菊水・鍋蓋・再度

, 0

神戸電鉄 菊水山トンネル工事用(後の石井ダム建設用)の道路跡を歩いてみる。

2020年9月22日 秋分の日の火曜日。11:00起床。今日は久しぶりに探索へ行くことにした。
ここ最近ずっと続けている再度山から菊水山へ向かい烏原貯水池へ下るという山歩きの中で、菊水山駅周辺の登山道、烏原川対岸に擁壁が見え、それが気になっていた。
色々調べてみるとどうやらそれは菊水山トンネル建設時の資材運搬用の道路だったようす。今現在はどうなっているのか歩いてみることにした。
※ご年配の方はご存知の方も多かろうと思います。一時期は縦走路でもあったわけなので。


神戸市バス7系統石井町で下車し、烏原貯水池を経て鈴蘭台処理場へ来た。トイレ利用時に入ることができる道から烏原川方面を見下ろすと廃屋と思われる建物がいくつか見える。


処理場の北西側、フェンスがある。右手六甲全山縦走路の案内がある箇所から進む。アスファルトからいくらか草が生えているものの、まだキレイな状態。


処理場の北側に来た。現在の縦走路は左奥へ進む格好になっている。正面はフェンスに遮られているんだけど、その先がかつての工事用の道路の続き。
かつてのようすは「播州野歩記」さんのこの記事の写真が参考になる。


車止めやガードレールの支柱の穴が残っている。


フェンス越しに覗くと橋台があるのがわかる。


さて、対岸のようすを探るべく現縦走路から烏原川へ下る。やや急な斜面だけど、場所を選べば割と楽に下れた。何があるかわからないので、一応ロープなどは持ってきている。


無事に下って烏原川。奥に見えるのは菊水山堰堤。


ほんの少し下流へ下り右岸を見上げるとそこには橋台跡が見える。


本題とは関係ないけれど、さらに下流には鈴蘭台処理場から直に水が流されている。オゾン処理されている水だろうと思う。処理場の仕組みなどについては過去記事を参照


藪を避けて登りやすいところを経て左岸の橋台跡に来た。こうしてみるとやはりそこそこ新しいもののように見える。実際、菊水山トンネルの工事は1985年頃から本格化したそうなので、35年くらい前のもの。


橋台の先、道路跡の部分に出る。もう少しこう、過去の道路跡のようなものが残っているかと期待したものの……添え木が続いていて、足元はアスファルトではないようだ。道の跡を追う。

1

2 3 4

久しぶりに妻と山歩き。地蔵谷から掬星台。上野道で下る。前のページ

索道を辿って日柳第二堰堤補強工事の現場に行ってみる。軽い散歩のつもりが、えらい展開に。次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 獅子ヶ池から神戸市区境界を追う。苅藻川を経由してひよどりごえ…
  2. 神戸市境界石No.116・98・97・96・95・94・92…
  3. 神戸市境界石No.50・56 平和台自動車学院西の尾根から高…
  4. 神戸市境界石No.48・49 高取山白川神社境内と安井茶屋 …
  5. 学校林道へ神戸市境界石90号と93号を探しに行くが…2日連続…

ナレッジ記事

  1. 神戸市文書館企画展「近代神戸の開かれた六甲山」に行ってみる。…
  2. 神戸市背山路圖【KOBE HILL MAP】シリーズをやって…
  3. 山行記録のまとめ方改その2。地理院地図でルートのまとめを作成…
  4. 端折っていた写真も別の形で載せたい。Smart Slider…
  5. 埋もれゆく美しい杣谷周辺の情景。過去と現在と。

ピックアップ記事

  1. 花山地獄谷東尾根を登って黒岩を探索後、摩耶山まで歩く。
  2. Tenseien-Path 天清園道(湊山谷)・菊水山・城ヶ…
  3. 北野背山 合の谷(合ノ谷川)を遡行する。
  4. 苧川天狗谷右俣を詰めて555P。下りは行者尾根で青谷道。
  5. 夙川水系どんどん川。六麓荘の橋巡りを経てユルギ谷を登る。
  1. 住吉・芦屋

    寒天山道東の崩落斜面を見に行く。
  2. 摩耶

    東山崩落斜面がどうなっているのか確認。西谷川(狐西谷)支流を登り、東山尾根を下る…
  3. 須磨・長田・兵庫

    石井川上流 開ヶ谷を登る。ガーデンレストラン風舎から清水谷を下って謎の廃虚に出会…
  4. 菊水・鍋蓋・再度

    烏原貯水池放水路隧道を追う。ちりんちりんの滝から放水門まで。
  5. 須磨・長田・兵庫

    須磨名水の森入口から天井川右俣。須磨アルプス馬の背を経て、東尾根を下る。
PAGE TOP