摩耶

0

神戸市境界石No.82・87・96・97・98 黒岩尾根から神戸市中央区と灘区境を九十八号石柱まで進む。


索道跡なのだろうか、伐採されている地点があった。ここからは摩耶山山頂が見える。反対側西方には明石海峡大橋方面への眺望が開ける。


進むと足元に山仕事用と思われる簡易な杭と枝にピンクープがあった。進みやすそうな左奥へ進む。奥で45度折り返して進むと…


茶色反射板の裏手に飛び出した。こう繋がっていたのか。意外…。ここは行者尾根出合いからちょっと下側。


下ってすぐにこれ。「六甲全山縦走路 天狗道」の案内図が新設されていた。なんでこんな場所に?いかにも中途半端な場所だ。


16:45 天狗道の岩場で小休止。これから下る学校林道を眺める。数十名のパーティ(学生さん?)と挨拶を交わす。


岩場から555ピークへ向かう道中。1つのピークを交わしてハイキング道が付けられている地点。今日の山行の主旨から、左手斜面を登ってピークに寄ってみる。やや荒々しい登り。その先にピークがある。


ピークには神戸市のマークと12の数字。これは何を示しているのだろうか…。また調べとこ。ここから斜面を適当に下って天狗道に合流する。


下ったところに石柱があった。土留が新たに敷かれたコル。何度も登った天狗道だけど、いつも登りばかりでこれは見逃していた…。


ちょっとだけ指で削ってみた。神戸市役所、明治三十三年などなど刻まれていると思う。前後の関係から87号でいいだろう。ここはコルなんだけど、なんでこんなに埋れているのか謎だ。区界の方向が示されているんだけど、現在の天狗道からは右手にちょっと離れている。


進むと555ピーク。「六甲全山縦走路 天狗道」の案内図を設置するならここだろうと思う。整備するならここにベンチを設置したら尚良いと思う。この案内板には行者茶屋2.3kmとあるんだけど、その表記はもういらないだろう。さて、区界を進むべく学校林道を下る。

ページ:
1 2

3

4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.80 石柱の番号を確認しに高雄山へ。再度山…
  2. 神戸市境界石No.55・62 高取山一の宮道経由で獅子ヶ池を…
  3. 神戸市境界石No.82・87・96・97・98 黒岩尾根から…
  4. 学校林道へ神戸市境界石90号と93号を探しに行くが…2日連続…
  5. 神戸市境界石No.72・75・77 平野谷西尾根から極楽谷経…

ナレッジ記事

  1. 布引貯水池管理橋の先にある謎のレンガ造りの建物について。
  2. XperiaXZ1 Compactに機種変更 試し撮り+αで…
  3. 山行記録のまとめ方改その2。地理院地図でルートのまとめを作成…
  4. 国土地理院電子国土Webで登山ルートマップを作る。山行記録の…
  5. 山行記録のルート表示方法をどうしようか…国土地理院地図は使い…

ピックアップ記事

  1. 摩耶東谷深谷第4堰堤手前から支尾根へ。旧道跡かも知れない水平…
  2. 日柳川右岸支流の三又谷を登る。
  3. 三森谷東尾根から再度谷の無名支流を下って大滝に出会う。
  4. 鍋谷ノ滝を経て桂ヶ谷支流の煙草谷を登る。
  5. 布引五本松堰堤右岸を確認。放水路隧道脇の谷を登って神戸布引ハ…
  1. 裏六甲

    裏六甲 中ノ谷を登りシュラインロードを下る。
  2. 長峰

    長峰山北面の谷。西谷の6m滝手前から支流に入って長峰山天狗塚へ。
  3. 摩耶

    Black Rock Ridge 黒岩尾根由来の「黒岩」はどれなのか?それを見に…
  4. 住吉・芦屋

    芦屋川下流域遡行。知らなかった滝群に出会う。弁天滝で遡行を中断。
  5. 須磨・長田・兵庫

    天王谷インターチェンジ東西の尾根。梅元西尾根を経て天王谷IC、IC西の破線道から…
PAGE TOP