菊水・鍋蓋・再度

0

太子の森から錨山・市章山経由。久しぶりに神戸市立森林植物園のニホンカモシカに会いに行く。


市章山からDWを歩いて左手、ここから山道に入れる。が、変わらずDW歩きを続ける。ここの他、堂徳山、二本松から山道に入れるものの、いずれもスルー。


市章山から先、修法ヶ原池までDWを歩いてきた。虫が少ないかと思いきや、それなりに多くやはり不快だった。修法ヶ原池の東「下池」を左に見ながらバス停まで進む。


バス停で待つこと10分、14:37発の25系統のバスがやや遅れてやってきた。森林植物園まで歩くのもしんどいのでバスに乗る。1時間に1本程度と本数が少ないのでタイミングが重要。


5分程度の区間@160円×2。森林植物園西口で下車。西門から大人一人300円で入園。


昭和48年7月にできたという青葉トンネルを通過。ひんやり涼しくて気持ちいいなぁ。このあとカモシカ園へ進む。


妻が「まやちゃ〜ん!」と無邪気に手を振っている。が、残念かなこれはH27年5月生まれの「さつき」ちゃん。「何事か!?」とこちらのようすを伺う。来園はH28年3月。去年の7月と8月にここに来ていたけど、その時はまだ公開されていなかったのね。


フェンス越しに逢瀬を重ねているであろうカモン君(12)とさつきちゃん(2)。まや姐さん(26)とはそんなことしてなかったよね。(※さつきの生まれ年についてH28.5と誤表示があるので注意したい。来園年とごっちゃになっている。)


まや姐さんは以前より広いエリアに移されていて、人前からも少々避けられているようす。なんだかそれはそれで寂しい気がする。ちなみにまや姐さんは森林植物園生まれ、カモン君は京都市立動物園から、さつきちゃんは山梨県から。やっぱりまや姐さんは貫禄が違うね。


さてカモシカ園を後にして、長谷池の脇を抜けて、シアトルの森・天津の森方面へ行ってみることにした。


一際目を引くトーテム・ポールがあった。これは「海の灰色熊(“Sea Bear ”Gonagadet)」。

その昔、インディアンが飢えていたときに、ある若者が灰色熊を捕らえ、その皮を剥ぎ、その毛皮を着ると超能力を発揮することができました。
そしてアザラシやクジラまで捕らえ、食糧難から村人を救ったという伝説があります。
このトーテム・ポールは昭和50年10月にシアトル市から神戸市のこのシアトルの森に、友好のために贈られてきたものです。

なんのこっちゃかよくわかんないけど、とにかく謂れがあるもののようす。

神戸市と シアトル市の友好のきずなが この森の生長とともに 更に 固く結ばれることを願いつつ
May our ties of friendship between Kobe and Seattle become stronger as the forest grows!


さて、天津の森へ向かう。

1

2

3

天王谷西尾根から草谷川を経て鍋蓋山鉄塔巡視路を登り返す。鍋蓋北道から水呑まで。前のページ

岩ヶ谷右俣を最奥まで詰めてみる。ジェンガフォールとはこれいかに。次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.93 学校林道 神戸港線一九鉄塔の南にて。…
  2. 長田区一里山町の山中にある境界杭について問い合わせる。
  3. 獅子ヶ池から神戸市区境界を追う。苅藻川を経由してひよどりごえ…
  4. 神戸市境界石No.72・75・77 平野谷西尾根から極楽谷経…
  5. 神戸市境界石No.48・49 高取山白川神社境内と安井茶屋 …

ナレッジ記事

  1. 廃道間近 命の道標「つうほうプレート ち 58-4」周辺につ…
  2. Image Map Proでひよどりキャニオン山行の簡易なイ…
  3. 【神戸100年 写真集】明治以降の山本通周辺の風景。
  4. 遡行図記号をイラストレーターで作成し、遡行図を作ってみる。
  5. 正式二万分一地形図集成 関西 1892-1912でみる神戸市…

ピックアップ記事

  1. 菊水第2ルンゼ(仮称→菊水北ルンゼ)を登る。菊水ルンゼ北の谷…
  2. 苧川谷の杉尾谷右俣の滝から南の尾根へスイッチ。東山尾根を下る…
  3. 夙川水系どんどん川。六麓荘の橋巡りを経てユルギ谷を登る。
  4. 天狗峡からトゥエンティクロス。二十渉堰堤上流支沢から黒岩尾根…
  5. 青谷川支流の婆谷左俣を登る。途中の大滝に寄り道。
  1. 摩耶

    二十渉堰堤下流の支沢から黒岩尾根を経て、掬星台へ至る。
  2. 摩耶

    摩耶東谷深谷第4堰堤手前から支尾根へ。旧道跡かも知れない水平道を辿る。
  3. 裏六甲

    【古道を歩こう】山田道をできるだけ忠実に辿ってみる。上谷上から森林植物園内へ。
  4. 須磨・長田・兵庫

    須磨名水の森入口から天井川右俣。須磨アルプス馬の背を経て、東尾根を下る。
  5. レク

    北野遊歩道から桜谷川を下って苧川谷下流。布引ハーブ園へ登り紅葉の茶屋へ下る。
PAGE TOP