西宮・宝塚

, 0

生瀬から大多田川右岸支流の不動谷溯行。宝塚最高峰岩原山を経てエデンの園へ下る。


なかなか荒々しい感じになってくる。(赤子谷左俣を登ったときのイメージから正直舐めていた…)家を出るときに沢用の拵えにして正解。


弓なりに窪んた左岸。蓬莱峡の近くなんだと実感させられる谷のようす。このあと大きな岩の脇を通過する。


岩屑が重なる地点。ここで一休み。発汗が激しくどうにもしんどい。手前の岩に腰を下ろして水分補給してちょっと休む。意外にもそれほど虫は気にならなかった。


ゴーロを抜けると谷が右に曲がって、その先にはなんだか怪しげな光景が広がっていた。しかしそのようすから俄然テンションが上がる。張り出す岩の先に滝が見える。


直角に曲がってF3。滝の正面に来た。下部は4mほどのハング、上部4mほどの斜瀑。ここの雰囲気は写真よりもパノラマで。


ぜひ見ていただきたいのがこちら。左手は大きな岩壁で巻くなら谷が右に曲がる地点あたりから巻く必要がありそう。右手は砂岩の滝、その手前も岩壁でとても巻くことはできない。


正直「詰まったか?」と思ってしまう。写真中央から左下の出っ張り(そのうちなくなっていそう)、これを頼りに登ることにした。その手前右、ホールドに見える出っ張りも掴んでみたら剥がれまくる。


う〜ん、なかなか緊張した。せめてバイルを持ってくれば良かったかも。補助ロープ5mだけ気休め程度で持参している始末…。なんの役にも立たない。


F4。あとから思えばF3からが谷のハイライト。すぐに5m斜瀑。釜は膝下程度。滝左を登る。このあと1m程度の段差滝を通過。


F5。7m弱、小さい釜を持つ滝。滝の右側は石垣になっている。正味堰堤のようだ。直登は無理で右から登る。


滝右のようす。しかし不思議な形だと思う。滝の表面に石垣を乗せているように見える。(左側はそれが崩れて本来の滝が見えているのかな。)


手前で暗い滑を過ぎると、これまた小さいものの釜を持った小滝。これは左から登ったかな。もう記憶が曖昧だ。


幅1m長さ3mに満たない超ミニゴルジュを通過。しかし濡れずに通過するのは無理。ジャバジャバ進む。ミニゴルジュの先で谷がやや右に曲がる。

1 2

3

4 5

藍那集落を経てあいな里山公園散策。相談ヶ辻から星和台まで。前のページ

神戸市立灘図書館から住吉山手の徳本寺。三宮から住吉まで往復ウォーキング。次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.72・75・77 平野谷西尾根から極楽谷経…
  2. 神戸市境界石No.88 天狗道から掬星台へ。
  3. 神戸市境界石No.50・56 平和台自動車学院西の尾根から高…
  4. 神戸市境界石No.48・49 高取山白川神社境内と安井茶屋 …
  5. 神戸市境界石No.73・74 七三峠から極楽谷周辺。三森谷か…

ナレッジ記事

  1. 神戸市文書館企画展「近代神戸の開かれた六甲山」に行ってみる。…
  2. 新湊川水系天王谷川天王ダムの階段立入りについて神戸土木事務所…
  3. 山に行けないので、家に篭って本を読む。関西周辺の谷、生と死の…
  4. 【神戸100年 写真集】明治以降の六甲山周辺の風景。
  5. 正式二万分一地形図集成 関西 1892-1912でみる神戸市…

ピックアップ記事

  1. 摩耶ケーブル東の尾根から摩耶東谷を経て摩耶ロープウェー下の尾…
  2. 弓弦羽岳はどこなのか?弓弦羽神社から前ヶ辻谷西道(仮称)を経…
  3. 木ノ袋谷 右岸支沢を登って寒谷北尾根608ピークを経て掬星台…
  4. 廃道一ヶ谷道を歩いてみる。六甲ケーブル下駅から山上駅まで。
  5. 法徳寺北尾根(仮称)から崩落現場の上へ。老婆谷を下って摩耶山…
  1. 裏六甲

    八王子川支流滝谷(小屋ヶ谷)を登って古寺山 昔の表参道を下り、横ノ谷を登って逢ヶ…
  2. 布引・北野

    北野谷から布引貯水池周遊。貯水池西にある奥サブ谷から浅間ヶ丘道まで歩く。
  3. 西宮・宝塚

    生瀬から大多田川右岸支流の不動谷溯行。宝塚最高峰岩原山を経てエデンの園へ下る。
  4. 摩耶

    摩耶東谷弥生滝から溯行。行者滝手前の支流右俣を経て参詣道。
  5. 住吉・芦屋

    岡本 大谷川(西天上谷)遡行。新池を経て打越山まで。
PAGE TOP