須磨・長田・兵庫

, 0

須磨名水の森入口から天井川右俣。須磨アルプス馬の背を経て、東尾根を下る。


ザレ場が目立ち始めるころ、風に乗ってハイカーの声が聞こえ始める。馬の背では大きな声を出す人が多いようす。それもまた一興。


比較的大きな無名堰堤を左から越えると砂地。涸れ沢となる。右にも進めそうだけど、ここは直進。


裏返っている、須磨区役所が設置したと思われる「うばめがし」のプレート。ここから破線道通りに左へ上がってしまう。ここは直進だったんだなぁ…。


歩いているときは間違いかどうかはわかっていない。これが探検コースって随分険しいな…くらいの感覚。


眼前に巨岩が迫る。さすがにここら辺りで「これはないな、どこかで間違えたんだろう」と思った。とりあえず登る。


どうせだし、ついでに岩も登っておこう。が、さすがにこれは失敗。ボロボロ剥がれまくる。下流の砂防ダムはやはり必要だろうと思う。


崩れるところをだましだまし登って、なんとか安定した場所に出る。右後方に馬の背が目に入る。どうやら一つの派生した岩稜を進んでいるみたい。


左手は樹木があるんだけど、右手はスパっと切れている。とは言え、死ぬような高さには思えない。しかしあいかわらず岩質は脆い。ここを登った先で、さすがにきつくなってきて左手羊歯のブッシュに突っ込むことにした。踏み抜きに用心しながらトラバース。


破線道の続きと思われる場所に出た。しかしザレ場でどうにもこうにも登りにくい。奥の岩塔手前で右に曲がって斜面を登る。


登ってきたところを振り返る。滑りやすいし、脆いしで…。岩質がしっかりしていたら楽しかったんだろうけど。あの「うばめがし」の分岐には注意しよう。ここから先も少しだけ藪を掻き分ける展開。


縦走路に合流して、馬の背へ下っていく。道中右手、奥に見えるあの稜線を登っていたわけ。


本来辿り着くべき場所はこの道標が示す「水野町」方面。随分派手なルート選択ミスだった。


馬の背を通過して東山手前「スマスマ」道標、ここから右手へ踏み跡を辿る。少し先で東山からの道と合流、快適な尾根をどんどん下る。


ピークを過ぎると壁がなくなって、街から陽気な音楽が聞こえてくる。なんだか須磨っぽい。


スタート地点の「憩いの森」まで戻ってきた。今日は最終最後の地点でルートミスでとんでもないところを登ってしまった。本当に初めての場所、慣れない場所では気をつけないと。
このあと月見山駅ではなく、東須磨寺駅までのんびり歩く。駅舎の看板の一つに「須磨の道」というものがあった。いつか歩いてみようかな。久しぶりの須磨、意外に楽しめた。

ページ:
1

2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.88 天狗道から掬星台へ。
  2. 神戸市境界石No.116・98・97・96・95・94・92…
  3. 神戸市境界石No.50・56 平和台自動車学院西の尾根から高…
  4. 神戸市境界石No.48・49 高取山白川神社境内と安井茶屋 …
  5. 神戸市境界石No.65 鵯越墓園西側の尾根筋にて。

ナレッジ記事

  1. 【神戸100年 写真集】明治以降の山本通周辺の風景。
  2. 山行記録のまとめ方改。Google マイマップで一覧を作成し…
  3. 六甲山でのドローン撮影について神戸市に問い合わせた結果。
  4. 次はどこへ行こうかな。「六甲摩耶再度山路圖」を見て計画をねり…
  5. 神戸市文書館企画展「近代神戸の開かれた六甲山」に行ってみる。…

ピックアップ記事

  1. 鍋谷ノ滝を経て桂ヶ谷支流の煙草谷を登る。
  2. 五助東谷(仮称)を登って五助山。五助尾根右手の700mピーク…
  3. 楽生公園から上野道経由で掬星台。桜谷を下り、徳川道を経て摩耶…
  4. 石井ダムこもれび広場を探索。ドングリの森谷筋を登り、新鈴蘭台…
  5. 天狗峡からトゥエンティクロス。二十渉堰堤上流支沢から黒岩尾根…

姉妹ブログ

PAGE TOP