遠征

0

GW前半は都合1泊2日で北アルプスへ。日帰りでピラミッドピークまで。環水平アークのおまけ付き。


8:45くらいに西穂高口駅に到着し登山道に入る。駅の標高は2,156mで、とりあえずの目標である独標2,701mまでは標高差650mほど。累積もほとんど変わらないと思うので、摩耶山掬星台に登るのと大差ない。とりあえずアイゼンはこの時点では着けずに進む。
それにしても昨年12月に来た時より雪が多いなぁ。


昨日は吹雪いていたと言うし、まったく冬山の様相。良い雰囲気。


西穂高岳を見る。行けるかどうかは随時の判断で本峰まで行くのが一応最終目標。独標まではマスト。


しばらく緩やかな道なんだけど、西穂山荘手前はまぁまぁの傾斜。暑くなるので手前で1枚脱いでおくよう兄に言われるが「ほんまかいな」と訝しんでいると案の定汗ダラダラ…。こういうことは先人の知恵に素直に従うべきだということをこのあとも知ることになる。


急登の途中、白山連峰を見る。さすが霊峰と言われるだけあって、存在感は抜群。


9:40頃に西穂山荘に到着。ストックをデポしてアイゼンを装着。さらに西穂高岳山頂直下での確保を考え、ここでハーネスも着けておく。


稜線を左前方に見ながら登っていく。おお!これがハイマツかぁ。2年前の槍ヶ岳では近くで見ることはなかったので、(経験者にとってはこんな当たり前のことも)少々嬉しい。


うーむ、それにしても良い景色。近いようで遠い山頂。


程なくして丸山に到着。奥に見えるのは笠ヶ岳。いつか行ってみたいなと思う。

緩い登りが続く。普段見ている六甲と山の大きさが違うのでもう一つ距離感が掴みにくい。楽勝に思うもなんだかやたらと遠いな…。


ダラダラと登っている…と!空を見上げると環水平アークが!初めて見ましたよ!


霞沢岳方面、彩雲が一際鮮やか!良いものが見れたなぁ。


というわけで、兄にモデルになってもらって1枚記念写真。さて、先に進みましょ。

1

2

3 4

トゥエンティクロス高雄山砂防ダム上流、河童橋奥の谷から黒岩尾根P606。地蔵谷を経て掬星台。前のページ

黒岩尾根登山道整備工事後の黒岩尾根を歩いてみる。「悪路」の表示よ、さようなら。次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.79 蛇ヶ谷右岸にて。錨山散歩のついでに。…
  2. 獅子ヶ池から神戸市区境界を追う。苅藻川を経由してひよどりごえ…
  3. 神戸市境界石No.50・56 平和台自動車学院西の尾根から高…
  4. 神戸市境界石No.82・87・96・97・98 黒岩尾根から…
  5. 神戸市境界石No.72・75・77 平野谷西尾根から極楽谷経…

ナレッジ記事

  1. 【神戸100年 写真集】明治以降の六甲山周辺の風景。
  2. 【神戸100年 写真集】明治以降の山本通周辺の風景。
  3. 山に行けないので、家に篭って本を読む。関西周辺の谷、生と死の…
  4. 神戸市灘区の西郷川から青谷川そして老婆谷。その起点と終点につ…
  5. 山行記録のまとめ方。Google ストリートビューで360°…

ピックアップ記事

  1. 北野背山 合の谷(合ノ谷川)を遡行する。
  2. 昭和13年の水害で流れた表六甲ドライブウェイ旧道を経て、六甲…
  3. 【古道を歩こう】山田道をできるだけ忠実に辿ってみる。上谷上か…
  4. 楽生公園から上野道経由で掬星台。桜谷を下り、徳川道を経て摩耶…
  5. 東山崩落斜面がどうなっているのか確認。西谷川(狐西谷)支流を…
  1. 布引・北野

    北野背山 合の谷(合ノ谷川)を遡行する。
  2. 摩耶

    杣谷道支沢を登り寒谷南尾根から谷筋を下り寒谷滝。摩耶第四砂防ダム上流支沢を登る。…
  3. 長峰

    昭和13年の水害で流れた表六甲ドライブウェイ旧道を経て、六甲小槍を登る。
  4. 菊水・鍋蓋・再度

    三森谷東尾根から再度谷の無名支流を下って大滝に出会う。
  5. 住吉・芦屋

    住吉道から一部離れて川を溯行。本庄橋手前、森林管理道分岐から廃道田辺谷を登る。
PAGE TOP