須磨・長田・兵庫

, , 2

須磨名水の森 天井川左俣家族向きコースを登る。須磨アルプス馬の背を経て妙法寺駅まで。


相も変わらず可愛らしい渓流のようす。


谷止が崩れている。いずれは谷中の岩屑に姿を変えるんだろうと思う。進んでいくと堰堤。右から越える。


手前で堰堤を越えた。あとからネットで調べるとこの堰堤の地点が「須磨の名水」ということらしいんだけど、別に見るほどでもなかったみたい。しかし見逃してしまったわけで正直「やってしまった」感はぬぐえない。堰堤から先は探検コースになる。


谷筋を直進してしまっている。多分何人かは同じように進んでしまうんじゃないかな?


進んでいくと倒木やらで谷が埋まっている。さすがにこれはなかろうと思い、一旦戻る。


少しばかり戻ると左手に踏み跡があった(写真右奥が先程進んだ谷筋)。この地点に分岐の案内があっても良いと思う。案内板は妻がいる地点のやや上にある。その少し先の左手に赤テープがあった。


赤テープを半ば無視して進む。なんだか道が荒れているというか流されている。


直進すると崩落斜面。左手を見上げると派手に崩れていた。注意して抜けよう。


右手を見下ろす。にしても天井川、右俣もそうだったけど、左俣も堰堤が多い。ここはL字型になっている。通常この形なら下流に1基だと思うんだけど。どうあれ進む。


この谷の魅力はそこそこの秘境感と明るい谷筋という点。これで水量が豊富なら言うことなしなんだけど。


あまり下調べをしないまま来ている。木に青いペンキマーク。それに従うことにした。破線道とは離れる展開。


九十九折に登っていくと縦走路に出合う。右手、横尾山頂方面に進むことにした。遅い時間のスタートにも関わらず、明るい谷筋歩きを楽しめて良かった。


横尾山頂までの区間は本当に明るくて気持ち良いなぁと思う。


山頂手前から西。淡路島の山々も登ってみたい。地理的には六甲山の続きというわけだし。
さて今日の隠れお題。妻の「須磨アルプス、馬の背を克服しよう!」に向かう。

1

2

3

杣谷源流溯行から無名の谷を下って寒谷北尾根の岩塔へ登り返す。前のページ

杣谷源流溯行。勧進滝奥の谷から杣谷峠を経てパックマン沢。次のページ

コメント

    • kurokuwa65
    • 2017年 6月 05日

    こんにちは、kurokuwa65です。
    いつも、楽しく拝見しております。

    記事の中の、横尾山から馬の背に向かう途中、右手に見える特徴のあるピークへの行き方ですが、確認で脇道に入られた所からすぐに、南に下る痩せ尾根のような道がついてます。その先、南西方向に踏み跡が伸びており、10分ほどで開けたピークに到着します。ぐるりと見渡せるいい場所で、お弁当なんかもいいかもしれませんね。

    • kurokuwa65さん おはようございます。

      言われてみれば、右手に仰られる踏み跡、色白の道が続いていました。
      あの道がピークまで続いているんですね。
      ぐるりと見渡せる…これは行ってみなければ。
      横尾山周辺は結構面白いなと思っているところです。
      情報ありがとうございます!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.55・62 高取山一の宮道経由で獅子ヶ池を…
  2. 神戸市境界石No.85 黒岩尾根から派生する尾根にて。どうや…
  3. 神戸市境界石No.57 林田区境界を歩く。高取山から獅子ヶ池…
  4. 神戸市境界石No.65 鵯越墓園西側の尾根筋にて。
  5. 神戸市境界石No.46 高取台中学校北側の高取高層配水場の脇…

ナレッジ記事

  1. Image Map Proでひよどりキャニオン山行の簡易なイ…
  2. 神戸市文書館企画展「近代神戸の開かれた六甲山」に行ってみる。…
  3. 菊水山周辺についての下調べ。
  4. 神戸市灘区の西郷川から青谷川そして老婆谷。その起点と終点につ…
  5. 神戸市背山路圖【KOBE HILL MAP】シリーズをやって…

ピックアップ記事

  1. 鍋谷ノ滝を経て桂ヶ谷支流の煙草谷を登る。
  2. 五助東谷(仮称)を登って五助山。五助尾根右手の700mピーク…
  3. 布引谷ルンゼの先で昭和初期の念仏碑に出会う。
  4. トゥエンティクロス高雄山砂防ダム上流、河童橋奥の谷から黒岩尾…
  5. 芦屋川支流ミツガシ谷を登る。黒越谷東尾根を下り奥池へ。観音山…
  1. 摩耶

    岩屋瀧上流 婆谷(ばばだに)を登る。婆谷第二砂防堰堤はいつできるのかしら。
  2. 摩耶

    東山崩落斜面がどうなっているのか確認。西谷川(狐西谷)支流を登り、東山尾根を下る…
  3. 裏六甲

    猪ノ鼻の頭パノラマ道から長尾谷上流(竹谷〜淸水谷)遡行。記念碑台を経て石切り場跡…
  4. 布引・北野

    布引貯水池周遊。貯水池北西にあるササ谷を抜け再度東谷鉄塔巡視路。布引谷から下山。…
  5. 住吉・芦屋

    住吉川下流域遡行。ゴルジュ、滝、淵。住吉堰堤から小峰ヶ原砂防ダムまで。
PAGE TOP