菊水・鍋蓋・再度

, 2

鵯越駅から石井ダムを経て、菊水ルンゼを登る。

2016年8月7日日曜日。10:54起床。北野背山を見ると青空が広がる。今日も暑そうだ。今日は菊水ルンゼに行くつもり。13:48 神戸三宮発の電車に乗り、新開地で神鉄に乗り換える。


14:15 鵯越駅で下車し線路を渡り奥へ進む。鵯越市民公園を抜けていく。公園には野良猫が数匹。かわいい猫だった。


左奥から下ってきた。縦走路は右奥。正面の道を進む。


2つ目の鉄塔。地理院地図ではここから南東へ破線道がある。というわけで藪に突っ込む。


背丈を優に超える笹藪を掻き分ける。基準点を発見。さらに岩にマーキング。かつては道があったと思われる。だけど…とても進めない藪。強引に進む。


破線道がどうのとか意識もできない。進みやすいところなんてモノもなく…。とにかく進む。どうにか歩き易いところを見出し下っていく。GPSを見ると、どうやら破線道を離れているみたい。


想定外のところに飛び出した。山麓バイパスだ。原付きは禁止とのことだけど、徒歩はどうなんだろう…。(後日神戸市道路公社に問い合わせると「徒歩禁止」とのことだった。)


鈴蘭台処理場を右手に見ながら舗装路を下っていく。写真左の水場。頭を冷やす。さらに先にあるKIKUSUI BASE下で休む。

ページ:

1

2 3 4 5

コメント

  1. こんばんは!
    暑い日が続きますね。100mくらい登って一休み…ってな感じの山行が続いています。
    核心部の水平距離、高度差はおっしゃるとおりの数値かと思います。

    菊水ルンゼはもっとこう、スリルがあるかと思っていたのですが、
    天狗道でいうところの555ピークを過ぎた先にある岩場が、150mくらい続く感じでした。

    ここのところまとまった雨もなく、岩ヶ谷は水量が本当に乏しそうですね…。
    この時期の谷、源頭部など、しんどいところで虫がまとわりついてくるので
    止まらず登るのがまたしんどい…。悩ましいです。

    2人で行くときは藪禁止令が出ていますので
    原則メジャー道を行こうと思います。これまた悩ましい。

    熱中症くれぐれもご注意ください!

    • 長峰大好き
    • 2016年 8月 17日

    残暑お見舞い申し上げます
    こんなに蒸暑いとお初の「夏の日」!と盛り上がる個人ブログなど皆無ですね
    でもやっぱり藪漕ぎ、ルンゼよじ登りレポワクワクします。
    菊水ルンゼは行った事ないのですが地図を辿ってみると核心部の水平距離150m高度差100mぐらいでしょうか?
    わたしも相変わらず水量乏しい枝谷、源頭薮かき分け熱中症寸前の自虐登山、今夏は岩ヶ谷が多いですが右俣奥にも小滝の連続する小区間(水平、高度ともに50m)がありますよ
    もちろん苔泥まみれになる今より梅雨時か雨台風後がお勧めですが..
    とはいえ御家族との楽しい山歩きが都会の低山ハイキングスタイル王道、うらやましい限りです

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.50・56 平和台自動車学院西の尾根から高…
  2. 神戸市境界石No.93 学校林道 神戸港線一九鉄塔の南にて。…
  3. 神戸市境界石No.55・62 高取山一の宮道経由で獅子ヶ池を…
  4. 神戸市境界石No.66 鵯越駅からイヤガ谷周辺。
  5. 神戸市境界石No.80 石柱の番号を確認しに高雄山へ。再度山…

ナレッジ記事

  1. 城山展望公園の現在 ハンター谷を登り北野谷西尾根を下る。
  2. 神戸市北区花山中尾台3丁目、阪神高速7号北神戸線下の「関係者…
  3. 山行記録のまとめ方改その2。地理院地図でルートのまとめを作成…
  4. XperiaXZ1 Compactに機種変更 試し撮り+αで…
  5. 山行記録のルート表示方法をどうしようか…国土地理院地図は使い…

ピックアップ記事

  1. 布引五本松堰堤右岸を確認。放水路隧道脇の谷を登って神戸布引ハ…
  2. 日柳川右岸支流の三又谷を登る。
  3. 二十渉堰堤下流の支沢から黒岩尾根を経て、掬星台へ至る。
  4. 夙川水系どんどん川。六麓荘の橋巡りを経てユルギ谷を登る。
  5. 摩耶東谷深谷第4堰堤手前から支尾根へ。旧道跡かも知れない水平…
  1. 菊水・鍋蓋・再度

    烏原貯水池放水路隧道を追う。ちりんちりんの滝から放水門まで。
  2. 布引・北野

    北野背山 合の谷(合ノ谷川)を遡行する。
  3. 住吉・芦屋

    住吉川下流域遡行。ゴルジュ、滝、淵。住吉堰堤から小峰ヶ原砂防ダムまで。
  4. 住吉・芦屋

    夙川水系どんどん川。六麓荘の橋巡りを経てユルギ谷を登る。
  5. 住吉・芦屋

    芦屋川支流ミツガシ谷を登る。黒越谷東尾根を下り奥池へ。観音山から甲陽園まで。
PAGE TOP