菊水・鍋蓋・再度

2

二本松林道から再度公園へ紅葉ハイク。

2019年11月23日 勤労感謝の日の土曜日。8:30起床からの二度寝で12:54起床。朝一旦起きたのは尼崎ドライブスクールでできるバスを運転する練習の予約を取るため。Muscleは今、大型二種の教習を神戸西インター自動車学校で行っているんだけど、来週末に卒検を控えているという大詰めの段階。その手前で一回くらいは練習しておこうと思った次第。
8:30からの受付で当日分のみ予約可能という厳しい条件。私のような飛び込みは後回しで、当然教習生の予約が優先される。「今日は教習生の予約で埋まっているので練習できません」とのこと…というわけでふて寝の二度寝から起きたのが昼過ぎ。
9月頭からずっと風邪気味でようやくマシになってきたので、天気も良いし、久しぶりに山にいくことにした。ブログもお休み気味でさみしいしね。


今日は祝日ダイヤだね。14:15の中山手3丁目から市バス25系統に乗ることにする。ここで乗る人を見かけたことが未だにない。定刻から3分ほど遅れてバスが来たのはいいけど…激混み!そうか、そうだよね、この時期だもん。
ところで、随分と見すぼらしかったバス停がきれいになっていた。


バスの免許を取りに行き始めて、今まで以上に運転のことが気になる。このDWはヘアピンが多いし、交通量もまぁまぁ。よく運転できるな…センターラインをほぼオーバーして運転しているから対抗のすれ違いのたびに減速している。
下りの便も大勢乗っているのを確認する。


14:40 二本松で下車。家を出てから40分経っているので、裏山を越えるのと大差ないな。無駄に250円払った感…歩けば良かったか…。そんなことはさておき、色づき具合に期待が高まる。


いやぁキレイなグラデーションだ。Muscleの今の職業は大きなくくりではグラフィックデザイナーなんだけど、緑から赤のグラデーションは汚いからまず使わない。しかしこうして見る緑から赤のつながりは本当にキレイ。


周辺に4000本植えられたというアケボノスギのエリアへ。黄金色には至らないけど、いい具合。


メインのエリアは谷筋になっている。写真では飛んでいるけど、神戸の町並みまで見通せて、ずっと眺めていられる感じ。


猩々池付近のカエデ。お星さまみたい。


猩々池南側はモリモリの紅葉。現在の猩々池自体の雰囲気はいまいちだけど、これは見もの。
さて、このあとは再度公園へ向かう。

ページ:

1

2

コメント

  1. こんばんは。
    懇意にしていただいてるだなんて、
    それはこっちのセリフです。
    「のし」つけて返しちゃいますよっ。笑

    再度公園、行ったんですね♪
    きっと今日あたり、とは思ってました!

    どれも写真がとても美しくて
    まるでその場に行ったような気持ち!
    こないだ行って来たばかりなのに、
    2倍幸せー\(^o^)/

    そうそう!
    赤と緑のグラデーションですよ!
    あれね、どうなってるの?
    デザイン的には無しだと思うんですよ、月も。
    でも自然て凄いですね。
    あれ見せつけられると
    「あぁ、何でもありなのね。自然は!」
    って思い知らされるっていうか、
    ほんとぶん殴られた気分でした。

    風邪の方が少しよくなりかけてるようでなによりです。
    大型二種免許合格に向けて大詰めですからね!
    頑張ってください。フレーフレー♪

    • 月さん こんばんは〜

      ブログ見てから、この週末はなんとしても行かねば、と振り絞って行ったんです。
      行って良かったです! やっぱり良いもんですね!
      あのグラデーションはなんなんでしょう。とても不思議に思います。
      PC上では小汚いんですけどね(笑)

      あ、早く寝ないと。結局風邪薬なんかより、たっぷり寝ることが一番。
      さっさと寝て、明日の10時間拘束に備えます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.85 黒岩尾根から派生する尾根にて。どうや…
  2. 神戸市境界石No.80 石柱の番号を確認しに高雄山へ。再度山…
  3. 神戸市境界石No.55・62 高取山一の宮道経由で獅子ヶ池を…
  4. 神戸市境界石No.48・49 高取山白川神社境内と安井茶屋 …
  5. 神戸市境界石No.73・74 七三峠から極楽谷周辺。三森谷か…

ナレッジ記事

  1. 神戸市北区花山中尾台3丁目、阪神高速7号北神戸線下の「関係者…
  2. 山行記録のまとめ方改その2。地理院地図でルートのまとめを作成…
  3. 地蔵谷についての下調べ。
  4. 記録に残したかった「十王山光明寺 閻魔堂」。
  5. 埋もれゆく美しい杣谷周辺の情景。過去と現在と。

ピックアップ記事

  1. 亀の滝第二砂防ダムの谷を登る。亀の滝もついでに見ておく。
  2. 菊水第2ルンゼ(仮称)を登る。菊水ルンゼ北の谷から菊水山へ。…
  3. 北黒五山から雨ヶ峠へ。支尾根を下り長谷(河原ヶ谷)を登り返し…
  4. 北野背山 合の谷(合ノ谷川)を遡行する。
  5. 青谷川初見のゴルジュと滝群。老婆谷中俣を詰めて摩耶山へ至る。…
  1. 住吉・芦屋

    蛇谷北山南西の岩稜尾根を登り、南東尾根を下る。芦屋市最高峰周回。
  2. 長峰

    昭和13年の水害で流れた表六甲ドライブウェイ旧道を経て、六甲小槍を登る。
  3. 裏六甲

    射場山周辺の谷と尾根。岩稜尾根に行こうと思ったら間違えたの巻。
  4. 布引・北野

    新市ヶ原砂防ダム上流の支沢から高雄山へ。鶏鳴橋跡へ下り、世継山へ登る。
  5. 住吉・芦屋

    五助東谷(仮称)を登って五助山。五助尾根右手の700mピークから下って水晶谷左俣…
PAGE TOP