西宮・宝塚

(更新日: 2020.06.2) , 0

生瀬から大多田川右岸支流の不動谷溯行。宝塚最高峰岩原山を経てエデンの園へ下る。


ゴルジュを抜けるとそこには堰堤があった。堰堤とはいっても特に名はなく、単なる補強工といった感じ。やはり斜瀑の上に石を重ねたように見える。


倒木地点などを抜けるとまたこのタイプ。これがまさにこれまでの堰堤のかたちを表していると思うもの。表面を覆って落水を制御したようだけど…どういう経緯でこうしたものを作ったのか。どうみても崩れるよね…(実際近代はないわけだし)。しかしボルダリングで正面突破できるので楽っちゃ楽だ。


進むと赤テープが現れた。どうやら谷溯行ではなく、谷沿いの道のようす。すぐ先で左後方に折り返すようにマーキングが続いていた。


当然マーキングは無視して不動谷を詰めていく。このスタイルは変わらない。それによって困難になることもあるけれど、谷を溯行するならその源頭部まで。


ふと足元に目をやる。Muscleはこんなどうでも良いような沢のようすが大好き。


小滝の奥にはやはり同じような堰堤補強工。コンクリ治山ダムの通過よりははるかに楽でいいけど、少々食傷気味だ。


さらに1基通過すると伏流してガレの登りになってくる。少し先でわずかに流れが顔を見せたものの、消えてしまった。


最後の石垣の谷止を通過して、土留の斜面を登っていく。と、左のすねが異常に痛みだす。何かに刺された覚えもないんだけど…慌ててロキソニンをゴクリ。我慢して斜面を登っていると今度は右のすねが痛みだす。ともに内側から押し出すような痛み。これまで経験したことのない痛みで少々パニクる。


どうにも歩くのが困難で5分ほど休憩。水分補給もしておく。ロキソニンはこれまで何回か服用しているけど、今回はこれまでの痛みのおさまり感はない。どうやら攣った感じ。すねが攣ったはの初めての経験だ。老いているんだなぁ。…いやでも初めての靴だしさ、あげパンも食べたしさ、初めてのことが重なったんだよね、きっとそうだよ。


認めたくはないけれど…認める必要はありそうね…。どうあれ、こんなところで立ち止まるわけにはいかない。痛みをこらえつつ羊歯の藪の間を抜けてなんとか稜線まで。

1 2 3

4

5

藍那集落を経てあいな里山公園散策。相談ヶ辻から星和台まで。前のページ

神戸市立灘図書館から住吉山手の徳本寺。三宮から住吉まで往復ウォーキング。次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.65 鵯越墓園西側の尾根筋にて。
  2. 長田区一里山町の山中にある境界杭について問い合わせる。
  3. 神戸市境界石No.59 獅子ヶ池東244.9mP付近にて。高…
  4. 神戸市境界石No.73・74 七三峠から極楽谷周辺。三森谷か…
  5. 神戸市境界石No.72・75・77 平野谷西尾根から極楽谷経…

ナレッジ記事

  1. 次はどこへ行こうかな。「六甲_摩耶_再度山路圖」を見て計画を…
  2. 神戸市立森林植物園の「正しい出入り」について問い合わせる。
  3. 城山展望公園の現在 ハンター谷を登り北野谷西尾根を下る。
  4. 摩耶山周辺の杉の固有名称、天上寺の千年杉などについて。
  5. 山行記録のまとめ方改。Google マイマップで一覧を作成し…

谷筋ピックアップ記事

  1. 裏紅葉谷 七曲滝の向こう側を見に。裏紅葉谷第二砂防ダムから左…
  2. 八王子川支流滝谷(小屋ヶ谷)を登って古寺山 昔の表参道を下り…
  3. 北野谷から布引貯水池周遊。貯水池西にある奥サブ谷から浅間ヶ丘…
  4. 船坂橋から樅ノ木谷を登り船坂峠。細ヶ谷西尾根から細ヶ谷を下っ…
  5. 日没岩から日没東谷溯行。三国池から三国岩経由でアイスロードを…
PAGE TOP