菊水・鍋蓋・再度

0

太子の森から錨山・市章山経由。久しぶりに神戸市立森林植物園のニホンカモシカに会いに行く。


このあたりには「中国の詩人たち」などのオブジェが数点ある。


「友好の碑」1985年に神戸市と天津市の友好都市提携十周年を記念してつくられたもの。天津市との友好の象徴といえば、生田川公園にある連翼亭と百龍嬉水がメジャーかな。ここにもこうしたものがあるんだなぁ。脇には可愛らしい木が。


名前は「シダレエンジュ」。中国原産のマメ科の木だそう。夏真っ盛りが花期らしいけど残念ながら咲いていないようす。


ここまで来たので展望台も見ておくことにした。なんだかこれまでと違い怪しげな踏み跡。


案内板もイラスト調ではなく、イラストと地形図の中間のような感じ。


展望台まであと100m地点。すっかり山道という感じ。


なかなか立派な展望台。果たしてその展望はいかに。一応撮ってみたけど…なんともはや(黒岩尾根、ハーブ園、高雄山などがちょいちょい見えるのみ)。これだけの資材を運んで造った割に…。さてシアトルの森まで戻って正門方面へ。


あじさい園分岐を過ぎて進んでいく。左手には傾いているものの、それはそれは立派なダイオウマツ。威厳があって素晴らしい。


今日はこれを食べるためにここまで来た。ル・ピック名物のソフトクリーム。コクのある甘さの割にあっさり。やはりうまい。お一つをわけわけする。ミルクたっぷりのカフェオレも。ミルクが濃くてこれもかなりイケる。
さて、16:00発の市バス25系統で三宮へ戻る。(日曜の最終便は市バスが16:30発、鈴蘭台駅への送迎バスが16:50発)


ところで、大竜寺(正式には大龍寺)BSの表示が「たいりゅうじ、Tairyuji Temple」に正されていた。以前は「Dairyuji」になっていて、問い合わせていた。意外に一市民の声って届くんだなぁ。

今日は久しぶりにニホンカモシカに会えて満足。

1 2

3

天王谷西尾根から草谷川を経て鍋蓋山鉄塔巡視路を登り返す。鍋蓋北道から水呑まで。前のページ

岩ヶ谷右俣を最奥まで詰めてみる。ジェンガフォールとはこれいかに。次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.59 獅子ヶ池東244.9mP付近にて。高…
  2. 神戸市境界石No.55・62 高取山一の宮道経由で獅子ヶ池を…
  3. 神戸市境界石No.75・76 大師道から鍋蓋山へ。七三峠から…
  4. 神戸市境界石No.82・87・96・97・98 黒岩尾根から…
  5. 神戸市境界石No.48・49 高取山白川神社境内と安井茶屋 …

ナレッジ記事

  1. 忘れ去られた谷と岩場。六甲学院 山岳部誌「たきび」を紐解いて…
  2. 遡行図記号をイラストレーターで作成し、遡行図を作ってみる。
  3. 山に行けないので、家に篭って本を読む。関西周辺の谷、生と死の…
  4. 菊水山周辺についての下調べ。
  5. 六甲山の砂防堰堤について思う。

ピックアップ記事

  1. 【古道を歩こう】山田道をできるだけ忠実に辿ってみる。上谷上か…
  2. 石井川上流 開ヶ谷を登る。ガーデンレストラン風舎から清水谷を…
  3. トゥエンティクロス高雄山砂防ダム上流、河童橋奥の谷から黒岩尾…
  4. 苧川西谷西道はやはり廃道か。
  5. 天王谷インターチェンジ東西の尾根。梅元西尾根を経て天王谷IC…
  1. 住吉・芦屋

    芦屋川下流域遡行。知らなかった滝群に出会う。弁天滝で遡行を中断。
  2. 須磨・長田・兵庫

    須磨名水の森入口から天井川右俣。須磨アルプス馬の背を経て、東尾根を下る。
  3. 摩耶

    摩耶東谷弥生滝から溯行。行者滝手前の支流右俣を経て参詣道。
  4. 長峰

    昭和13年の水害で流れた表六甲ドライブウェイ旧道を経て、六甲小槍を登る。
  5. 裏六甲

    水無谷東尾根から灰形山。太陽と緑の道を下って有馬温泉。
PAGE TOP