摩耶

0

東山西尾根から旧摩耶道を経て行者尾根を登る。

2016年10月22日 土曜日。12:09起床。外はどんより曇り空。どんな天気でも基本週末は山へは行くんだし関係ない…。どこに行くとも決めていなかったんだけど、どうやら妻も山へ行きたいようす。寒くなるまでは一緒に歩こう。13:34出発。

dsc_0005
14:03 熊内第二接合井入口に到着。右手の旭支線2Lの鉄塔脇を通過して奥にある神戸茶寮を右に見ながら山道に入る。

dsc_0019
中尾町15のコンクリ壁の左手を進む。東山国有林看板から東山尾根分岐を過ぎて先の橋を渡って、東山西尾根に入る。滑りやすい九十九折の斜面を登って緑色鉄塔を通過。

dsc_0041
どうにも蜘蛛の巣が多い。タクトを振る妻。Muscleとは25cm以上差があるのでスルーしてしまう蜘蛛の巣もある…。油断はできない…やっかいだ。

dsc_0049
この尾根は送水トンネル敷なんだなぁ。注意深く観察しながら登ったけど、桜谷北尾根のような剥き出し箇所はない。やや深めに埋設されているのかな。細尾根が続く。


ザレ場もあるんだけど、さほど難儀はしない。以前登ったときは陰気に思えた尾根だけど、改めて登るとそこそこ変化があって悪くない。

dsc_0092
テレビアンテナピークに至る。私設なのか公設なのかはよくわからない。多分私設だと思う。が、もう現役ではないようす。このちょい先に「図根-公共」と刻まれている石柱がある。図根さんの山だったのかどうか。

dsc_0102
ピークから北東へ向けて下り始める。五五石柱。石柱の切れ込みは北北西?うーん、多分北北西を示している。

dsc_0115
旧摩耶道に合流する手前、なかなか斬新な切り口。どうしたわけだろう…?「ち-17-3」道標で旧摩耶道に合流し、学校林道分岐を通過して道なりに進んでいく。

dsc_0133
15:12 行者堂跡に来た。左奥に進み、行者尾根に進むことにする。

ページ:

1

2 3

諏訪神社から再度谷を経て弓削牧場まで。たまには姉と山歩き。前のページ

北野背山 合の谷(合ノ谷川)を遡行する。次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.73・74 七三峠から極楽谷周辺。三森谷か…
  2. 神戸市境界石No.50・56 平和台自動車学院西の尾根から高…
  3. 神戸市境界石No.67・71 イヤガ谷東尾根3本鉄塔手前と菊…
  4. 神戸市境界石No.75・76 大師道から鍋蓋山へ。七三峠から…
  5. 神戸市境界石No.59 獅子ヶ池東244.9mP付近にて。高…

ナレッジ記事

  1. 記録に残したかった「十王山光明寺 閻魔堂」。
  2. 廃道間近 命の道標「つうほうプレート ち 58-4」周辺につ…
  3. 山に行けないので、家に篭って本を読む。関西周辺の谷、生と死の…
  4. 正式二万分一地形図集成 関西 1892-1912でみる神戸市…
  5. 神戸市背山路圖【KOBE HILL MAP】シリーズをやって…

ピックアップ記事

  1. 布引谷の集落跡と地蔵谷の遺構再探訪。地蔵大滝上流左岸の無名支…
  2. 学習の森から洞川キャンプ場を経て妙賀山へ登る。谷筋へ下り、北…
  3. 地蔵谷の大滝左岸支谷から天狗道を経て黒岩尾根の支尾根を登り返…
  4. 木ノ袋谷 右岸支沢を登って寒谷北尾根608ピークを経て掬星台…
  5. 天狗峡からトゥエンティクロス。二十渉堰堤上流支沢から黒岩尾根…
  1. 長峰

    長峰山北面の谷。西谷の6m滝手前から支流に入って長峰山天狗塚へ。
  2. 住吉・芦屋

    坊主山西尾根をなるべく下から登る。油コブシ下で彷徨い、寒天山道で山上駅まで。
  3. 住吉・芦屋

    西滝ヶ谷右俣から西お多福山。周遊歩道を西へ下って水晶谷から極楽渓岩塔状バットレス…
  4. 布引・北野

    北野背山 合の谷(合ノ谷川)を遡行する。
  5. 摩耶

    生田川流域廃ポンプ場巡りの下見。その後北ドントリッジを経て森林植物園の下見。
PAGE TOP