摩耶

, , 0

杣谷川支流貧乏川を登る。尾根を下って貧乏川支流を登り返してマヤカン。


谷止を越え、コンクリ治山ダムを越えた先でやや緩やかな展開になる。蛇行する谷筋を登っていく。


さらに石積みの谷止を越えると伐採された木々が整然と並べられていた。奥の谷止を越えると小滝がある。


最初、谷止かなっと思ったら垂壁の小滝。5mほど。


滝右の階段状を登ろうと思うも具合が悪い。手前右の段々を登って巻くことにした。


ここから谷止ラッシュが始まる。正直数えていられない。


六甲山系でこの標高で床固めなのはここくらいでは?連続する谷止の右岸を登っていく。数えるのは諦めた。


謎の植物調査エリアを通過していく。


床固めの谷筋が二手に別れてしまう。とりあえず中間を進むことにした。


右俣の最終地点には「昭和十三年災害 竣工記念」の碑があった。おそらくここまで執拗な谷止はそのときに造られたものなんだろう。


さて、左俣。ゴミが散乱している。扇状に広がった谷筋を詰めていく。


石垣を最後に谷筋は消えた。マヤカンの真下だ。セコムが敷かれているし立ち入りは禁物。マヤカンの建物の整備は良いとして、このゴミはどうやって回収するんだろう?放置しておくのかどうか。さて、長居は無用。東へ伸びる尾根を下っていく。


下り道途中。巡視路と思われる道があった。右手に下る。九十九折に下っていくとやがて明瞭な尾根筋になる。


少し下ると「正一位稲荷大明神」の碑がある。鉄塔を通過してどんどん下る。


南灘連絡線九鉄塔を過ぎると永峰堰堤(長峰堰堤)が見えてくる。杣谷道に合流し、堰堤下へ。ここの水場で汚れを落としておく。


住宅街の坂道を抜けて中島橋まで戻ってきた。護国神社前からバスに乗って帰途につく。

貧乏川の由来については諸説さるようだけど、こちらを参照されるのが面白いかと思います。
2年前の溯行記録はこちら。貧乏川ゴルジュと小滝はなかなかやっかい。

今日歩いた軌跡

1 2 3 4

5

三森谷東尾根から修法ヶ原池を経て北野まで。裏山に始まり裏山に終わる。前のページ

GWで2泊3日の小屋泊。槍沢から槍ヶ岳へ。次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.73・74 七三峠から極楽谷周辺。三森谷か…
  2. 神戸市境界石No.80 石柱の番号を確認しに高雄山へ。再度山…
  3. 神戸市境界石No.65 鵯越墓園西側の尾根筋にて。
  4. 学校林道へ神戸市境界石90号と93号を探しに行くが…2日連続…
  5. 神戸市境界石No.88 天狗道から掬星台へ。

ナレッジ記事

  1. 布引貯水池管理橋の先にある謎のレンガ造りの建物について。
  2. 菊水山周辺についての下調べ。
  3. 城山展望公園の現在 ハンター谷を登り北野谷西尾根を下る。
  4. 山行記録のまとめ方改。Google マイマップで一覧を作成し…
  5. 遡行図記号をイラストレーターで作成し、遡行図を作ってみる。

ピックアップ記事

  1. 楽生公園から上野道経由で掬星台。桜谷を下り、徳川道を経て摩耶…
  2. 岩屋瀧上流 婆谷(ばばだに)を登る。婆谷第二砂防堰堤はいつで…
  3. 摩耶ケーブル東の尾根から摩耶東谷を経て摩耶ロープウェー下の尾…
  4. 生田川流域廃ポンプ場巡りの下見。その後北ドントリッジを経て森…
  5. 北黒五山から雨ヶ峠へ。支尾根を下り長谷(河原ヶ谷)を登り返し…
  1. 裏六甲

    裏六甲 中ノ谷を登りシュラインロードを下る。
  2. 西宮・宝塚

    生瀬から大多田川右岸支流の不動谷溯行。宝塚最高峰岩原山を経てエデンの園へ下る。
  3. 裏六甲

    猪ノ鼻の頭パノラマ道から長尾谷上流(竹谷〜淸水谷)遡行。記念碑台を経て石切り場跡…
  4. 長峰

    日柳川右岸支流の三又谷を登る。
  5. 住吉・芦屋

    天狗岩駅尾根を下り地獄谷経由で赤滝谷遡行、天狗岩南東尾根を下る。
PAGE TOP