摩耶

, 2

雨の中、天狗道を経て摩耶山。青谷道で見過ごしていた滝や谷筋を確認する。

2020年7月26日 日曜日。10:01起床。このところ雨が続いていて、一応山登りは継続しているものの…わざわざブログに書くような内容でもない山行ばかり。正味ダイエットの山登り。今日もそんな感じで、雨の中13時30分過ぎに自宅を出発。

こんな時でも新神戸の駅下ではBBQが行われていた…。さて布引の滝。雄滝の水量はこんな感じ。


稲妻坂手前でやや雨脚が強くなる。汗でダラダラなんだか、雨でビショビショなんだかよくわからない。


自宅から7.3kmで掬星台。当然真っ白で何も見えず。下山路は青谷道を選択。濡れた石段で滑らないよう注意していると思っている以上に時間がかかる。


年中湿っている部分を下って朽ちかけの橋から上流の小滝を見る。やはりなぁ臭うんだよなぁ…ここ。


大龍院の南の水路管がある谷筋。結構な水勢。曲がった先には小滝があるようだ。


今回一番の発見はゴルジュ中盤、左岸のこれ。上部の方を眺めると5mくらいの滝のようなものも見えた。なかなか急峻で近寄りがたいけれど、これはいつか行ってみなければ。


さらに少し下ると右岸というか、道の脇に突如流れが…。


下から見上げると意外に立派な滝。地形図で確認してみると浅い谷筋のようす。ここがクライマックスでその先は平凡だろうと思う。


上田道あたりでもわずかに谷筋が見える。


こうした雨のあとに青谷道に入ったことがなかったので、色々と発見できたのは儲けものだった。谷や滝を見るとつい、その先を見たくなる性分。体重もいくらか減ってきたのでそろそろ谷歩きをしっかりしていきたいと思う。


最後に路地で出会った猫。なかなかの迷彩ぶり。

両親とヤマモモ狩りのあと、一里山303プレートの境界石柱を探しに行く。前のページ

山の日でも定番コース。太子の森から再度山、鍋蓋山、菊水山を経て烏原貯水池まで。次のページ

コメント

    • 摩耶山さん歩
    • 2020年 8月 15日

    こんにちわ。
    この日 15:00頃掬星台でした。
    ニアミスでしょうか?

    • さん歩さん こんばんは!

      あの日の掬星台到着は16:20頃でした。
      もう少し早ければお会いできたかもしれませんね!

      8/15日も新神戸から掬星台、アゴニー坂から天狗塚、
      へこたれながらハチノス谷西尾根を下りました。
      永峰堰堤下の水は天国です!

      こんな暑い中でもリュックサックマーケットなんですねぇ。

      いつかお会いできればと密かに思っています。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.78 再度山山頂の北側にて。蛇ヶ谷右岸から…
  2. 長田区一里山町の山中にある境界杭について問い合わせる。
  3. 神戸市境界石No.66 鵯越駅からイヤガ谷周辺。
  4. 神戸市境界石No.88 天狗道から掬星台へ。
  5. 神戸市境界石No.67・71 イヤガ谷東尾根3本鉄塔手前と菊…

ナレッジ記事

  1. 正式二万分一地形図集成 関西 1892-1912でみる神戸市…
  2. 山行記録のまとめ方改。Google マイマップで一覧を作成し…
  3. 摩耶山周辺の杉の固有名称、天上寺の千年杉などについて。
  4. 神戸市灘区の西郷川から青谷川そして老婆谷。その起点と終点につ…
  5. 地蔵谷についての下調べ。

ピックアップ記事

  1. 布引谷の集落跡と地蔵谷の遺構再探訪。地蔵大滝上流左岸の無名支…
  2. 烏原貯水池放水路隧道を追う。ちりんちりんの滝から放水門まで。…
  3. 亀の滝第二砂防ダムの谷を登る。亀の滝もついでに見ておく。
  4. 五助東谷(仮称)を登って五助山。五助尾根右手の700mピーク…
  5. 廃道天神谷から支尾根に突入。五層燈籠と石碑群に出会う。
  1. 摩耶

    東山崩落斜面がどうなっているのか確認。西谷川(狐西谷)支流を登り、東山尾根を下る…
  2. 菊水・鍋蓋・再度

    菊水第2ルンゼ(仮称→菊水北ルンゼ)を登る。菊水ルンゼ北の谷から菊水山へ。
  3. 裏六甲

    猪ノ鼻の頭パノラマ道から長尾谷上流(竹谷〜淸水谷)遡行。記念碑台を経て石切り場跡…
  4. 布引・北野

    追谷川遡行。追谷墓園奥から市章山の脇を抜ける。浅間ヶ丘道を経て再度谷を下る。
  5. 摩耶

    天狗峡からトゥエンティクロス。二十渉堰堤上流支沢から黒岩尾根を経て掬星台へ至る。…
PAGE TOP