裏六甲

, コメント: 0

古道山田道をできるだけ忠実に辿ってみる。上谷上から森林植物園内へ。

dsc_0523
道標から西へ少し進むと再度公園方面への道標がある。ここを進む。進むとすぐに分水嶺の説明板がある。南ドントリッジのことだな。

dsc_0530
すぐにあるダム湖の木橋を渡って再度公園へ。この先少々登りがあってつらい。

dsc_0559
15:25 再度DWに至る。下った先の左手に附近案内図がある。

dsc_0567
それがこれ。柵を越えて、森林植物園に至る道(中央左手、「ド」の右上)が刻まれている。入園は有料なので注意が必要。
おそらくかつての大経はDW沿いの左奥、修法ヶ原池の東側を進んだと思う。が、それもつまらないので正面奥へ進む。
DWの登り側、似つかわしくない古そうな石垣がある。古道を示すよう。

dsc_0591
再度公園案内図。修法ヶ原池の東の池に名前があるのかなって思っていたんだけど「池」としかない。名前はないんだなぁ。現在地から右下に示されている売店に立ち寄る。

dsc_0594
「茶屋 森の四季」ここは神戸市バス25系統の運行時間に合わせて営業されているとのこと。冬季(11末〜3末)は営業されていない。朝は大体9時くらいから終バスまでの(16:38?)ようだ。従業員の方は市バスで通っているらしい。どれでも1つ150円のアイスから「あいすくりん」をチョイス。美味しいんだけど、食べている間にコーン部分がヘナヘナになって萎えた(笑)

dsc_0610
左手に修法ヶ原池から奥に高雄山の稜線を見ながら進む。この周辺は野良猫のサンクチュアリ。おば様がご飯をあげていた。かわいらしい茶トラ白の猫がいたんだけど、去年からまったく見なくなったそうだ。

dsc_0618
カーブNo.53から再度越へ進む。この概念図は結構詳細に記載されている。

dsc_0627
こうして見ると、山田道から進んで、修法ヶ原池から蛇ヶ谷を進んで再度東谷を進み、現在の新神戸へ至る道もよく使われていたんだろうと思わされる(蛇ヶ谷の石階段を見るにつけ)。

dsc_0638
今日はひたすら大経を進む。再度越へ来た。右へ進めば縦走路で鍋蓋山から菊水山へ。左へ進み、再度谷(Futatabi Mill Road)を下っていく。

dsc_0644
進んで、舗装路と猩々池方面分岐。左奥へ進むとすぐ「猩々池の碑」説明板があり、その右上に碑があり、そこには池ができた経緯が書かれている。進むと東屋。ヒグラシとウシガエルの大合唱。なんとも和む音。しばしぼーっとする。

dsc_0705
諏訪神社まできた。今日は山田道を忠実に進むことができたかな。柿ノ木塚へ至る道などまぁまぁ楽しめた。今度は阿弥陀塚へいってみよう。

ページ:
1 2

3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.73,74 七三峠から極楽谷周辺。三森谷か…
  2. 神戸市境界石No.72,75,77 平野谷西尾根から極楽谷経…
  3. 神戸市境界石No.50,56 平和台自動車学院西の尾根から高…
  4. 神戸市境界石No.66 鵯越駅からイヤガ谷周辺。
  5. 神戸市境界石No.116,98,97,96,95,94,92…

ナレッジ記事

  1. 市バス25系統停留所の名称について問い合わせる。だいりゅうじ…
  2. Image Map Proでひよどりキャニオン山行の簡易なイ…
  3. 山に行けないので、家に篭って本を読む。関西周辺の谷、生と死の…
  4. 【神戸100年 写真集】明治以降の布引周辺の風景。
  5. 国土地理院電子国土Webで登山ルートマップを作る。山行記録の…

ピックアップ記事

  1. 芦屋川下流域遡行。知らなかった滝群に出会う。弁天滝で遡行を中…
  2. 北野谷から布引貯水池周遊。貯水池西にある奥サブ谷から浅間ヶ丘…
  3. 六甲川遡行。大土神社脇から入渓、都賀谷上流右俣から丁字ヶ辻ま…
  4. 寒谷1基目の治山ダム左岸支流から608P。寒谷北尾根を下って…
  5. 奥山精道線カーブNo.10から破線道の谷を行く。ゴロゴロ岳か…

LINE@はじめてみました

PAGE TOP