住吉・芦屋

, 0

芦屋川周辺 弁天滝を見学して石仏谷右俣から柿谷を経て奥池へ抜ける。

2016年12月17日 土曜日。11:25起床。今週末は2つの谷を行こうと思っていたものの…もう遅い。というわけで今後の参考にと、ほとんど歩いていない芦屋川からゴロゴロ岳周辺を散歩してみることにした。


13:00前に芦屋川駅を出発。右岸の道路を進んでここ。奥は行き止まりとあるけど、行ったことがない。行ってみよう。


進んでいくとこんな感じ…。かつては歩けたんだろうけど…これはさすがに行ってはいけない。戻ることにした。


住宅街途中にある「城山 荒地山分岐」から進んで山道に入る。浅い谷筋を渡りトラバース道へ。この先に2頭のイノシシ。イメージでは目が合う前に向こうが逃げるんだけど、ジッと睨まれる。人に慣れているんだろう。


あぁ、ここが抜けた地点か。なるほどなぁなんて思いながら、長いトラバース道を北へ上がる。


ナマズ石。良くここで止まったもんだ。もうちょっと大きいかと思っていたものの…弁天岩と比較するとかなり小さく見えた。


カーブNo.6。ドライブウェイを跨いで向こうに行く前に、手前数メートル下がって、ガードレールを跨いで斜面を下る。


弁天滝に寄ってみた。今週末の2つの谷の1つが芦屋川遡行。水量も多く豪快な滝。こう寒いと滝に近づけない。この滝を登るとなると全身ずぶ濡れ必至。遡行しなくて良かった…。


下りてきた右岸の斜面を登り返して奥山精道線に戻る。木の根を頼りに登るんだけど、1つだけ岩ごと剥がれそうな木があった。危ない。


滝の落口あたりの岩に腰掛けてカフェオレ休憩。高度感は思ったほどにない。巨大チョックストーンと2段であることがそうさせているのかも。死亡事故もあったというし、安易に登るのは止めておこう。


弁天滝の上から渡渉し、左岸の山腹道を北へ進む。


コンクリ敷の道を調子よく進んでしまって、先でドライブウェイに出てしまった。奥から戻ってきて、マーキングがある右手の道を進む。

ページ:

1

2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.88 天狗道から掬星台へ。
  2. 神戸市境界石No.82・87・96・97・98 黒岩尾根から…
  3. 神戸市境界石No.46 高取台中学校北側の高取高層配水場の脇…
  4. 神戸市境界石No.55・62 高取山一の宮道経由で獅子ヶ池を…
  5. 神戸市境界石No.69 菊水山駅東尾根(仮称)から菊水GCを…

ナレッジ記事

  1. 神戸古今對照地圖で明治大正期の市郡界を把握する。
  2. 神戸市北区花山中尾台3丁目、阪神高速7号北神戸線下の「関係者…
  3. 【神戸100年 写真集】明治以降の山本通周辺の風景。
  4. 忘れ去られた谷と岩場。六甲学院 山岳部誌「たきび」を紐解いて…
  5. 【神戸100年 写真集】明治以降の六甲山周辺の風景。

ピックアップ記事

  1. 鍋谷ノ滝を経て桂ヶ谷支流の煙草谷を登る。
  2. 焼小場谷(ナバ谷)を登って、最終右俣から長峰山頂天狗塚へ至る…
  3. 日没岩から日没東谷溯行。三国池から三国岩経由でアイスロードを…
  4. 長峰山北面の谷。西谷の6m滝手前から支流に入って長峰山天狗塚…
  5. 天上寺のヤマボウシを見に行く。摩耶東谷(旧道)の山腹道探索か…
  1. 住吉・芦屋

    奥山精道線カーブNo.10から破線道の谷を行く。ゴロゴロ岳から六麓荘を経て苦楽園…
  2. 長峰

    昭和13年の水害で流れた表六甲ドライブウェイ旧道を経て、六甲小槍を登る。
  3. 摩耶

    生田川流域廃ポンプ場巡りの下見。その後北ドントリッジを経て森林植物園の下見。
  4. 長峰

    日柳川右岸支流の三又谷を登る。
  5. 須磨・長田・兵庫

    石井川上流 開ヶ谷を登る。ガーデンレストラン風舎から清水谷を下って謎の廃虚に出会…
PAGE TOP