摩耶

, , 0

摩耶山水道管巡り。水道管尾根を下り三枚岩の端を登る。新穂高北の谷を下り水道管谷を登る。


最初の渡渉地点を過ぎて左手の笹の茂みに錆びたフェンスがある。フェンスの中にあるのは摩耶ポンプ場跡。


これは「神戸市水道七十年史」のコピー。画像左端の三角が摩耶ポンプ場。そこから摩耶接合井まで1070m、150ミリ管が続いている。懸垂絶壁をはうように敷設された、この摩耶揚水管は六甲山上簡易水道の工事の中でも最大の難関だったそう。昭和35年10月には施工され、昭和36年の3月31日に完成したそうで、半年で完成したっていうのは驚きだ。
ちなみにいつ頃まで稼働していたのか気になっていたので、以前神戸市水道局に問い合わせをしていた。それによると

いつ頃まで稼働していたかにつきましては、当時の職員等が退職し定かではございませんが、昭和40年代前半までだと思われます。

とのことで、それだけ苦労して造った設備もわずかな期間しか稼働していなかったんだなぁ。なんだか悲しい。


ポンプ場跡から勢いで生田川まで下ってきた。水質は良くない。左岸からわずかに登ってシェール道に戻る。


徳川道からシェール道に入って二つ目の渡渉地点。ここから生田川を少しばかり上流へ進む。奥には小堰堤。右から越える。


堰堤を越えると川は北へ曲がる。写真右側には小さな沢があって、そこを登っていく。


2段の小滝が現れる。左を登るも泥でズリズリ…。なんとか進む。


続いて4m小滝。これも左をよじよじ登る。


なんとなく二俣。右へ進んでしまう。ここは左だったかな…。


進むとオーバーハングの6m岩壁。水がわずかに滴っている。今一写真ではようすが伝わらない。
滝状の両岸ともに岩壁が広がっていて抜けるのは無理。右から回り込んでいくことにした。これも失敗…。


覆いかぶさる岩壁…頻繁に崩れているであろう場所を巻いていく。今にも崩れそうでヒヤヒヤする。


岩壁を巻ききって登り始めると緑色鉄塔へ至る踏み跡に乗ってしまった。


このまま進むと新穂高西峰に至ってしまう。途中から踏み跡を左手へ離れて三枚岩方面へトラバース。


せめて写真の向こうに見えるリッジに行きたいのだが…滑ってしまったら奈落の底といった感じ。


結果三枚岩の端っこ。ここをよちよち登る無様な展開…。しかしそれはそれで気は抜けない。


とにかく登っていくと天狗岩場が頭上に迫る。三枚岩はこれで2回目。どうも狙ったルートを登れない。経験が足りないのでしようがないか。

1

2

3 4

摩耶山を天狗道から登る。道中謎の神戸市石柱を発見。前のページ

鷹尾山経由で荒地山。東お多福山からバス停に下る。次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.65 鵯越墓園西側の尾根筋にて。
  2. 神戸市境界石No.57 林田区境界を歩く。高取山から獅子ヶ池…
  3. 神戸市境界石No.93 学校林道 神戸港線一九鉄塔の南にて。…
  4. 神戸市境界石No.79 蛇ヶ谷右岸にて。錨山散歩のついでに。…
  5. 神戸市境界石No.82・87・96・97・98 黒岩尾根から…

ナレッジ記事

  1. 【神戸100年 写真集】明治以降の六甲山周辺の風景。
  2. 山行記録のルート表示方法をどうしようか…国土地理院地図は使い…
  3. 神戸市文書館企画展「近代神戸の開かれた六甲山」に行ってみる。…
  4. XperiaXZ1 Compactに機種変更 試し撮り+αで…
  5. 菊水山周辺についての下調べ。

ピックアップ記事

  1. 西山谷の支流を登る。右俣を3本経由して天狗岩へ。
  2. 水無谷東尾根から灰形山。太陽と緑の道を下って有馬温泉。
  3. 追谷川遡行。追谷墓園奥から市章山の脇を抜ける。浅間ヶ丘道を経…
  4. 日本の秘境100選No.064 瀞川渓谷をゆく。兵庫県美方郡…
  5. 仏谷を登って仏谷南尾根を下るという寄り道を経て、シラケ谷を登…
  1. 菊水・鍋蓋・再度

    石井ダムこもれび広場を探索。ドングリの森谷筋を登り、新鈴蘭台公園尾根を下る。
  2. 住吉・芦屋

    奥山精道線カーブNo.10から破線道の谷を行く。ゴロゴロ岳から六麓荘を経て苦楽園…
  3. 菊水・鍋蓋・再度

    鍋蓋地獄谷左俣を登る。山頂経由で小部隧道南谷(仮称)を下り大滝に出会う。
  4. 布引・北野

    廃道天神谷から支尾根に突入。五層燈籠と石碑群に出会う。
  5. 摩耶

    摩耶東谷弥生滝から溯行。行者滝手前の支流右俣を経て参詣道。
PAGE TOP