裏六甲

, 0

船坂橋から樅ノ木谷を登り船坂峠。細ヶ谷西尾根から細ヶ谷を下ってエデンの園へ至る。

DSC_0088
右下に見える樅ノ木谷へ下っていく。

DSC_0094
樅ノ木谷はとても浅い流れ。谷沿いを適当に登って行く。古地図では「小径」と表されている。

DSC_0106
倒木、落葉が多く、ほとんど歩かれていないようす。

DSC_0107
妻は道無き道を(ある意味)歩かされて、うんざりしていると思う。ごめんなさい。

DSC_0118
なぜだかポイント・ポイントでテープはしっかりある。

DSC_0128
物好きな人がそれでも歩いているんだろうか…。

DSC_0136
やがて上方が明るくなってきて、明瞭な踏跡に合流する。左手は古地図でいうところの「御前墓」、アラカルートさん的には清水谷西道。


しばらく進むとようやく明るくなってくる。ここまでは西の斜面に陽が隠れて薄暗く不快な道だった。

DSC_0153
笹道を抜けていくと松の幹に「東六甲探検隊 2013年2月14日」とあった。バレンタインデーにこんなところを歩いたのか…。

DSC_0167
そこから先の道は半分以上流されているようす。慎重に斜面を進む。

DSC_0172
もうほとんど道はなくなってくる。

DSC_0173
地理院地図の破線道を進むべく、東に転換し斜面をトラバースする。

DSC_0183
ほとんど歩かれていないことを実感する、フカフカの道無き道を進む。

DSC_0197
船坂峠やや東に飛び出す。

DSC_0205
血迷ったか、間違って最高峰方面に進んでしまった。ちょっとだけ登ってしまい、その後戻る。

DSC_0208
15:19 船坂峠に来た。ここから右手、南に七曲からDWを経て樫ヶ峰、ゆずり葉台へ下る予定にしていたのだけど…

1

2

3

海の日の山行。須磨浦公園からロープウェイに乗り「名勝馬の背」須磨アルプスへ。前のページ

谷上駅から南西の丸山を登り、かがやきの径を経て森林植物園に至る。次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.46 高取台中学校北側の高取高層配水場の脇…
  2. 神戸市境界石No.59 獅子ヶ池東244.9mP付近にて。高…
  3. 神戸市境界石No.57 林田区境界を歩く。高取山から獅子ヶ池…
  4. 神戸市境界石No.50・56 平和台自動車学院西の尾根から高…
  5. 神戸市境界石No.88 天狗道から掬星台へ。

ナレッジ記事

  1. トゥエンティクロス道標の表記がバラバラな件について調べてみた…
  2. 六甲堰堤と山田堰堤間のイノシシの死骸についての続報と対策につ…
  3. イラストレーターとHTMLで摩耶_長峰山詳細登路図(仮)のク…
  4. 神戸市立森林植物園の「正しい出入り」について問い合わせる。
  5. 忘れ去られた谷と岩場。六甲学院 山岳部誌「たきび」を紐解いて…

ピックアップ記事

  1. 木ノ袋谷。木ノ袋滝の奥でゴルジュと滝群に出会う。
  2. 岩屋瀧上流 婆谷(ばばだに)を登る。婆谷第二砂防堰堤はいつで…
  3. 高橋川水系 要玄寺川(中野村谷川)遡行。阪神深江から薬科大脇…
  4. 社家郷山キレットルートから外れ峰南尾根。小天狗山を経て宝殿橋…
  5. 二十渉堰堤下流の支沢から黒岩尾根を経て、掬星台へ至る。
  1. 菊水・鍋蓋・再度

    菊水第2ルンゼ(仮称→菊水北ルンゼ)を登る。菊水ルンゼ北の谷から菊水山へ。
  2. 住吉・芦屋

    蛇谷北山南西の岩稜尾根を登り、南東尾根を下る。芦屋市最高峰周回。
  3. 摩耶

    石楠花山南東 六百谷(仮称)を登り六百山を下る。
  4. 摩耶

    摩耶東谷弥生滝から溯行。行者滝手前の支流右俣を経て参詣道。
  5. 裏六甲

    水無谷東尾根から灰形山。太陽と緑の道を下って有馬温泉。
PAGE TOP