布引・北野

, 6

市ヶ原下流の廃屋と色づきはじめた山を見ながら神戸布引ハーブ園まで歩く。

2019年11月4日 振替休日の月曜日。11:48起床。今日は教習所の予定はなく、丸一日空いているので久しぶりに山歩きに行くことにした。
久しぶりの山歩きだし、9月半ばからなかなか治らない風邪のため、軽いところが良いかな。とりあえずゴールはハーブ園にしよう。


14:19に新神戸から登山道に入る。布引のダム湖を過ぎて進んでいくと断流堤。これまで見てきた中でもかなり澄んでいる。


さて、ただただハーブ園まで歩いてもネタ的になにもない…というわけで市ヶ原下流一帯にある廃屋を記録しておこうと思う。ここは紅葉の茶屋北側のカジカ茶屋跡。実際にどんな建物だったかは知らないし、その名称も布引に住んでいた方のブログで知った。


進んですぐにあけぼの茶屋がある。すっかり崩れた建屋の登山道を挟んで川側に壊れたトイレがある。ここから生田川へ下る。


下っていく部分にはコンクリの階段が備え付けてあり、左岸には比較的大きな廃屋がある。左手には畑跡も。何度見ても「どうしてこんな所に建てたんだろう」と疑問に思う。大雨が降ったらすぐ流されそうだし。


下流へ進んでいくととてもきれいな深みがあった。今このタイミングは生田川の水はとてもきれいに見える。実際は六甲山の水系の中でも大腸菌が多いみたいだけど…。


右岸のやや高くなった広い場所に物置らしきもの。以前もう少し大きな廃屋があったように思うんだけど、流されたのかな?脇には1ドアの冷蔵庫が転がっている。


さらに下流へ進むとそこはもう分水堰堤の地点。上流へ戻ることにする。


紅葉の茶屋の下のあたり。円筒の構造物が見える。これは一体なんでしょう?取水なのか排水なのか。


左岸の廃屋の北側から。廃材が整理されているみたい。所有者がいるんだとは思うけど、いつまでこの状態が続くんだろう。


市ヶ原の堰堤を過ぎて、再度山方面からの道と交わる地点。小石が両側に置いてあった。前からこんなだったっけ?


世継山を見る。ところでなんで「世継山」っていうのかしら?ずっと謎。


地蔵谷からトゥエンティクロス方面と天狗道分岐地点に至る。三笠岩の崩落地点は相変わらずのようす。杉の根は貧弱なんだと改めて思わされる。ゴールのハーブ園へ向けて進む。

ページ:

1

2

コメント

  1. 水の色が綺麗すぎてビックリです!

    市ケ原のところ、
    道の左右に小石が並べられてるのもビックリ!
    謎すぎますね。

    布引ハーブ園、ずいぶん行ってないなぁ。

    なんか、今回は軽めの歩きということで、
    ふだんの雰囲気とちがって、
    なんというか
    Muscleさんのブログに似つかわしくない
    ハーブ園の写真とか
    (似つかわしくないとは何事!?
    失礼しちゃいました。笑)
    ちょっと面白かったです。笑

    大型二種免許のほう、がんばってくだされー!
    ふれー!ふれー!(byラムちゃん)

    • 月さん こんばんはー!

      ハイキングかよ!っていうツッコミは置いといて、たまにはこういう感じもありなのでは?と。
      意外とこういうノーマルも好きなんです。
      無理くりの廃屋ですけどね(笑)

      なんであんなに水がきれいに見えたのか!? エメラルドブルーでした。

      二種免許は無事にはやいとこ済ませたいところです!
      土曜はガッツリ教習。がんばります!

      • 「意外とこういうノーマルも好き」
        の一文を読んでホッとしました!
        (なぜ、そこでホッとするのか
        我ながら謎ですが。笑
        いや、月も案外ノーマルなの好きなので。
        あぁ、Muscleさんもそうだったのか、と。)

        そして「無理くりの廃屋」!
        思った!思いましたよ!笑
        そこがまた面白かったんですけどね!

        土曜日、ガッツリがんばってきてください(゚Д゚)ノ
        おやすみなさいませー☆☆☆

        • さすがなにもかもお見通しで(笑)

          たまには散歩も、です。

          それではおやすみなさいませ〜

  2. MuscleTurtleさん、こんばんは。

    大型二種、大変そうですね、
    頑張って下さい!

    市ヶ原の右岸、綺麗な「道」になってますね。
    先日通った時は小石はなかったです。

    世継山ですが、例の布引ゴルフコースのサイトに
    明治天皇に世継(大正天皇)が生まれたのを記念して
    改名したとありました。
    今のところ、出典や
    以前はなんという名前だったかなどは不明です。

    • Tokiwaさん こんばんは!

      世継山そうでしたか。見ていたものの覚えてすらいない始末。適当だなぁ…もう一度隈なく読んでおきますね。大反省。
      しかし以前の名前が気になる…。

      あの道の整備?縦走の大会に向けてってわけでもなさそうですし、なんででしょうね。

      大型二種免は、バス自体の運転もさることながら、乗客を踏まえたGを抑えた丁寧な運転がなかなか上手く行かず…。なかなか難しいです。
      早く色々スッキリして山に行きたいところです。

      いつも貴重な情報ありがとうございます!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.69 菊水山駅東尾根(仮称)から菊水GCを…
  2. 神戸市境界石No.57 林田区境界を歩く。高取山から獅子ヶ池…
  3. 神戸市境界石No.85 黒岩尾根から派生する尾根にて。どうや…
  4. 獅子ヶ池から神戸市区境界を追う。苅藻川を経由してひよどりごえ…
  5. 神戸市境界石No.82・87・96・97・98 黒岩尾根から…

ナレッジ記事

  1. 【神戸100年 写真集】明治以降の布引周辺の風景。
  2. XperiaXZ1 Compactに機種変更 試し撮り+αで…
  3. 神戸市灘区の西郷川から青谷川そして老婆谷。その起点と終点につ…
  4. 菊水山周辺についての下調べ。
  5. 記録に残したかった「十王山光明寺 閻魔堂」。

ピックアップ記事

  1. 追谷川遡行。追谷墓園奥から市章山の脇を抜ける。浅間ヶ丘道を経…
  2. 社家郷山キレットルートから外れ峰南尾根。小天狗山を経て宝殿橋…
  3. 敏馬神社から島田道を経て摩耶ケーブル下。摩耶東谷を下って深谷…
  4. 木ノ袋谷。木ノ袋滝の奥でゴルジュと滝群に出会う。
  5. 日柳川右岸支流の三又谷を登る。
  1. 摩耶

    葺合町古輪谷から旧摩耶道を経て山門ノ谷へ。その後配水管の続きを確認しておく。
  2. 長峰

    昭和13年の水害で流れた表六甲ドライブウェイ旧道を経て、六甲小槍を登る。
  3. 須磨・長田・兵庫

    横尾から須磨アルプス。展望ピークから下って天井川。栂尾山へ登り返して文太郎道。
  4. 須磨・長田・兵庫

    祇園神社北尾根から天王谷奥東服へ下る。平野西尾根展望道は廃道寸前。
  5. 菊水・鍋蓋・再度

    学習の森から洞川キャンプ場を経て妙賀山へ登る。谷筋へ下り、北鈴蘭台駅まで。
PAGE TOP