住吉・芦屋

, 0

天狗岩駅尾根を下り地獄谷経由で赤滝谷遡行、天狗岩南東尾根を下る。

dsc_0325
15:01 この道標なかなかの高ポイント。ペンシル型ではないのが非常に残念。このまま進めば天狗岩南尾根。ちょっと時間が気になるけど…ここから南東に伸びる尾根を下っていく。

dsc_0329
終始踏み跡が明瞭であることはもちろん、テープの類も数メートル間隔であって迷いようもない。

dsc_0337
踏み跡が転換する先にある岩に寄ってみた。変わった造形。こんな形に切れるものなのか?不思議。このあと立派な松エリアを通過して下っていく。

dsc_0352
手前にある植林帯からテープを無視して山腹を進み下っていく。左下には大月地獄谷が見える。適当な地点から谷に下っていく。

dsc_0357
谷に下り立つ。大月地獄谷は堰堤が多い谷として有名で、ここから下流にも荒神山第四堰堤、第三、第ニと石積みの谷止が数基ある。

dsc_0378
荒神山第四堰堤。なかなかの高さ。対岸の最下段は壁状になっている。こちらはどうなんだろう?遡行したときは対岸を登っているのでよくわからない。先が不明なので中段から山腹をトラバースして下っていく。

dsc_0386第三堰堤は左から下ることにした。堰堤天端へ登るのに、崩れやすい岩場でなかなか苦労した。

dsc_0408
取水用のなのか何かしらの設備。見るからに現役ではないようす。パイプを通して水を揚げていたのかな?

dsc_0410
谷を下るのに疲れてきたので霊園へ続く階段を登って脱出を試みる。

dsc_0423
登った先は調整池のようになっていて、周囲もフェンスで囲まれている。緊急でもないので素直に戻ることにした。117段階段を下っていく。

dsc_0436
荒神山第二堰堤を越えて下る。ここにはパイプが通されていた。霊園用なのかな。ここからすぐ先で舗装路に出る。

dsc_0458
16:37 渦森橋バス停にて16:47発市バス38系統阪神御影行きを待つ。定刻から約3分遅れてやってきた。なんとか今日も無事に終えられた。それにしても寒くなってきて、滝で水を浴びるのはもう辛い。

1 2 3

4

生田川流域廃ポンプ場巡りの下見。その後北ドントリッジを経て森林植物園の下見。前のページ

天神谷を遡り、紅葉狩りに修法ヶ原池へ行く。次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.55・62 高取山一の宮道経由で獅子ヶ池を…
  2. 神戸市境界石No.50・56 平和台自動車学院西の尾根から高…
  3. 神戸市境界石No.78 再度山山頂の北側にて。蛇ヶ谷右岸から…
  4. 神戸市境界石No.82・87・96・97・98 黒岩尾根から…
  5. 神戸市境界石No.93 学校林道 神戸港線一九鉄塔の南にて。…

ナレッジ記事

  1. 端折っていた写真も別の形で載せたい。Smart Slider…
  2. 神戸市北区花山中尾台3丁目、阪神高速7号北神戸線下の「関係者…
  3. 記録に残したかった「十王山光明寺 閻魔堂」。
  4. 神戸古今對照地圖で明治大正期の市郡界を把握する。
  5. 市バス25系統停留所の名称について問い合わせる。だいりゅうじ…

ピックアップ記事

  1. 木ノ袋谷 右岸支沢を登って寒谷北尾根608ピークを経て掬星台…
  2. トゥエンティクロス高雄山砂防ダム上流、河童橋奥の谷から黒岩尾…
  3. 廃道天神谷から支尾根に突入。五層燈籠と石碑群に出会う。
  4. 生瀬から大多田川右岸支流の不動谷溯行。宝塚最高峰岩原山を経て…
  5. 日柳川左岸の山小屋跡を見に行く。山小屋跡から支流を登る。
  1. 住吉・芦屋

    西滝ヶ谷右俣から西お多福山。周遊歩道を西へ下って水晶谷から極楽渓岩塔状バットレス…
  2. 布引・北野

    布引貯水池周遊。貯水池北西にあるササ谷を抜け再度東谷鉄塔巡視路。布引谷から下山。…
  3. 摩耶

    二十渉堰堤下流の支沢から黒岩尾根を経て、掬星台へ至る。
  4. 住吉・芦屋

    蛇谷北山南西の岩稜尾根を登り、南東尾根を下る。芦屋市最高峰周回。
  5. 須磨・長田・兵庫

    須磨と垂水の区界にある堺川を旗振山まで登り詰める。赤旗谷川を下るもゴルジュに阻ま…
PAGE TOP