住吉・芦屋

, , コメント: 0

夙川水系どんどん川。六麓荘の橋巡りを経てユルギ谷を登る。


ややゴルジュっぽいところを抜けていく。大きな岩がゴーロゴロ。


かなり大きな岩が転がる。比較対象がないので、試しに掴んでみるも、逆に小さく見えてしまう…。


谷筋は非常に浅いんだけど、大岩が谷を埋めている。ゴロゴロ岳の由来って565.5mからとか言われているけど、岩のゴロゴロしている(崩れる)ようすから来ているんだと思う。


どこまで行ってもゴーロ。アクロバティックに進んでいく。それはそれで楽しいかも。


クグロフ型の岩がある地点でやや不明瞭になるも、流れを追う。このあたりで左手に抜けていっても良さそうに思う。すぐ先で切れ目が入った特徴的な岩。


流れを追って進んでいくとなんとなく滝といえそうな流れ。3mほど。


ハンバーガー岩を通過。今週は雨があったから流れがあるのかも知れない。


さらに登るとソファ状の岩があって、ちょっと休憩。その上手には大岩に囲まれた、シダが生える可愛らしい岩があった。


とりあえず、これが「どんどん川」最初の一滴。下流に貯水池が昔からある川。小さな谷だけど、ゴロゴロ岳の広い緩斜面で水が貯まるんだろうと思う。


緩斜面を抜けるとゴロゴロ岳手前の登山道に飛び出した。やはりゴロゴロ岳の由来は標高から来ているのか?(ゴロゴロ岳のWikipediaには「国内で唯一標高から名前が付いた山」とある。)それとも…。雷岳の名前もあるし。謎。
山頂の石碑には先客が居られたので退散。留まる意味も特にないけど。


柿谷コースNo.7で下る。途中の大きな岩に登って一休み。送電線さえなかったら爽快なんだけど。南西には六アイなども見える。下っていって奥山精道線カーブNo.12に出る。水車谷のバス停はスルー。


阪急芦屋川駅まで歩いてきた。今日初めて六麓荘をこの目で見た。いやはや…空気が違う。ああしたところに生まれたら、人生どんなだろうと少しだけ思う。
ところで今日は帰り道に「長背」を使うつもりだったんだけど、下調べで見る限り+現地のようすから芦屋大学の敷地に出てしまいそう。関係者以外立入禁止のようだし。なんとか歩けないかなぁ。警察学校方面に下れば行けるのかどうか。

今日歩いた軌跡

ページ:
1 2 3

4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.116-87 県立美術館を起点に青谷道、東…
  2. 獅子ヶ池から神戸市区境界を追う。苅藻川を経由してひよどりごえ…
  3. 神戸市境界石No.72-77 平野谷西尾根から極楽谷経由で再…
  4. 神戸市境界石No.88 天狗道から掬星台へ。
  5. 神戸市境界石No.75-76 大師道から鍋蓋山へ。七三峠から…

ナレッジ記事

  1. 【神戸100年 写真集】明治以降の山本通周辺の風景。
  2. OSPREYバリアント37がリコール対象になる。2日後には新…
  3. 神戸市北区花山中尾台3丁目、阪神高速7号北神戸線下の「関係者…
  4. トゥエンティクロス道標の表記がバラバラな件について調べてみた…
  5. 山行記録のルート表示方法をどうしようか…国土地理院地図は使い…

ピックアップ記事

  1. 天狗峡からトゥエンティクロス。二十渉堰堤上流支沢から黒岩尾根…
  2. 天王谷川遡行、天王ダムを越えて鍋蓋地獄谷へ。ダム下流右岸に道…
  3. 摩耶東谷弥生滝から溯行。行者滝手前の支流右俣を経て参詣道。
  4. 長峰山東面 六甲川右岸の谷を登り下り。連続小滝手前で見落とし…
  5. 木ノ袋谷。木ノ袋滝の奥でゴルジュと滝群に出会う。
PAGE TOP