菊水・鍋蓋・再度

0

鵯越墓園ハイキングコース。鵯越大仏から蛙岩、義経馬つなぎの松跡から高尾山へ。

2017年7月9日 日曜日。11:50起床。天気は冴えない。昨夜妻の実家から連絡があり、トマトが色づいているから取りにおいでとのこと。妻の実家は神戸市北区で、行くときは山を越えて行くことにしている。今日は天気が崩れそうなので、なるべく無理のない道を選択。まだ行っていない鵯越墓園内にある高尾山に行ってみることにした。


14:00 神鉄鵯越駅で下車。なんとも田舎な感じが好きな駅舎。駅自体は昭和3年開業ということだからなかなか古い駅。この時点で標高134m。


駅の改札を出て、右手の坂道を登っていく。鵯越駅周辺ハイキングマップがある。これを見ると鵯越墓園内にハイキング道が示されている。墓園ということで入って良いものか心配していたけど、これなら行っても良さそう。赤い星印で示されている「史跡 鵯越の碑」「蛙岩」「義経馬つなぎの松跡」には行ってみよう。もちろん大仏も!


道なりに進んで鵯越墓園の南門に来た。植え込みの中にあるのが「史跡 鵯越の碑」だ。


石碑の裏面に来た。「この道は摂播交通の古道で源平合戦のとき源義経がこの山道のあたりから一の谷へ攻め下ったと伝えられる」とある。しかし現在の一の谷へは道中、高取山や横尾山があるんだけど、その裏手から回り込んで鉄枴山まで行ったのかなぁ。左脇には廿六丁道標、どこからどこまでの二十六丁なんだろう?


入口脇にある注意案内看板に一応目を通す。やはりハイキングとして墓園に入ることは特に問題なさそうだ。


手前で「盆・彼岸墓参バスコース 停車ヶ所案内図」を確認したりしながらアスファルト道を進んできた。鵯越大仏展望台とあったので早速脇道に入る。


何回か遠くから見ていたものの間近で見るのは初めて。なんだか大きいものって威圧感があって怖い。曇天のせいもあるかも…。


大仏の裏へ回り込めるようになっていた。右腕には相合傘が!なんともはや…。展望台ということだけど、まだまだ標高は低く、手前に墓石もあるので撮影は遠慮する。


アスファルト道に戻って進んでいくと四叉路。この左手には水無池がある。錦鯉などが泳いでいた。写真左奥へ進んでいく。


ちょっと見落としそうになったけど、新芝生地区の左手に「蛙岩 入り口」の案内がひっそりとあった。


ハイキング道とは言え、ここまでは延々と続くアスファルト道。正直しんどかった。やっと山らしい道。


これが蛙岩ということらしい。六甲山で蛙岩といえば魚屋道にあるものだろうけど、こんなところにもあったんだなぁ。


反対側から撮ってみた。縦8m、横4mくらいの大きな岩。しかしどう見たら蛙に見えるかは謎。写真右手には下り方向に明瞭な踏み跡があったのでとりあえず行ってみることにした。

ページ:

1

2 3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.55・62 高取山一の宮道経由で獅子ヶ池を…
  2. 神戸市境界石No.57 林田区境界を歩く。高取山から獅子ヶ池…
  3. 獅子ヶ池から神戸市区境界を追う。苅藻川を経由してひよどりごえ…
  4. 神戸市境界石No.66 鵯越駅からイヤガ谷周辺。
  5. 神戸市境界石No.82・87・96・97・98 黒岩尾根から…

ナレッジ記事

  1. 正式二万分一地形図集成 関西 1892-1912でみる神戸市…
  2. 国土地理院電子国土Webで登山ルートマップを作る。山行記録の…
  3. 【神戸100年 写真集】明治以降の山本通周辺の風景。
  4. XperiaXZ1 Compactに機種変更 試し撮り+αで…
  5. 六甲山不法投棄とゴミ。神戸市環境局と六甲山美化協力会に問い合…

ピックアップ記事

  1. 摩耶ケーブル東の尾根から摩耶東谷を経て摩耶ロープウェー下の尾…
  2. 奥山精道線カーブNo.10から破線道の谷を行く。ゴロゴロ岳か…
  3. 横尾から須磨アルプス。展望ピークから下って天井川。栂尾山へ登…
  4. 二十渉堰堤下流の支沢から黒岩尾根を経て、掬星台へ至る。
  5. 坊主山西尾根をなるべく下から登る。油コブシ下で彷徨い、寒天山…
  1. 住吉・芦屋

    住吉川下流域遡行。ゴルジュ、滝、淵。住吉堰堤から小峰ヶ原砂防ダムまで。
  2. 遠征

    日本の秘境100選No.064 瀞川渓谷をゆく。兵庫県美方郡香美町村岡区
  3. 裏六甲

    鍋谷ノ滝を経て桂ヶ谷支流の煙草谷を登る。
  4. 須磨・長田・兵庫

    須磨名水の森入口から天井川右俣。須磨アルプス馬の背を経て、東尾根を下る。
  5. 布引・北野

    布引雄滝 五瀧不動尊の祠裏手から谷筋を登る。
PAGE TOP