レク

0

裏滝道を歩いて布引の滝へ。旧生田川両岸の道路を歩いてみる。


見晴らし展望台から下って、雄滝茶屋方面への分岐を過ぎてすぐ、コンクリ道の右手に立派な踏み跡…というか道がある。尾根道のようでしっかりしている…しかし奥は柵で行き止まり。にしても古そうな道に見える。柵を越えて道なりに下ってみた。


地蔵尊のある東屋に下りついた。以前、(現在の)徳行院方面から登る道だったんじゃないだろうか?地蔵尊の裏手の道になっているし。


ここによくいる猫としばし絡んでおく。ご飯をくれないとわかったら冷たくされた。新神戸駅方面へコンクリの坂道を下っていく。


新神戸駅南、現生田川右岸に石碑「八部 菟原 両郡界生田川中央之標」がある。にしてもこのバイク…前も停まっていたな。


帰りの最後はフラワーロードを西に一本入った道を下ることにする。


加納町3丁目交差点の西側まで来た。


この交差点の中央付近、歩道橋の下に「史蹟 旧生田川阯」の石碑がある。なかなか近寄りがたい場所。


その傍らには昭和十三年の大水害の「水害復興記念碑」がある。少々読みづらくなっているけど、補足で横に説明板がある。さて、道の続きを下っていく。


T字路であっけなく道は終わってしまった。道なりに進めたとすると、阪急駅前のサンセット通りと生田新道が交わる地点、マツキヨがある道に繋がると思う。ここを右(西)に曲がる。


曲がった先は北野坂。ほんの数メートル南へ行くと右手に「八部 菟原 両郡界生田…」の石標がある。埋没している部分は先程の石標と同様のものなのだろうか。とすれば結構埋まってるな。都会の片隅でいつまで残るのやら。
今日は大半が街中歩き、「滝道」について何かしら痕跡はないものかと思ったけど、石標もなく「滝道ガレージ」という名称程度。「裏滝道」という愛称もそのうち忘れ去られてしまうんだろうか。少なくともこのブログには残しておこう。

1 2

3

新穂高三枚岩を登り、東峰コルから中谷を下る。三度目でも全体像が掴めず終わる。前のページ

須磨名水の森入口から天井川右俣。須磨アルプス馬の背を経て、東尾根を下る。次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.93 学校林道 神戸港線一九鉄塔の南にて。…
  2. 神戸市境界石No.69 菊水山駅東尾根(仮称)から菊水GCを…
  3. 神戸市境界石No.75・76 大師道から鍋蓋山へ。七三峠から…
  4. 獅子ヶ池から神戸市区境界を追う。苅藻川を経由してひよどりごえ…
  5. 神戸市境界石No.65 鵯越墓園西側の尾根筋にて。

ナレッジ記事

  1. 六甲山の砂防堰堤について思う。
  2. OSPREYバリアント37がリコール対象になる。2日後には新…
  3. イラストレーターとHTMLで摩耶_長峰山詳細登路図(仮)のク…
  4. トゥエンティクロス道標の表記がバラバラな件について調べてみた…
  5. 地蔵谷についての下調べ。

ピックアップ記事

  1. 法徳寺北尾根(仮称)から崩落現場の上へ。老婆谷を下って摩耶山…
  2. Black Rock Ridge 黒岩尾根由来の「黒岩」はど…
  3. 菊水第2ルンゼ(仮称→菊水北ルンゼ)を登る。菊水ルンゼ北の谷…
  4. 船坂橋から樅ノ木谷を登り船坂峠。細ヶ谷西尾根から細ヶ谷を下っ…
  5. 天上寺のヤマボウシを見に行く。摩耶東谷(旧道)の山腹道探索か…
  1. 須磨・長田・兵庫

    須磨と垂水の区界にある堺川を旗振山まで登り詰める。赤旗谷川を下るもゴルジュに阻ま…
  2. 菊水・鍋蓋・再度

    学習の森から洞川キャンプ場を経て妙賀山へ登る。谷筋へ下り、北鈴蘭台駅まで。
  3. 須磨・長田・兵庫

    天王谷インターチェンジ東西の尾根。梅元西尾根を経て天王谷IC、IC西の破線道から…
  4. 布引・北野

    追谷川遡行。追谷墓園奥から市章山の脇を抜ける。浅間ヶ丘道を経て再度谷を下る。
  5. 長峰

    長峰山東面 六甲川右岸の谷を登り下り。連続小滝手前で見落としたものを探しに。
PAGE TOP