摩耶

, , コメント: 4

二週続けて寒谷へ。寒谷第2ルンゼを登る。


谷を登って再び左手。ごく最近崩れたように見える。


谷筋を忠実に詰めていくと右手に比較的大きな岩場。この谷筋の上部付近は「岩ヂャレ」と呼ばれるので、こうしたものがその周辺にあるわけか。


結果飛び出したのはここ。山寺尾根がくの字に曲がって、掬星台に向かう地点。それにしても落石の巣と倒木が多い谷筋だった。さて、山寺尾根で帰ろうか。


途中とうせんぼしてある場所。どうも今日は手応えが少なく…ここから右手へ下ってみることにした。


しばらくゆるやかな斜面だったものの、摩耶東谷に近づくほど谷筋らしくなってくる。


しかしこれという小滝もなく、飛び出したのはここ。奥に見返り滝が見える地点。敢えて歩く意味はまったくないけど、多少はショートカットできたのかな…いや変わらないか。


長峰橋まで戻ってきた。なんだか物々しい感じ。見ていると緊急でもないようす。このあと防火水槽などを見て回っていた。

それにしても、この山行意欲の減退はなんだろう…。膝が痛いせいなのか。それともわずかながらの体力の低下なのか。明日は仕事で山は休み。次週こそは裏六甲へ行ってみようと思う。

今日歩いた軌跡(画像のみ)

ページ:
1

2

コメント

  1. こんばんは!今日は暖かくて穏やかな大寒でしたね(^^♪
    ラムちゃんも六甲山に行っていたのですが、登りが暑かったです!

    山行意欲の減退。
    Muscleさんの言っていること、なんとなく分かる気がします。
    月は去年の秋ごろ「山スランプ?」て感じでした。
    結局何が理由だったのかはハッキリしないのですけど。

    Muscleさんとは少し違うかもしれないけど、
    今までのように朝起きたら大急ぎで山へ向かう、とか
    何も考えずただただ純粋に山が楽しくて仕方ない!という状態ではなくなってしまい、
    なんか「行かねばならぬ!」って感じで
    変に自分を追い込んで無理やりダラダラ登ってました。
    (やる気はあまり無いくせに、山に行かないでいるのも怖くて。笑)

    その時は少し悩んだのですが、
    「まぁこんなこともあるか。」と開き直っていたら
    月の場合はいつの間にか元に戻ってましたけど。笑

    • 月さん こんにちはー!

      昨日は暑いくらいでしたね〜。

      「行かねばならぬ」まさにそう!
      わかる気がします。私当初はダイエットが山行の主な目的でして、そこに生来の変なとこ好きが相まって今の感じに落ち着き?ました。それがマンネリ化しているのかも。
      ダイエット方面も「行ったから食べてもいいでしょ」と自分に甘く結果むしろ太るっていう(笑)
      本当は四季を楽しんだり、癒されたりもしたいところです。
      開き直り…まだその境地には遠い気がしますが、そんなこともあるかの精神参考にさせていただきますね。

    • 山歩き
    • 2018年 1月 21日

    こんばんは。

    山寺尾根途中からの下山レポは初めて見ます。
    鉄塔巡りの人も歩いてなかったと思います。
    僕は前から気になっていて、少しだけ下ったことがありますが、途中で怖くなって引き返しました。
    そんなのが多いです・・・。
    下山口付近からは東谷の岩棚が良く見えますね。

    山寺尾根のその場所からもう一段上の折り返し地点から下ると、東谷の鉄階段付近に下りられますね。

    次回から裏六甲ですか?
    気の緩みは怪我や事故の元です。
    安全登山でお願いします。

    • 山歩きさん こんばんはー

      山寺尾根途中からの下りは完全なノリ。滑り下る部分もありました。あんなところは歩く意味は全くないし反省しているところです。
      自身はGPS見ながら行き着く先は階段付近じゃね?と思っていたら、わずかに下流でした。

      裏六甲、もう少し早起きしないと、です。安全登山は心がけます。怪我はもうイヤですからね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.73,74 七三峠から極楽谷周辺。三森谷か…
  2. 神戸市境界石No.80 石柱の番号を確認しに高雄山へ。再度山…
  3. 神戸市境界石No.82,87,96,97,98 黒岩尾根から…
  4. 獅子ヶ池から神戸市区境界を追う。苅藻川を経由してひよどりごえ…
  5. 神戸市境界石No.69 菊水山駅東尾根(仮称)から菊水GCを…

ナレッジ記事

  1. イラストレーターとHTMLで摩耶_長峰山詳細登路図(仮)のク…
  2. 埋もれゆく美しい杣谷周辺の情景。過去と現在と。
  3. 市バス25系統停留所の名称について問い合わせる。だいりゅうじ…
  4. 菊水山周辺についての下調べ。
  5. 新湊川水系天王谷川天王ダムの階段立入りについて神戸土木事務所…

ピックアップ記事

  1. 須磨名水の森入口から天井川右俣。須磨アルプス馬の背を経て、東…
  2. 日本の秘境100選No.064 瀞川渓谷をゆく。兵庫県美方郡…
  3. 寒谷1基目の治山ダム左岸支流から608P。寒谷北尾根を下って…
  4. 芦屋川下流域遡行。知らなかった滝群に出会う。弁天滝で遡行を中…
  5. 木ノ袋谷 右岸支沢を登って寒谷北尾根608ピークを経て掬星台…

LINE@はじめてみました

PAGE TOP