住吉・芦屋

, 0

阪急岡本から八幡谷遡行。ハブ谷を詰めて横ノ池の雌池まで。


さて、本流に戻ったわけだけど…地味!しかも写真を撮ろうとスマホを袋から出すとボチャン。シャッター音が出なくなってしまった。


森林管理歩道の木橋をくぐった先には可愛らしい流れが待っていた。いつまでも眺めていられるなぁ。すぐ先には山仕事用の小屋があったりする。


もうあまり期待していなかったものの、なかなか素敵な小滝に出会う。しかし奥に見えるシルエットにはげんなり。


小滝の上にももう1つ小滝があった。そして奥には八幡滝第三堰堤のダブルダム。右からまとめて巻いていく。

ダムの上流側は三俣になっている。一番瀬音が激しいのは一番小さい左俣の谷。中俣はちょっと奥に入ってみると小滝状。詰めれば七兵衛山の西側に至るだろう。本流はどうやら一番地味そうな右俣のようだ。そもそもそこを進む予定ではある。


というわけで、予定通り右俣を進んでいく。中俣で七兵衛山に行ってみるのも良かったかも…なんて思っていると、それなりの雰囲気になってきた。


ミニゴルジュなどもあったりして、当初の予定通りこっちに来て正解だったよう。


壁のような4m滝。巻いてもいいけど、ここは登ってみよう。流心左の苔のフリクションを利用してなんとか登る。右上には登山道が見えていて、下っていく団体さんが目に入る。


壁を抜けると赤茶色の2m小滝。さすがにもう期待はしていなかったものの、案外いける谷だなぁ。


八幡谷の「指差し岩」と言って良さそうな特徴的な岩があった。


進むとソーメン状の小滝。下部は立っているものの、登るのにはさほど苦労しない。真ん中辺りを登っていく。


ソーメン状の小滝を越えて進むと2m弱の小滝。そしてその奥には堰堤が見えている。


八幡滝第四堰堤を越えて進むと程よい迫力の壁が待っていた。左上には通行止めの登山道がある辺り。


登山道と交差する手前の滝。左岸支流からなかなか水量豊富な流れが入ってきている。左奥に続く本流のほうが地味だなぁ。


登山道と交わりそのまま奥の谷筋をたどっていくことにする。本日の仕上げというわけ。

ページ:
1 2

3

4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.72・75・77 平野谷西尾根から極楽谷経…
  2. 神戸市境界石No.82・87・96・97・98 黒岩尾根から…
  3. 神戸市境界石No.80 石柱の番号を確認しに高雄山へ。再度山…
  4. 神戸市境界石No.57 林田区境界を歩く。高取山から獅子ヶ池…
  5. 神戸市境界石No.73・74 七三峠から極楽谷周辺。三森谷か…

ナレッジ記事

  1. Image Map Proでひよどりキャニオン山行の簡易なイ…
  2. 山行記録のまとめ方改その2。地理院地図でルートのまとめを作成…
  3. 忘れ去られた谷と岩場。六甲学院 山岳部誌「たきび」を紐解いて…
  4. 端折っていた写真も別の形で載せたい。Smart Slider…
  5. 山行記録のまとめ方改。Google マイマップで一覧を作成し…

ピックアップ記事

  1. 新市ヶ原砂防ダム上流の支沢から高雄山へ。鶏鳴橋跡へ下り、世継…
  2. 水無谷東尾根から灰形山。太陽と緑の道を下って有馬温泉。
  3. 鍋谷ノ滝を経て桂ヶ谷支流の煙草谷を登る。
  4. 日柳川左岸の山小屋跡を見に行く。山小屋跡から支流を登る。
  5. 楽生公園から上野道経由で掬星台。桜谷を下り、徳川道を経て摩耶…

姉妹ブログ

PAGE TOP