レク

0

実家への小旅行 岡山県総社市 吉備路風土記の丘。備中国分寺周辺を散策する。

2018年3月4日 日曜日。前日は実家で楽しい時間を過ごして、よく食べよく飲んだ。お腹がもったりしているので朝食後腹ごなしに散歩に行くことにした。Muscle実家からすぐのところに吉備路風土記の丘というしっかり整備された、サイクリングや散歩にうってつけの場所がある。


家を出発してすぐ吉備路に入る。今日は完全に普段着。まずは備中国分尼寺跡に立ち寄ることにした。


たくさんある説明板でしか窺い知ることはできないけど、大層立派な尼寺だったようす。礎石などの遺構がわずかにあるのみ。


旧山手村役場。これが村の役場だったなんてねぇ。それにしても可愛らしい建物だ。


総社吉備路文化館前にて。各種の展示物を見たのは子供の頃でまったく記憶にない。行ってみたいものの、ゆっくり見たいのでまた今度。休館日は月曜・年末年始となっている。


こうもり塚古墳に寄っていく。ちと来る季節を間違えたか…。ここは裏手なのでぐるっと回って正面へ。


石室に入ることができる。玄室の石棺はどうも近年のものに見えるんだけど、どうなんだろう。


サイクリング道脇には菜の花畑。奥には昨日登った福山が見えている。昭和61年からこっち、毎年4月29日には「れんげ祭」が行われていて、その季節に来るのも良いかもしれない。


白梅越しの五重塔。満開にはもう少しか。ほんのりいい香りがする。


備中国分寺境内に入る。鐘楼が立入禁止になっている…。除夜の鐘はついたことがあったけどなぁ。今はだめなのかなぁ。


国分寺の外にもお茶ができるところがあるんだけど、境内には「くろひめ亭」という休憩所がある。土産物の他、店内では簡単なドリンクなどを楽しめるみたい。


五重塔の勇姿。東の方に夕日の撮影スポットがあって、よくカメラマンを見かける。


国分寺をあとにして、サイクリング道を西へ。奥には作山古墳が見えている。田植えの時期は壮観だろう。自宅からおよそ3km先にある農マル園芸に向かう。


ここは地元の作物や草花、飲食スペースもあって駐車場が埋まるくらいの人気スポットみたい。総社市山手(旧山手村)も賑やかになったもんだ。新規の転入者が増えているようで、山手小学校の児童が校舎から溢れているんだって。プレハブ校舎なんだとか。


農マル園芸でお目当ての「あたご梨」を買う。この味はなんていったら良いのか、とにかく旨い!そして大きい!しかし微妙に高い…。ぜひみなさんにも食べてもらいたい逸品です。
その他いろいろ買い物を済ませ、実家に戻り昼ごはんを食べて(旅って食べてばっかよね)、神戸に戻る。一泊二日のMuscle実家への小旅行。妻が楽しんでくれたようでなにより。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.57 林田区境界を歩く。高取山から獅子ヶ池…
  2. 神戸市境界石No.48・49 高取山白川神社境内と安井茶屋 …
  3. 神戸市境界石No.55・62 高取山一の宮道経由で獅子ヶ池を…
  4. 神戸市境界石No.72・75・77 平野谷西尾根から極楽谷経…
  5. 神戸市境界石No.88 天狗道から掬星台へ。

ナレッジ記事

  1. 摩耶山周辺の杉の固有名称、天上寺の千年杉などについて。
  2. Image Map Proでひよどりキャニオン山行の簡易なイ…
  3. 国土地理院電子国土Webで登山ルートマップを作る。山行記録の…
  4. 【神戸100年 写真集】明治以降の布引周辺の風景。
  5. 山に行けないので、家に篭って本を読む。関西周辺の谷、生と死の…

ピックアップ記事

  1. 地蔵谷の大滝左岸支谷から天狗道を経て黒岩尾根の支尾根を登り返…
  2. 日柳川左岸の山小屋跡を見に行く。山小屋跡から支流を登る。
  3. 追谷川遡行。追谷墓園奥から市章山の脇を抜ける。浅間ヶ丘道を経…
  4. 灘区六甲山町南六甲の崩落斜面を見に行く。前ヶ辻谷上流右俣から…
  5. 青谷川支流の婆谷左俣を登る。途中の大滝に寄り道。
  1. 布引・北野

    布引雄滝 五瀧不動尊の祠裏手から谷筋を登る。
  2. 布引・北野

    布引貯水池周遊。貯水池北西にあるササ谷を抜け再度東谷鉄塔巡視路。布引谷から下山。…
  3. 西宮・宝塚

    見返り岩から丁字ヶ滝を経て丁字谷を登る。
  4. 布引・北野

    廃道天神谷から支尾根に突入。五層燈籠と石碑群に出会う。
  5. 住吉・芦屋

    坊主山西尾根をなるべく下から登る。油コブシ下で彷徨い、寒天山道で山上駅まで。
PAGE TOP