レク

0

裏滝道を歩いて布引の滝へ。旧生田川両岸の道路を歩いてみる。


フロインドリーブを通過。左脇には歴史を刻んだ説明板がある。(Wikipediaはこちら) すぐ北に国体道路が横切っていて、それを渡ってさらに北へ。そして気になったのがコレ…


進むと周囲からふわっと浮いているというか、沈んでいるというか…「滝道ガレージ」。ここまで「滝道」を示すものは何も確認できなかったので唯一形として残っているもの。午前中にコレを見て、今日の歩く道を決めた次第。にしても、この道路の愛称が「裏滝道」っていうのもなんだかなぁと思う…。


フラワーロードが東へ曲がる地点に来た。道は左クラウンプラザホテルと右新神戸医療ゾーンが入るビルの間に続いている。


新神戸駅を奥に見る。裏滝道の終点がここか。直進できたとすると、新神戸駅下の道(いつもの登山道入口)に繋がるかたちになっている。


神戸市中央区の市バスのバス停でもマイナーな部類に入るであろう「新神戸駅前のりば」から新神戸駅構内を通過する。


新神戸駅を抜けて道が右に曲がる地点、以前は大きな案内図があったんだけど、新しい案内図は随分小さいな。よくよく見ていると天神谷東尾根なんてマイナー道以外にも左端に「城ヶ越岩場」の名称が確認できた。以前行ってみたものの…あんな忘れ去られた岩場が記載されているなんてねぇ。


雌滝まで来た。対岸の道路は通れないものの、その脇にはフェンスで囲まれ木柵で封じられた穴がある。弾丸列車や防空壕など色々あるもんだなぁ…その内歴史に埋もれていくんだろう。


水量豊富な雄滝。この角度が良い思う。この水量…上流が気になったので貯水池まで上がってみた。


五本松かくれ滝へ。「むかしの六甲・有馬」のP.64に「布引淺見の滝」と紹介がある。いつの間にやら名前が忘れられたんだろうか。ちなみにP.63に鼓ヶ滝があるんだけど、私の知っている滝姿と随分違うのが気になるところ。


水量が多いことが良く分かる。オーバーフローしているのはもちろん、奥の隧道からも激しい流れが見える。さて、時間は17:30。帰ることにする。

1

2

3

新穂高三枚岩を登り、東峰コルから中谷を下る。三度目でも全体像が掴めず終わる。前のページ

須磨名水の森入口から天井川右俣。須磨アルプス馬の背を経て、東尾根を下る。次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.59 獅子ヶ池東244.9mP付近にて。高…
  2. 神戸市境界石No.66 鵯越駅からイヤガ谷周辺。
  3. 獅子ヶ池から神戸市区境界を追う。苅藻川を経由してひよどりごえ…
  4. 長田区一里山町の山中にある境界杭について問い合わせる。
  5. 神戸市境界石No.48・49 高取山白川神社境内と安井茶屋 …

ナレッジ記事

  1. 遡行図記号をイラストレーターで作成し、遡行図を作ってみる。
  2. 【神戸100年 写真集】明治以降の六甲山周辺の風景。
  3. Image Map Proでひよどりキャニオン山行の簡易なイ…
  4. 忘れ去られた谷と岩場。六甲学院 山岳部誌「たきび」を紐解いて…
  5. トゥエンティクロス道標の表記がバラバラな件について調べてみた…

ピックアップ記事

  1. 裏六甲 中ノ谷を登りシュラインロードを下る。
  2. 住吉道から一部離れて川を溯行。本庄橋手前、森林管理道分岐から…
  3. 防火線尾根の現在。平野西尾根展望道(天王谷東尾根)を改めて歩…
  4. 裏紅葉谷 七曲滝の向こう側を見に。裏紅葉谷第二砂防ダムから左…
  5. 船坂橋から樅ノ木谷を登り船坂峠。細ヶ谷西尾根から細ヶ谷を下っ…
  1. 長峰

    長峰山東面 六甲川右岸の谷を登り下り。連続小滝手前で見落としたものを探しに。
  2. 長峰

    日没岩から日没東谷溯行。三国池から三国岩経由でアイスロードを下る。
  3. 裏六甲

    鍋谷ノ滝を経て桂ヶ谷支流の煙草谷を登る。
  4. 摩耶

    亀の滝第二砂防ダムの谷を登る。亀の滝もついでに見ておく。
  5. 菊水・鍋蓋・再度

    烏原貯水池放水路隧道を追う。ちりんちりんの滝から放水門まで。
PAGE TOP