西宮・宝塚

, , 2

赤子谷左俣でゴルジュを堪能。行者山から東観峰を経て北逆瀬台口へ下る。

2017年7月8日 土曜日。9:34起床。今週半ばにそこそこ雨があった。というわけで谷に行きたい。先週に引き続き宝塚方面へ。今日は妻と行くのでオーソドックスなコースを選択。一緒に行きたいと思っていた赤子谷に行くことにした。


11:31に阪急神戸三宮駅から普通電車に乗り、西宮北口駅で乗り換え、宝塚駅で下車。JRの普通電車に乗り換えて一駅、生瀬(なまぜ)駅で降りた。 宝塚駅から一駅でいきなりのいなk…独特の雰囲気に少々驚く。


12:27 駅前の「とまと」なる文具店兼パン屋さん。やっているのかいないのか…。いつか利用してみようと思う。

武庫川沿いに進み大多田橋を渡って左折し有馬方面へ向かう。水は綺麗な感じ。JRをくぐって道路沿いを歩いて行く。


「西宮テニスクラブ」と表示のある千都橋を渡り対岸へ。


橋を渡った先には石柱があって、そこには「西宝土地私道」と示されていた。西へ進む。


西へ進むとすぐに「まさよし橋」。なかなかユニークな名前。私道を歩かせてもらっているかたち…。橋の地点から左に曲がる。そこも私道の表示があった。大型車両は通行禁止らしい。


アスファルトの坂道を登っていくと右手にテニスクラブ、左手に「ビーコンパーク」なるベースボールスタジアムがあったので寄ってみた。少年野球をしていたMuscle的には懐かしい感じ。妻の方を見ると「早く戻って来ないかなぁ」といった感じだったので足早に戻る…。


ふと背後を見ると山が削られて悲惨な状態に。しかしそれはそれで必要な面もあるんだろうしどうしようもないこと。


West Hill 宝塚なる貸し農園チックなところからやや折り返すように舗装路を下る。写真右に停まっている車の奥にはフェンスがあった。気になるところ。多分私有地なんだろう。


写真右奥から下ってきた。再び折り返すようなかたち。妻は頭からお手製の虫除けスプレーを振りかけていた。これは以前、摩耶山にあるカフェ702で購入したハッカ油をレシピ通りに作ったものをスプレー容器に入れたもの。その効果は果たして…。さて赤子谷に入る。

ページ:

1

2 3 4 5

コメント

  1. 山道さん こんばんは〜

    コメントいただいたら、なるべく早く行かないと気がすまない性分。早速行ってきました。
    にしてもこのパノラマ写真本当に綺麗でびっくりします!たまりませんね…。
    グリグリして遊んでいます。

    いずれはカメラにもこだわってみたいところです。

  2. 早速、行者山東観峰ですか。私は9日にナガモッコクから行者山東観峰にいきました。ここからのバノラマは
    http://yamamichi.no-ip.com/krpano2013/panorama.html
    ここにあります。見てみてください。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.93 学校林道 神戸港線一九鉄塔の南にて。…
  2. 神戸市境界石No.46 高取台中学校北側の高取高層配水場の脇…
  3. 神戸市境界石No.48・49 高取山白川神社境内と安井茶屋 …
  4. 神戸市境界石No.79 蛇ヶ谷右岸にて。錨山散歩のついでに。…
  5. 神戸市境界石No.69 菊水山駅東尾根(仮称)から菊水GCを…

ナレッジ記事

  1. 六甲山の砂防堰堤について思う。
  2. 神戸市北区花山中尾台3丁目、阪神高速7号北神戸線下の「関係者…
  3. 次はどこへ行こうかな。「六甲摩耶再度山路圖」を見て計画をねり…
  4. 端折っていた写真も別の形で載せたい。Smart Slider…
  5. 山行記録のまとめ方改その2。地理院地図でルートのまとめを作成…

ピックアップ記事

  1. 天王谷川遡行、天王ダムを越えて鍋蓋地獄谷へ。ダム下流右岸に道…
  2. 北野背山 合の谷(合ノ谷川)を遡行する。
  3. Tenseien-Path 天清園道(湊山谷)・菊水山・城ヶ…
  4. 杣谷川支流貧乏川を登る。尾根を下って貧乏川支流を登り返してマ…
  5. 摩耶東谷弥生滝から溯行。行者滝手前の支流右俣を経て参詣道。
  1. 摩耶

    苧川谷の杉尾谷右俣の滝から南の尾根へスイッチ。東山尾根を下る。
  2. 布引・北野

    追谷川遡行。追谷墓園奥から市章山の脇を抜ける。浅間ヶ丘道を経て再度谷を下る。
  3. 摩耶

    法徳寺北尾根(仮称)から崩落現場の上へ。老婆谷を下って摩耶山史跡公園まで。
  4. 長峰

    日柳川右岸支流の三又谷を登る。
  5. 長峰

    岩ヶ谷右俣を最奥まで詰めてみる。ジェンガフォールとはこれいかに。
PAGE TOP