菊水・鍋蓋・再度

0

太子の森から錨山・市章山経由。久しぶりに神戸市立森林植物園のニホンカモシカに会いに行く。

2017年7月30日 日曜日。10:45起床。またもや薄曇り。梅雨開け以降カラッと晴れた天気の記憶があまりない。天気が微妙なので今日は森林植物園に行くことにした。久しぶりにニホンカモシカのようすを見たい。妻を誘って出発。


12:30過ぎに自宅を出発。異人館通りを西に進む。「海外移住と文化の交流センター」を過ぎて右手、再度DWへ入る。


写真手前右奥は追谷墓園。深道閣トンネル(闊天洞)の右手の階段を登って「太子の森」へ。


古そうな「案内見取図」これを見ると「“看”視小屋」があったみたい。多分そんなものは今は無いよなぁ。登り始めると「蜂に注意!スズメバチの巣があります」とあった。注意しよう。


これが記念碑。「天皇陛下御下賜金による植樹 平成二十九年三月」とあり、カエデが植えられていた。う〜ん、全体の見た目のバランス的にどうなんだ。個人的な思いだけど、こうしたものはやはり石に刻むほうが良いと思う。


ここまでは石階段が続いていて正直つらい。錨マークの錨山へ登っていく。


錨山展望台からの眺望。山から中央区を一望するならやはりここ。箱庭的な景観。来週8月5日は花火大会があり、ここは多分混むだろう。


ダリウス型風車の風力発電施設を過ぎて市章山へ向かう。


錨山から25mほど標高を上げて市章山。(下にある神戸のシンボルマークは全体像は良く見えない。)※市章について神戸市HPより引用

神戸の港は、もともと「扇港」とも呼ばれていました。また、「兵庫」と「神戸」のふたつの港が扇を並べたような形をしているという理由で、神戸の旧かな遣いである「カウベ」のカの字を図案化したものです。1907年(明治40年)5月に制定。


市章山から先はわずかに山道があるのみで、下るとすぐに再度DWへ行き着く。


DWを登っていく。(山道歩きをしたい場合は、市章山の取付きまで戻って、展望ルート(浅間ヶ丘道)へ進む道を要選択。)第二布引トンネルの換気竪坑へのトンネルの脇を通過する。再度DWをひたすら歩いていくことにした。

ページ:

1

2 3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.65 鵯越墓園西側の尾根筋にて。
  2. 神戸市境界石No.80 石柱の番号を確認しに高雄山へ。再度山…
  3. 神戸市境界石No.48・49 高取山白川神社境内と安井茶屋 …
  4. 神戸市境界石No.116・98・97・96・95・94・92…
  5. 神戸市境界石No.57 林田区境界を歩く。高取山から獅子ヶ池…

ナレッジ記事

  1. 廃道間近 命の道標「つうほうプレート ち 58-4」周辺につ…
  2. OSPREYバリアント37がリコール対象になる。2日後には新…
  3. 山行記録のまとめ方改その2。地理院地図でルートのまとめを作成…
  4. 国土地理院電子国土Webで登山ルートマップを作る。山行記録の…
  5. 六甲山の砂防堰堤について思う。

ピックアップ記事

  1. 布引谷ルンゼの先で昭和初期の念仏碑に出会う。
  2. 長峰山東面 六甲川右岸の谷を登り下り。連続小滝手前で見落とし…
  3. 日柳川右岸支流の三又谷を登る。
  4. 三森谷東尾根から再度谷の無名支流を下って大滝に出会う。
  5. 廃道一ヶ谷道を歩いてみる。六甲ケーブル下駅から山上駅まで。
  1. 住吉・芦屋

    五助東谷(仮称)を登って五助山。五助尾根右手の700mピークから下って水晶谷左俣…
  2. 住吉・芦屋

    芦屋川支流ミツガシ谷を登る。黒越谷東尾根を下り奥池へ。観音山から甲陽園まで。
  3. 摩耶

    摩耶東谷弥生滝から溯行。行者滝手前の支流右俣を経て参詣道。
  4. 長峰

    六甲川遡行。大土神社脇から入渓、都賀谷上流右俣から丁字ヶ辻まで登り詰める。
  5. 裏六甲

    猪ノ鼻滝上流右支、岩谷を登る。風呂ノ谷を下って有馬口まで。
PAGE TOP