須磨・長田・兵庫

2

15kmの山+街歩きの果てで境界石柱58号を探索。しかし結局見つからず終い。

2020年12月6日 日曜日。9:10起床。昨日は起きのたのが14:30頃…本当に体のどこかがおかしいに違いない。ここ最近は色々と衰えを感じるし。気力も減ってきてもう険しいところへは行けないのかも…。あぁ気が重い。


12時過ぎに自宅を出発。Muscle的には早い出発なのでいつもよりやや遠くまで歩いてみようと思う。山本通から西へ進んで、太子の森へ入る。錨山を過ぎて、再度山歩道を進む。


意外にも善助茶屋周辺では残りの紅葉を楽しめた。


再度山山頂へ。眺望を楽しめるベンチ状の木のところに、こんな時間にテントを張っている若者が1名……さすがにその場所はどうなんだ感は否めない。
通常はゆっくりする場所なんだけど、さっさと通過する。今日はすっきりしていて遠くまで見通せるなぁ。
このあとは縦走路を西進して鍋蓋山から菊水山へ。


鍋蓋山山頂では子どもたちがキャッキャしていたのでそそくさと通過。う〜ん、今日はどうもタイミングが良くないなぁ。
さて、天王吊橋を渡る。改めて見ると橋の向こうに住宅が見えるっていうね…。
南はゴルフ場、北は住宅街…本当にもったいないんだよなぁ、菊水山って。


16:00 歩きに歩いてようやく獅子ヶ池へ。ここはおそらく石柱密集地なんだけど、未発見の番号の石柱が多い、抜け具合が激しいエリア。


57号石柱から59号方面を今一度確認。う〜ん間に1本あるとは思えないなぁ。一応天辺が示す方向にまっすぐ進んでみる。(何回目だよ)


ぐるぐる回ってみる。斜面に1本小さな境界杭があったんだけど、これはお目当ての石柱ではない。


諦めが悪いいつもの展開でシダ藪の中も確認しておく。やはり何もないなぁ。一体どこにあるのか58号石柱。


57号の天辺の切れ込みは2つに別れていて、先ほど探索したエリアとは別方向の先を見る。この先にはカインズの脇に62号石柱がある。こっちの間にもう一本あるのかな?う〜む。


探索エリアに到着したのが16:00頃で、手前でたんまり歩いたので探索がまともにできなかった。もう少し余裕を持って探索に来ようと思う。探索にはもってこいの季節だしね。
今日は少々残念な展開がいくつかあったけれど、良い夕焼けが見られたし、まぁそれはそれでOKだったかも。

今日歩いた軌跡

【近況報告】風邪様の症状が治まらず、近所の山散歩に終始する。前のページ

【近況報告】三森谷から再度山への散歩道+体のことと転勤と。次のページ

コメント

    • 摩耶山さん歩
    • 2021年 1月 05日

    復活 を お持ちしております。

    • 摩耶山さん歩さん

      あけましておめでとうございます
      今年こそはお会いできますか、どうか

      昨日も一昨日も山散歩してました。がっつり歩くのはもう少し先になりそうです。
      なんせ寒い!ですし。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.57 林田区境界を歩く。高取山から獅子ヶ池…
  2. 神戸市境界石No.48・49 高取山白川神社境内と安井茶屋 …
  3. 神戸市境界石No.69 菊水山駅東尾根(仮称)から菊水GCを…
  4. 神戸市境界石No.59 獅子ヶ池東244.9mP付近にて。高…
  5. 神戸市境界石No.65 鵯越墓園西側の尾根筋にて。

ナレッジ記事

  1. 神戸古今對照地圖で明治大正期の市郡界を把握する。
  2. XperiaXZ1 Compactに機種変更 試し撮り+αで…
  3. 端折っていた写真も別の形で載せたい。Smart Slider…
  4. 【神戸100年 写真集】明治以降の布引周辺の風景。
  5. 神戸市文書館企画展「近代神戸の開かれた六甲山」に行ってみる。…

ピックアップ記事

  1. 法徳寺北尾根(仮称)から崩落現場の上へ。老婆谷を下って摩耶山…
  2. 石井ダムこもれび広場を探索。ドングリの森谷筋を登り、新鈴蘭台…
  3. 苧川天狗谷右俣を詰めて555P。下りは行者尾根で青谷道。
  4. 阪急岡本から八幡谷遡行。ハブ谷を詰めて横ノ池の雌池まで。
  5. 学習の森から洞川キャンプ場を経て妙賀山へ登る。谷筋へ下り、北…
  1. 摩耶

    青谷川支流の婆谷左俣を登る。途中の大滝に寄り道。
  2. 須磨・長田・兵庫

    祇園神社北尾根から天王谷奥東服へ下る。平野西尾根展望道は廃道寸前。
  3. 住吉・芦屋

    寒天山道東の崩落斜面を見に行く。
  4. 摩耶

    摩耶東谷弥生滝から溯行。行者滝手前の支流右俣を経て参詣道。
  5. 須磨・長田・兵庫

    須磨名水の森入口から天井川右俣。須磨アルプス馬の背を経て、東尾根を下る。
PAGE TOP