須磨・長田・兵庫

0

須磨背山散策路。義経道から山腹道を経て一の谷橋へ下る。


鉢伏山方面へ向けて進むと三股。左の下る道を選択。この時はまだ間違いに気づいておらず、どんどん進む。薄れていた案内図と地理院地図を見比べておくべきだった。


少し進むと道標がある。ここがいわゆる「須磨背山散策路」の分岐地点。左へ下る。シダ類が茂る道を下っていき、GPSを確認すると破線道からは随分南を歩いていたことに気づく。そのまま歩いても良いんだけど…旗振山まで戻ることにした。


旗振山を過ぎて、取付きを探してしばし周辺を彷徨う。結果ここ。幹に青テープがある、休憩ベンチの先を下っていく。ここに道標はない。


笹を抜けると一部が藪化している。足元には一応木製の階段があるんだけど、あまり歩かれていないのかな。とは言え、藪はほんの一部。そこから先は尾根道になっている。


写真右奥から下ってきた。鉢伏山近くの分岐(写真左奥)から進んでもここに来る。なので間違いってわけではなかったんだけど。さて、須磨背山散策路を東へ進む。


あらま、こんなところにこんなもの。鉄製の堅牢な橋。こんな立派なものがここに必要なのかどうか。


前半歩いた尾根道との交差点まで来た。このまままっすぐ東へ。水平道を延々歩く展開に食傷気味。


水平道なのでトレランなんかに向いているかな、なんて思っているちょうどその時、ランナーにすごい勢いで追い越される。このあたりは赤旗谷川の源流付近か。神戸市内で一番短い川なんだとか。


T字路状の鉄拐山方面尾根道の分岐道標を過ぎる。ここにも薄れた案内板。それにしてもこの左手の尾根道…こんな道を歩いていたらいつまでたっても六甲は網羅できなさそう…。須磨でさえこんなに道がある。


しばらく進むと潮見台方面から鉄拐山へ至る主要な登山道と合流。西へ進むと妙見堂跡がある。妻はヘロヘロか?あと少しだよ。


妙見堂の署名所に立ち寄ってみた。そのテーブルは「須磨アルプス コースガイド」になっている。随分手の込んだテーブルに少々感動。これまでのどの案内図より明瞭。


一の谷橋方面へ下っていく。すぐに左手展望台の道標があった。一応寄っておこう。標高があまりに低く、展望台としては今ひとつな感じ。


展望台下の法枠工の一部に自生ではないんだろうけどウチワサボテン。このあとコンクリ橋を通過した地点にある東屋は、屋根から雨水を集めているようす。誰が管理しているんだろう?謎。


さらに下って行くと最終地点。一の谷橋の西、「須磨一の谷 グリーンハイツ」の立派な案内板がある地点に至る。今日は一応ここがゴール。ここは二級河川、一の谷川の起点になっている。さて、JR須磨駅まで歩いていこう。


須磨駅構内から海水浴場。海の家の設営が進んでいる。もう夏がすぐそこまで来ているのを実感。神戸市によると2017年は7月13日(木)が海開きということらしい。須磨駅から三ノ宮駅まで1人180円。案外安いんだなぁ。

ページ:
1

2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.72・75・77 平野谷西尾根から極楽谷経…
  2. 学校林道へ神戸市境界石90号と93号を探しに行くが…2日連続…
  3. 獅子ヶ池から神戸市区境界を追う。苅藻川を経由してひよどりごえ…
  4. 神戸市境界石No.55・62 高取山一の宮道経由で獅子ヶ池を…
  5. 神戸市境界石No.50・56 平和台自動車学院西の尾根から高…

ナレッジ記事

  1. 六甲山でのドローン撮影について神戸市に問い合わせた結果。
  2. 廃道間近 命の道標「つうほうプレート ち 58-4」周辺につ…
  3. 摩耶山周辺の杉の固有名称、天上寺の千年杉などについて。
  4. 山行記録のまとめ方改。Google マイマップで一覧を作成し…
  5. 神戸市背山路圖【KOBE HILL MAP】シリーズをやって…

ピックアップ記事

  1. 日没岩から日没東谷溯行。三国池から三国岩経由でアイスロードを…
  2. 廃道一ヶ谷道を歩いてみる。六甲ケーブル下駅から山上駅まで。
  3. 天狗岩駅尾根を下り地獄谷経由で赤滝谷遡行、天狗岩南東尾根を下…
  4. 阪急岡本から八幡谷遡行。ハブ谷を詰めて横ノ池の雌池まで。
  5. 社家郷山キレットルートから外れ峰南尾根。小天狗山を経て宝殿橋…
  1. レク

    北野遊歩道から桜谷川を下って苧川谷下流。布引ハーブ園へ登り紅葉の茶屋へ下る。
  2. 須磨・長田・兵庫

    横尾から須磨アルプス。展望ピークから下って天井川。栂尾山へ登り返して文太郎道。
  3. 住吉・芦屋

    芦屋川下流域遡行。知らなかった滝群に出会う。弁天滝で遡行を中断。
  4. 遠征

    日本の秘境100選No.064 瀞川渓谷をゆく。兵庫県美方郡香美町村岡区
  5. 菊水・鍋蓋・再度

    天王谷川遡行、天王ダムを越えて鍋蓋地獄谷へ。ダム下流右岸に道はあるのか?
PAGE TOP