布引・北野

0

相も変わらず布引谷で遊ぶ。親鸞上人像と布引谷支流の滝と。

2016年4月3日日曜日。風邪を引いてしまって、起きたのは昼過ぎ。薬はもとより横向きになったり、マスクをしたりするんだけど、咳き込んでまともに寝付けない。思えばダイエットをしてから年の1/4くらいは風邪を引いている。しかも昨日の川掃除の時に虫に刺されて瞼も腫れてしまった。けだるいのでヤマレコは今週はお休みして、ご近所登山をしよう。


というわけで、14:30を過ぎた頃に家を出る。生田川の連翼亭に来た。花見の客で賑わっている。一角にゴミステーションがあるんだけど、すごいゴミの量にびっくりする。うーん。布引谷を雄滝へ向けて登って行く。


鼓瀧周辺。手摺りの支柱にツバキが飾られていた。小学生くらいの子どもが飾ったのかな。ここから少し進めば雄滝が拝める。雄滝を愛でながら見晴展望台へ進む。


見晴展望台の敷地の中間あたりの北側に階段がある。これを登って、←舗装路を進んで行く。


舗装路を蛇行しながら登ると階段が現れる。神戸布引ロープウェイ中間駅から山頂駅を越えて摩耶山まで至る道の取付きだ。あまりここから登る人はいないんだけど、ここから登るのがいいんじゃないかと密かに思う。さておき、舗装路をさらに進む。


舗装路をそのまま進めばもう少しで風の丘中間駅。この地点で←浅い谷筋沿いの道を進む。


すぐに谷止がある。上部にもう1基見える。ここから堆砂地を渡って左奥に進んで行く。右にも進める(あとで)。


谷止を渡って踏み跡を進むと玉垣が見えてくる。一部は崩れていて、放置されているようす。もう少し進んでみよう。

DSC_0287
この土台、おそらく蓮如上人の石像があったんだろう。今はどこかに安置されているのかな。この左のコンクリ壁面に「昭和十一年五月十七日建立」とあった。村田弥三さんとその妻の名前が確認できる。ここからさらに←道なりに進むと…


DSC_0296
神戸布引ロープウェイの支柱に辿り着く。ここまではメンテナンス用なのか、踏み跡はしっかりあるんだけど、ここで踏み跡消失。谷止を渡った地点に引き返すことにする。

DSC_0303
谷止から右に進んで九十九折に登る道。古い石階段があるんだけど、崩壊。とにかく登って行くと…

DSC_0306-1
社でもありそうなもんなんだけど、ゴミ屋敷がある。以前は中を見れなかったんだけど、窓が開いていた。oh…bad smell…相当荒れている、どうも住人はいないように思う。かつて見た猫の姿も見られない。この右手、北側に…

DSC_0313
親鸞上人の像がある。ここを巡礼されたんだろう。ここにこんなものがあるなんて、神戸別院に問い合わせしてみようかな。親鸞はここに寄ったあと摩耶山まで登ったんだろうか…。流れ的には登るよなぁと思う。この像の左奥から尾根に取り付けるんだけど、行き着く先は中間駅だ。さてここからどうしようか、特に決めていなかった。


放置されている建物の西斜面には「南无阿弥陀佛」の石碑が転がっていた。ここから先踏み跡もないんだけど、誘われるように斜面を下って行くことにする。

ページ:

1

2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.65 鵯越墓園西側の尾根筋にて。
  2. 神戸市境界石No.73・74 七三峠から極楽谷周辺。三森谷か…
  3. 神戸市境界石No.93 学校林道 神戸港線一九鉄塔の南にて。…
  4. 神戸市境界石No.48・49 高取山白川神社境内と安井茶屋 …
  5. 神戸市境界石No.75・76 大師道から鍋蓋山へ。七三峠から…

ナレッジ記事

  1. 【神戸100年 写真集】明治以降の山本通周辺の風景。
  2. 忘れ去られた谷と岩場。六甲学院 山岳部誌「たきび」を紐解いて…
  3. 埋もれゆく美しい杣谷周辺の情景。過去と現在と。
  4. 山行記録のルート表示方法をどうしようか…国土地理院地図は使い…
  5. 新湊川水系天王谷川天王ダムの階段立入りについて神戸土木事務所…

ピックアップ記事

  1. 北野背山 合の谷(合ノ谷川)を遡行する。
  2. 菊水第2ルンゼ(仮称)を登る。菊水ルンゼ北の谷から菊水山へ。…
  3. 阪急岡本から八幡谷遡行。ハブ谷を詰めて横ノ池の雌池まで。
  4. 石井ダムこもれび広場を探索。ドングリの森谷筋を登り、新鈴蘭台…
  5. 生田川流域廃ポンプ場巡りの下見。その後北ドントリッジを経て森…
  1. 裏六甲

    古道山田道をできるだけ忠実に辿ってみる。上谷上から森林植物園内へ。
  2. 住吉・芦屋

    夙川水系どんどん川。六麓荘の橋巡りを経てユルギ谷を登る。
  3. 布引・北野

    新市ヶ原砂防ダム上流の支沢から高雄山へ。鶏鳴橋跡へ下り、世継山へ登る。
  4. 裏六甲

    猪ノ鼻の頭パノラマ道から長尾谷上流(竹谷〜淸水谷)遡行。記念碑台を経て石切り場跡…
  5. 長峰

    日柳川左岸の山小屋跡を見に行く。山小屋跡から支流を登る。
PAGE TOP