摩耶

0

黒岩尾根登山道整備工事後の黒岩尾根を歩いてみる。「悪路」の表示よ、さようなら。

2019年5月2日 木曜日。10:00起床。冴えない天気が続く。とはいえ、GW前半の山行から筋肉痛が続いていたのである意味好都合。ようやく痛みが取れてきた+天気も悪くはないので山歩きに行く。
4月20日の山行への「山歩きさん」からのコメントで黒岩尾根が整備されたことを知った次第。行ってみて自分が何を感じるか、それも楽しみなところなので早速行ってみることにした。


いつものように端折らずに今日は下からしっかり歩いてみたい。新神戸駅をくぐって進む。河原ではBBQが行われていた。


滝までは観光客もたくさんで、下山してきた登山の人、普段着の人、カップル、子連れの家族などなど。


布引の滝、貯水池などを過ぎて進んでいくこと紅葉の茶屋。そこには看板犬のクロちゃんがいる。相変わらず賢いワンコ。


市ヶ原を過ぎていくと、布引登山会管理の場所なのか、広場のところにサバトラがいる。やや痩せたみたい。去勢はされているね。


これから登る黒岩尾根を見る。一体どうなっていることやら。


天狗道、地蔵谷の分岐を見送って進んでいくと黒岩尾根の取り付き。通しであるくのは本当に久しぶりだ。


取り付き部分のわずかな九十九折を過ぎると早速擬木の丸太階段が現れる。しかも2段積み…。改めて調べてみると「黒岩尾根登山道整備工事」というものが行われて、設置された階段工は353段なんだとか。天狗道より多いんじゃないか…。930万円もかけてやる必要があったのかしら?


とはいえ、階段のない部分ももちろんある。従来の黒岩尾根のイメージって(語弊があるかもしれないけれど)こうした男らしい感じ。


崩れ気味なのはずっと感じていたし、それはそれで天狗道ほど歩かれているわけではないので「アリ」だろうと思っていたものの…


土嚢まで設置されて徹底的に整備したみたい。


なんだか少し寂しい気もするし、山(登山道)を守るという意味では理解できなくもないし…。しかし結局数十年後山のゴミになっていくのが目に見える。


黒岩尾根の名物ともいえそうな急登部分も階段で埋め尽くされてしまった。下りは随分楽になったことだろうと思う。滑りやすい斜面はそれはそれで面白かったんだけど…。


色々とモヤモヤを感じながら可愛らしい細道を抜けていく。


途中登山道の脇に入って560mPに立ち寄ってしばし休憩。今日のゴールは掬星台の予定。

1

2 3

GW前半は都合1泊2日で北アルプスへ。日帰りでピラミッドピークまで。環水平アークのおまけ付き。前のページ

広島県尾道市 千光寺のくさり山(石槌山鎖修行場)から八畳岩136.5m。倉敷市児島から尾道への旅。次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.82・87・96・97・98 黒岩尾根から…
  2. 学校林道へ神戸市境界石90号と93号を探しに行くが…2日連続…
  3. 神戸市境界石No.73・74 七三峠から極楽谷周辺。三森谷か…
  4. 神戸市境界石No.67・71 イヤガ谷東尾根3本鉄塔手前と菊…
  5. 神戸市境界石No.59 獅子ヶ池東244.9mP付近にて。高…

ナレッジ記事

  1. 廃道間近 命の道標「つうほうプレート ち 58-4」周辺につ…
  2. 六甲山でのドローン撮影について神戸市に問い合わせた結果。
  3. トゥエンティクロス道標の表記がバラバラな件について調べてみた…
  4. 六甲山不法投棄とゴミ。神戸市環境局と六甲山美化協力会に問い合…
  5. 【神戸100年 写真集】明治以降の六甲山周辺の風景。

ピックアップ記事

  1. 新市ヶ原砂防ダム上流の支沢から高雄山へ。鶏鳴橋跡へ下り、世継…
  2. 阪急岡本から八幡谷遡行。ハブ谷を詰めて横ノ池の雌池まで。
  3. 【古道を歩こう】山田道をできるだけ忠実に辿ってみる。上谷上か…
  4. 六甲川遡行。大土神社脇から入渓、都賀谷上流右俣から丁字ヶ辻ま…
  5. 東山崩落斜面がどうなっているのか確認。西谷川(狐西谷)支流を…
  1. 摩耶

    地蔵谷の大滝左岸支谷から天狗道を経て黒岩尾根の支尾根を登り返す。
  2. 摩耶

    木ノ袋谷 右岸支沢を登って寒谷北尾根608ピークを経て掬星台に至る。
  3. 布引・北野

    布引雄滝 五瀧不動尊の祠裏手から谷筋を登る。
  4. 住吉・芦屋

    岡本 大谷川(西天上谷)遡行。新池を経て打越山まで。
  5. 摩耶

    摩耶東谷弥生滝から溯行。行者滝手前の支流右俣を経て参詣道。
PAGE TOP