    布引谷をウロウロ。谷川橋からごく短い谷を登る。
PAGE TOP