六甲の谷

  1. 布引・北野

    , 0

    新市ヶ原砂防ダム上流の支沢から高雄山へ。鶏鳴橋跡へ下り、世継山へ登る。

    2016年5月5日こどもの日。前日は遠出したので、今日は近場。宿題を済ませるべく山に行く。新神戸駅の裏、丸山には鯉のぼりが舞っていた。新神戸駅下はB…

  2. 摩耶

    , 0

    二十渉堰堤下流の支沢から黒岩尾根を経て、掬星台へ至る。

    2016年5月1日日曜日。11:00に起床し、RIKIのくるみ入りアンパンとカフェオレで覚醒。13:00出発。新神戸駅へ向かう。4月29日の山行でやり残したこと…

  3. 菊水・鍋蓋・再度

    , 0

    三森谷東尾根から再度谷の無名支流を下って大滝に出会う。

    2016年4月30日土曜日。午前からの仕事を終えて帰宅後、随分遅いけど、16時に自宅を出発。山に向かう。北野通を西に進んで、関西ユダヤ教団の施設を右…

  4. 摩耶

    , , 0

    天狗峡からトゥエンティクロス。二十渉堰堤上流支沢から黒岩尾根を経て掬星台へ至る。

    2016年4月29日 金曜日。10:00起床。RIKIのシナモンミルクとカフェオレで目覚める。寝ている間に妻は元町まで出かけていたようだ。シナモンミルク…旨すぎ…

  5. 布引・北野

    , 0

    北野谷から布引貯水池周遊。貯水池西にある奥サブ谷から浅間ヶ丘道まで歩く。

    2016年4月24日日曜日。12:05起床。昨夜のお酒が抜けていない…。さて昨日の山行の折、行きそびれてしまった谷(比較的広めの谷筋)に行ってみる。…

  6. 布引・北野

    , , 2

    布引貯水池周遊。貯水池北西にあるササ谷を抜け再度東谷鉄塔巡視路。布引谷から下山。

    2016年4月23日土曜日。今日は10時に起床。パンやきどころ RIKIのぶどうパンとカフェオレで休日の朝を楽しむ。外は曇り空。お昼を過ぎた頃に山に向かう。…

  7. 摩耶

    , , , 2

    東山崩落斜面がどうなっているのか確認。西谷川(狐西谷)支流を登り、東山尾根を下る。

    2016年4月17日日曜日。起きたら13:46。どこか体がおかしいんじゃないかしら…。どうも起きれなくなってきた。ヤマレコは今週もお休み…。IPATで皐月賞をお…

  8. 布引・北野

    , 0

    布引雄滝 五瀧不動尊の祠裏手から谷筋を登る。

    2016年4月10日日曜日。今日は昨日の疲れもあってか、起きたら12:56。外は生憎の曇り空。山へ行こうか行くまいか、迷いながらも準備を整える。今日はあとに予定…

  9. 布引・北野

    0

    相も変わらず布引谷で遊ぶ。親鸞上人像と布引谷支流の滝と。

    2016年4月3日日曜日。風邪を引いてしまって、起きたのは昼過ぎ。薬はもとより横向きになったり、マスクをしたりするんだけど、咳き込んでまともに寝付けない。思えば…

  10. 布引・北野

    , , 8

    布引谷ルンゼの先で昭和初期の念仏碑に出会う。

    2016年3月27日日曜日。今日は朝から一頓挫あって予定が狂ってしまった。お昼前から短い時間だけど山に行く。こんな時のためのルート、今日はそのうちの1つを消化し…

  11. レク

    , , 6

    北野遊歩道から桜谷川を下って苧川谷下流。布引ハーブ園へ登り紅葉の茶屋へ下る。

    2016年3月19日土曜日。前日の深酒から起きたら13時45分。どうせ雨でしょ…ってことで起きる気もなく寝たいだけ寝てしまった。家から外を見ると堂徳山にはガスが…

AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

最近の記事

神戸市境界石

ナレッジ記事

  1. 地蔵谷についての下調べ。
  2. 【神戸100年 写真集】明治以降の六甲山周辺の風景。
  3. Image Map Proでひよどりキャニオン山行の簡易なイ…
  4. 六甲山の砂防堰堤について思う。
  5. 神戸市灘区の西郷川から青谷川そして老婆谷。その起点と終点につ…

ピックアップ記事

  1. 裏六甲

    船坂橋から樅ノ木谷を登り船坂峠。細ヶ谷西尾根から細ヶ谷を下ってエデンの園へ至る。…
  2. 摩耶

    楽生公園から上野道経由で掬星台。桜谷を下り、徳川道を経て摩耶別山へ登り返す。
  3. 長峰

    六甲川遡行。大土神社脇から入渓、都賀谷上流右俣から丁字ヶ辻まで登り詰める。
  4. 裏六甲

    裏紅葉谷 七曲滝の向こう側を見に。裏紅葉谷第二砂防ダムから左俣で詰める。
  5. 摩耶

    摩耶東谷深谷第4堰堤手前から支尾根へ。旧道跡かも知れない水平道を辿る。
PAGE TOP