須磨・長田・兵庫

, 2

神戸市境界石No.50・56 平和台自動車学院西の尾根から高取神社北東の尾根経由で獅子ヶ池まで。

尾根を下っていくと小ピークに石柱。初めて見る形が刻まれている。


「菱形に中」、丸い形も刻まれている。これは何なんだろう?謎だ。


尾根筋を下っていくと一旦舗装路に出るかたち。ここらあたりは2017年1月に歩いているんだけど、中途半端だったので今一度行ってみようと思う。この先左右は廃屋というか、なんというか荒れた場所がある。両方共確認するも何も見当たらず。


尾根筋を下っていくとこんもりした場所に至る。その先は急傾斜の岩場で、左側はすっぱり切れている。というわけで右側から回り込むように下っていく。


回り込んでいくと…!?見覚えがある石柱が!!!


岩場のその先に五十号の神戸市境界石があった。なかなか異様な場所に立っている。これまでの傾向から、曲がる地点はさておき、顕著な小ピークにあるものと思っていた。こんな場所にあるなんて…。


石柱の天辺の切れ込みが示す方向に進んだつもりも、長田支線五鉄塔…支尾根に入ってしまったようだ。軌道修正して進んでいく。


再び高取山北面の蛇行する舗装路に出た。ヘアピン状の地点から再び尾根を下る。


道中にはいくつかこうしたコンクリ土台にパイプ状の切れ端があった。これは一体なんなのか?下るに連れて笹薮がきつくなり、どうにもこうにも進みづらくなる。


結果下りついたのはここ。華の湯の東側。この写真の左側にある鹿松川に架かる薮中橋がある地点。どうにか1本見つけられたし、このまま神鉄丸山駅に帰っても良いんだけど、もう少し歩いてみようと思う。

ページ:
1 2

3

4

コメント

    • ひろ
    • 2018年 5月 14日

    こんにちは。

    近隣だった者でも知らないところが たくさん!
    勉強になります(笑)
    神戸高速線は安いけれど、神鉄がからんでくると運賃高くなりますよね。
    私は湊川から西鈴蘭台の高校に通ってましたが、今思うと 親からすれば近場の高校に行って欲しかったでしょう(笑)
    セーラー服が着たいという安易な発想でした。。

    そういえば菊水山の駅も廃止になったんですね~
    そんなことも何年もたってから知った次第です。。

    平和台自動車学院の近くに 平和台と同じ系列?の相互自動車学院というのが昔ありまして、私はそこに通いました。関係ないコメントですが、今日も色々懐かしい名称をありがとうございます♪

    • ひろさん こんばんは〜

      ここ最近は山登りとは言えない「登山の参考にならない」山歩きばかりしていて、正直どうなんだ?感はありましたが、何かしら情報を伝えられてちょっと嬉しいです。

      乙女心にほんわか。
      神鉄、ほんま高いですよね…。

      もしこのブログで気になる地名、場所などが出てきて、昔のことをご存知であれば教えていただけると幸いです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.75・76 大師道から鍋蓋山へ。七三峠から…
  2. 神戸市境界石No.48・49 高取山白川神社境内と安井茶屋 …
  3. 神戸市境界石No.80 石柱の番号を確認しに高雄山へ。再度山…
  4. 神戸市境界石No.69 菊水山駅東尾根(仮称)から菊水GCを…
  5. 神戸市境界石No.46 高取台中学校北側の高取高層配水場の脇…

ナレッジ記事

  1. 山行記録のルート表示方法をどうしようか…国土地理院地図は使い…
  2. 神戸市背山路圖【KOBE HILL MAP】シリーズをやって…
  3. 地蔵谷についての下調べ。
  4. 山行記録のまとめ方改。Google マイマップで一覧を作成し…
  5. XperiaXZ1 Compactに機種変更 試し撮り+αで…

ピックアップ記事

  1. 岩ヶ谷右俣を最奥まで詰めてみる。ジェンガフォールとはこれいか…
  2. 青谷川支流の婆谷左俣を登る。途中の大滝に寄り道。
  3. 天狗岩駅尾根を下り地獄谷経由で赤滝谷遡行、天狗岩南東尾根を下…
  4. 猪ノ鼻滝上流右支、岩谷を登る。風呂ノ谷を下って有馬口まで。
  5. 裏紅葉谷 七曲滝の向こう側を見に。裏紅葉谷第二砂防ダムから左…
  1. 長峰

    六甲川遡行。大土神社脇から入渓、都賀谷上流右俣から丁字ヶ辻まで登り詰める。
  2. 須磨・長田・兵庫

    獅子ヶ池から神戸市区境界を追う。苅藻川を経由してひよどりごえ森林公園まで。
  3. 菊水・鍋蓋・再度

    石井ダムこもれび広場を探索。ドングリの森谷筋を登り、新鈴蘭台公園尾根を下る。
  4. 裏六甲

    仏谷を登って仏谷南尾根を下るという寄り道を経て、シラケ谷を登る。
  5. 住吉・芦屋

    灘区六甲山町南六甲の崩落斜面を見に行く。前ヶ辻谷上流右俣から天狗ノ鼻。
PAGE TOP