菊水・鍋蓋・再度

0

太子の森から錨山・市章山経由。久しぶりに神戸市立森林植物園のニホンカモシカに会いに行く。


市章山からDWを歩いて左手、ここから山道に入れる。が、変わらずDW歩きを続ける。ここの他、堂徳山、二本松から山道に入れるものの、いずれもスルー。


市章山から先、修法ヶ原池までDWを歩いてきた。虫が少ないかと思いきや、それなりに多くやはり不快だった。修法ヶ原池の東「下池」を左に見ながらバス停まで進む。


バス停で待つこと10分、14:37発の25系統のバスがやや遅れてやってきた。森林植物園まで歩くのもしんどいのでバスに乗る。1時間に1本程度と本数が少ないのでタイミングが重要。


5分程度の区間@160円×2。森林植物園西口で下車。西門から大人一人300円で入園。


昭和48年7月にできたという青葉トンネルを通過。ひんやり涼しくて気持ちいいなぁ。このあとカモシカ園へ進む。


妻が「まやちゃ〜ん!」と無邪気に手を振っている。が、残念かなこれはH27年5月生まれの「さつき」ちゃん。「何事か!?」とこちらのようすを伺う。来園はH28年3月。去年の7月と8月にここに来ていたけど、その時はまだ公開されていなかったのね。


フェンス越しに逢瀬を重ねているであろうカモン君(12)とさつきちゃん(2)。まや姐さん(26)とはそんなことしてなかったよね。(※さつきの生まれ年についてH28.5と誤表示があるので注意したい。来園年とごっちゃになっている。)


まや姐さんは以前より広いエリアに移されていて、人前からも少々避けられているようす。なんだかそれはそれで寂しい気がする。ちなみにまや姐さんは森林植物園生まれ、カモン君は京都市立動物園から、さつきちゃんは山梨県から。やっぱりまや姐さんは貫禄が違うね。


さてカモシカ園を後にして、長谷池の脇を抜けて、シアトルの森・天津の森方面へ行ってみることにした。


一際目を引くトーテム・ポールがあった。これは「海の灰色熊(“Sea Bear ”Gonagadet)」。

その昔、インディアンが飢えていたときに、ある若者が灰色熊を捕らえ、その皮を剥ぎ、その毛皮を着ると超能力を発揮することができました。
そしてアザラシやクジラまで捕らえ、食糧難から村人を救ったという伝説があります。
このトーテム・ポールは昭和50年10月にシアトル市から神戸市のこのシアトルの森に、友好のために贈られてきたものです。

なんのこっちゃかよくわかんないけど、とにかく謂れがあるもののようす。

神戸市と シアトル市の友好のきずなが この森の生長とともに 更に 固く結ばれることを願いつつ
May our ties of friendship between Kobe and Seattle become stronger as the forest grows!


さて、天津の森へ向かう。

1

2

3

天王谷西尾根から草谷川を経て鍋蓋山鉄塔巡視路を登り返す。鍋蓋北道から水呑まで。前のページ

岩ヶ谷右俣を最奥まで詰めてみる。ジェンガフォールとはこれいかに。次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.80 石柱の番号を確認しに高雄山へ。再度山…
  2. 神戸市境界石No.55・62 高取山一の宮道経由で獅子ヶ池を…
  3. 神戸市境界石No.66 鵯越駅からイヤガ谷周辺。
  4. 学校林道へ神戸市境界石90号と93号を探しに行くが…2日連続…
  5. 神戸市境界石No.69 菊水山駅東尾根(仮称)から菊水GCを…

ナレッジ記事

  1. 神戸市文書館企画展「近代神戸の開かれた六甲山」に行ってみる。…
  2. 山行記録のまとめ方改その2。地理院地図でルートのまとめを作成…
  3. トゥエンティクロス道標の表記がバラバラな件について調べてみた…
  4. 市バス25系統停留所の名称について問い合わせる。だいりゅうじ…
  5. 菊水山周辺についての下調べ。

ピックアップ記事

  1. 須磨名水の森入口から天井川右俣。須磨アルプス馬の背を経て、東…
  2. 石井川上流 開ヶ谷を登る。ガーデンレストラン風舎から清水谷を…
  3. 天上寺のヤマボウシを見に行く。摩耶東谷(旧道)の山腹道探索か…
  4. 高橋川水系 要玄寺川(中野村谷川)遡行。阪神深江から薬科大脇…
  5. Tenseien-Path 天清園道(湊山谷)・菊水山・城ヶ…
  1. 住吉・芦屋

    高橋川水系 要玄寺川(中野村谷川)遡行。阪神深江から薬科大脇を抜けてドブ返し池ま…
  2. 布引・北野

    布引谷ルンゼの先で昭和初期の念仏碑に出会う。
  3. 裏六甲

    船坂橋から樅ノ木谷を登り船坂峠。細ヶ谷西尾根から細ヶ谷を下ってエデンの園へ至る。…
  4. 布引・北野

    北野背山 合の谷(合ノ谷川)を遡行する。
  5. 住吉・芦屋

    西山谷の支流を登る。右俣を3本経由して天狗岩へ。
PAGE TOP