住吉・芦屋

, 0

芦屋地獄谷から芦屋ロックガーデンへ行ってみる。

2017年8月6日 日曜日。9:00起床。どうも足に張りがある感じ。昨日やや歩きすぎたか。今日は短めの山行へ。ブログ的には今更なんだけど、Muscleはまだ芦屋ロックガーデンを歩いていない。というわけで妻を誘って行ってみることにした。


阪急芦屋川駅を13:00前に下車。芦屋川沿いを北上する…あちぃ。後から気象情報をみると33℃以上はあったようで…。基本的に家から西方向の空、裏手の山を見るのみで天気予報を見ることなく山に入るスタイル、これは考えものだなぁ。滝道に入りようやく涼しく感じる。


滝の茶屋、高座滝を過ぎて芦屋地獄谷に入る。Muscle的には妻と心配なく歩ける谷。今回で2度目(前回は2015年10月)。


あれ?こんなだったかな?今一記憶にない風景。だいたい覚えているんだけど…。


F1に至り記憶が蘇ってくる。リーチが短くファーストスタンスが決まらないようす。しかし順調に下段を登り、右の涸れた溝を登って行った。


次の小滝。前回は濡れながらも流芯を登ったのに…左から登っている。


次の段々の滝。巻道は右にある。巻道を使うより登った方が楽にも思える。やや前傾気味で見ていてヒヤヒヤ。


続く滝。前回は左を登っていたようだ。今回は右。ここはガバ的溝があって比較的楽。


小滝が続いていてそれなりに飽きない展開。しかしどれも容易といえば容易で手応えはそれなり。


一際大きな岩を左から巻いて進むと落ち着いた風景。ところで芦屋地獄谷は下る方もけっこういる。複数の方とすれ違った。


CS滝。その先にはスラブ。しかしどちらも「これでもか!」と言わんばかりのスタンスというか、穴ぼこ。削られまくっている。


まぁとにかく妻は「濡れたくない!」の一心。お互い運動靴だし、気持ちは分からなくもない。


さて、小便滝。前回は芦屋地獄谷を最後まで詰めたんだけど、今回は万物相を見に行くつもり。すぐに分岐があるんだけど、とりあえず進んでしまった。

固定ページ:

1

2 3

岩ヶ谷右俣を最奥まで詰めてみる。ジェンガフォールとはこれいかに。前のページ

遡行図記号をイラストレーターで作成し、遡行図を作ってみる。次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.85 黒岩尾根から派生する尾根にて。どうや…
  2. 学校林道へ神戸市境界石90号と93号を探しに行くが…2日連続…
  3. 神戸市境界石No.57 林田区境界を歩く。高取山から獅子ヶ池…
  4. 神戸市境界石No.48・49 高取山白川神社境内と安井茶屋 …
  5. 神戸市境界石No.88 天狗道から掬星台へ。

ナレッジ記事

  1. XperiaXZ1 Compactに機種変更 試し撮り+αで…
  2. 廃道間近 命の道標「つうほうプレート ち 58-4」周辺につ…
  3. 神戸市北区花山中尾台3丁目、阪神高速7号北神戸線下の「関係者…
  4. イラストレーターとHTMLで摩耶_長峰山詳細登路図(仮)のク…
  5. 神戸古今對照地圖で明治大正期の市郡界を把握する。

ピックアップ記事

  1. 追谷川遡行。追谷墓園奥から市章山の脇を抜ける。浅間ヶ丘道を経…
  2. 住吉川下流域遡行。ゴルジュ、滝、淵。住吉堰堤から小峰ヶ原砂防…
  3. 天狗岩駅尾根を下り地獄谷経由で赤滝谷遡行、天狗岩南東尾根を下…
  4. 亀の滝第二砂防ダムの谷を登る。亀の滝もついでに見ておく。
  5. 昭和13年の水害で流れた表六甲ドライブウェイ旧道を経て、六甲…
  1. 菊水・鍋蓋・再度

    学習の森から洞川キャンプ場を経て妙賀山へ登る。谷筋へ下り、北鈴蘭台駅まで。
  2. 住吉・芦屋

    芦屋川下流域遡行。知らなかった滝群に出会う。弁天滝で遡行を中断。
  3. 摩耶

    生田川流域廃ポンプ場巡りの下見。その後北ドントリッジを経て森林植物園の下見。
  4. 長峰

    焼小場谷(ナバ谷)を登って、最終右俣から長峰山頂天狗塚へ至る。
  5. 布引・北野

    廃道天神谷から支尾根に突入。五層燈籠と石碑群に出会う。
PAGE TOP