住吉・芦屋

, 0

【古道を歩こう】住吉ステーションの碑から住吉道(有馬道)。水車小屋跡探訪を経て黒岩谷西尾根。魚屋道を下って有馬まで。

2019年6月16日 日曜日。9:30起床。昨日は悪天で山はお休み。今日もどんよりとした感じだけど晴れ間もちらほら。今日は【古道を歩こう】シリーズ第5弾。住吉道を歩くことにした。ちなみにこの【古道を歩こう】シリーズは『山下道雄・沢田幸男・永瀬巌共著 「神戸の道標」』をもとに行っている。というわけで、本日は道標の写真が多めです。


11:43 阪神御影駅で下車。ここから南東にまず目指す道標がある。


ミカドなる1パチ&5スロ専門店。このご時世、よく生き残っているなと思う。


路地を抜け、右にニトリ、エディオンなどを見ながら南へ下っていく。


43号線の手前、道標の背面へ至る。これが見たかった道標の一つ。


これが「住吉ステーションの碑」。カタカナってのが良いですね。どうやらもともとこの場所ではなかったようで「これより住吉ステーションまで九丁四十五間」。ざっくり1km(約1062m)ってことでいいだろう。明治14年6月建立のもの。


そのまま43号線を東へ進むとすぐに別の道標があった。「すぐ大阪道 七里 西宮 三里、徳本上人石碑 十八丁、すぐ兵庫 三里 嘉永二己酉年」とあるので1849年のもの。これは浜街道から赤塚山にある徳本上人の名号碑への道案内なんだとか。ここから北へ上ることにした。


白鶴酒造 旭蔵工場の西を北へ。杉玉が吊るされている。


阪神電鉄の南側、曰く有りげな三角形の公園の大木を右に見る。これはなんだろうか?しっかり掃除はされているうようす。さて、阪神をくぐって進んだ先で2号線を東へ進む。


住吉神社の南東角には西国街道の石碑がある。そして横断歩道を渡った先にも石碑が見えている。


「有馬道 是ヨリ北江九十丁」(有馬まで約9810m)。何度もここを歩いているけどまじまじと見るのは初めて。明治二十年代は有馬への表玄関だったそうで…ここが住吉道の起点ってことでいいだろう。住吉道を歩くならぜひここから歩きたいところですね。


しかしまぁ、山に入るまで長いこと長いこと…「くるくるバス」のありがたさが身にしみる。


線路をくぐってすぐ左手。住吉小学校、住吉村役場発祥の地の石碑があった。これは新しそうだね。ここからがいわゆる「ありまみち商店街」といった感じ。

ページ:

1

2 3 4 5 6 7

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.78 再度山山頂の北側にて。蛇ヶ谷右岸から…
  2. 神戸市境界石No.65 鵯越墓園西側の尾根筋にて。
  3. 神戸市境界石No.46 高取台中学校北側の高取高層配水場の脇…
  4. 神戸市境界石No.88 天狗道から掬星台へ。
  5. 神戸市境界石No.69 菊水山駅東尾根(仮称)から菊水GCを…

ナレッジ記事

  1. 六甲山の砂防堰堤について思う。
  2. 摩耶山周辺の杉の固有名称、天上寺の千年杉などについて。
  3. 地蔵谷についての下調べ。
  4. 遡行図記号をイラストレーターで作成し、遡行図を作ってみる。
  5. XperiaXZ1 Compactに機種変更 試し撮り+αで…

ピックアップ記事

  1. 石井川上流 開ヶ谷を登る。ガーデンレストラン風舎から清水谷を…
  2. 鍋谷ノ滝を経て桂ヶ谷支流の煙草谷を登る。
  3. 水無谷東尾根から灰形山。太陽と緑の道を下って有馬温泉。
  4. 三森谷東尾根から再度谷の無名支流を下って大滝に出会う。
  5. トゥエンティクロス高雄山砂防ダム上流、河童橋奥の谷から黒岩尾…
  1. 住吉・芦屋

    芦屋川支流ミツガシ谷を登る。黒越谷東尾根を下り奥池へ。観音山から甲陽園まで。
  2. 摩耶

    杣谷道支沢を登り寒谷南尾根から谷筋を下り寒谷滝。摩耶第四砂防ダム上流支沢を登る。…
  3. 布引・北野

    布引谷ルンゼの先で昭和初期の念仏碑に出会う。
  4. 住吉・芦屋

    高橋川水系 要玄寺川(中野村谷川)遡行。阪神深江から薬科大脇を抜けてドブ返し池ま…
  5. 布引・北野

    布引五本松堰堤右岸を確認。放水路隧道脇の谷を登って神戸布引ハーブ園に至る。
PAGE TOP