住吉・芦屋

, 0

西山谷の支流を登る。右俣を3本経由して天狗岩へ。


第五堰堤の両岸はともに岩場になっていて危険。右岸は鎖場がある。以前は左岸から越えてえらい目にあった。こちらが楽。鎖を使わなくてもなんとか登れる。


さほど水が溜まっていなかった。この先斜面にロープが垂らされている。木の根を頼って下ったものの危ない。ドロドロの堰堤の上流、本流を渡り左岸の支流に入る。


岩屑を少し登るとそこには涸滝。「六甲の谷と尾根」には20mくらいとあったけど、今はそんなにはなさそう。左の木からワイヤーが垂れていた。とりあえず登る。


比較的容易に登れるものの随分脆い。重なる岩を崩さないようにだましだまし登る。この先には治山ダム。右から越える。


本に紹介がある「ザレ状の涸滝」がどれなのかはわからない。ここには滝があったような気がする。奥には治山ダム。右から越える。


ダムを越えると谷が右に曲がり、写真左奥のガレ場を登っていく。


ガレ場のようす。大小の岩屑が谷を埋めている。こうして見るとダムが必要なんだろう。先で3mほどの一枚岩を越える。


ここにも滝があったに違いない。しかしこんな有様で先にはまたもやダムが控える。右から越える。


手前で1つ治山ダムを越えて進んでいくとシダ類が現れる。しかしいずれも根元から人為的に倒されているようす。なぜだろう?誰かが管理しているのかな。


これも涸滝の1つか。右から巻いてもいいんだけど、倒木の中を強引に登る。


荊棘の藪を掻き分けて進むと峠が見える。地形図通りの綺麗な形の峠。F1支流に行かなかったので時間的にまだ余裕がある。さて、どうしよう。


当初はこの峠から天狗岩南尾根へ合流するつもりだったものの…峠から反対側へ下っていくことにした。が、どうもその先が切れてしまっている。壁に違いない。


少しばかり東へ尾根を進み、下れそうなところから谷筋へ向けて下ることにした。しかしどこもとんでもない崖で油断できない。

1

2

3

石楠花谷核心部を経て石楠花谷西尾根。天狗岩経由で炭ヶ谷西尾根を下り下谷上まで。前のページ

花山地獄谷東尾根を登って黒岩を探索後、摩耶山まで歩く。次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.79 蛇ヶ谷右岸にて。錨山散歩のついでに。…
  2. 学校林道へ神戸市境界石90号と93号を探しに行くが…2日連続…
  3. 神戸市境界石No.57 林田区境界を歩く。高取山から獅子ヶ池…
  4. 獅子ヶ池から神戸市区境界を追う。苅藻川を経由してひよどりごえ…
  5. 神戸市境界石No.72・75・77 平野谷西尾根から極楽谷経…

ナレッジ記事

  1. 記録に残したかった「十王山光明寺 閻魔堂」。
  2. 菊水山周辺についての下調べ。
  3. 摩耶山周辺の杉の固有名称、天上寺の千年杉などについて。
  4. 埋もれゆく美しい杣谷周辺の情景。過去と現在と。
  5. 遡行図記号をイラストレーターで作成し、遡行図を作ってみる。

ピックアップ記事

  1. 鍋蓋地獄谷左俣を登る。山頂経由で小部隧道南谷(仮称)を下り大…
  2. 北野遊歩道から桜谷川を下って苧川谷下流。布引ハーブ園へ登り紅…
  3. 北野背山 合の谷(合ノ谷川)を遡行する。
  4. 芦屋川支流ミツガシ谷を登る。黒越谷東尾根を下り奥池へ。観音山…
  5. 蛇谷北山南西の岩稜尾根を登り、南東尾根を下る。芦屋市最高峰周…
  1. 菊水・鍋蓋・再度

    学習の森から洞川キャンプ場を経て妙賀山へ登る。谷筋へ下り、北鈴蘭台駅まで。
  2. 布引・北野

    布引谷ルンゼの先で昭和初期の念仏碑に出会う。
  3. 布引・北野

    追谷川遡行。追谷墓園奥から市章山の脇を抜ける。浅間ヶ丘道を経て再度谷を下る。
  4. 摩耶

    岩屋瀧上流 婆谷(ばばだに)を登る。婆谷第二砂防堰堤はいつできるのかしら。
  5. 摩耶

    苧川谷の杉尾谷右俣の滝から南の尾根へスイッチ。東山尾根を下る。
PAGE TOP